Entry Navigation

みなさまのおかげです


タハのたまごのため、お知恵を貸してくださった方々どうもありがとうございました。早速試してみました。

せっかくオリーブオイルのおいしいところに住んでいるので、まずは「オイルを垂らしてみる」をやってみました。我らパヤマレストランにて大好評販売中のエクストラヴァージンオリーブオイルを小さじ1杯ほど注いでみたのですが、たまごがするする動くようになってきた!のはいいのですが、ちょっとずつちょっとずつ奥の方へ落ちはじめた。

作戦変更、「お湯に入れる」。お茶碗にあたたかいお湯(約50度)を入れその中へ入れてみました。あつあつのレゴを取り出すと、パヤマレストラン売れ筋商品ナンバーワンのオリーブオイルのおかげでいい香りが立ち上がり思わず塩かけてかじってしまいそうになりましたが、レゴが熱いうちにナイフの先っちょでぐりぐりやると、お湯のおかげでやわらか~くなったレゴがちょっと開き、無事たまごを取り出せました。


いちおう成功だと思う

これくらいなら壊れたうちには入らないと思うことにするけれど、昨日の今日でもうこのレゴとたまごの存在を忘れたっぽいタハ。

子どもって。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々

お知恵拝借願いたい


器用に入れたなしかし

2個あったタハの大事なたまご。
ひとつはタハが産んでしまいおさらばしたのですが、残りもうひとつがレゴの裏側に入り込んでしまってどうにもこうにも取れない。試したのは、

◎叩いて落とす→しっかりはまってて落ちない
◎安全ピンで引っ掻き出す→しっかりはまってて出てこない
◎吸う→しっかりはまってて出てこない
◎レゴを壊そう→レゴも大事らしいタハぎゃん泣き


レゴ命

レゴを壊さずにたまごを取り出すアイデアをお持ちの方、いらっしゃいませんでしょうか。

(お礼はぬるぺんしょん無料宿泊券ぐらいですが)


category
ぬるぬるな日々

ナマが一番


ぬるはばー。

暑いです。毎日40度です。

食欲がない、というよりも、食べたいものがないというのが正しいと思う。こんなときに、ひんやりと三杯酢のきいたジュンサイ、ぶりぶりっとしたはもの梅肉和え、岩牡蠣、それと純米吟醸酒なんかが夢に出てきて食べる前に目が覚めたら泣くかもしれん。

えーと、なんの話でしたっけ。

そうそう、こんなトルコの田舎のバラエティーに富んでいない食材の中で食べたいものを探すのは一苦労。しかし先日、友人がクシャダスでこんな素敵なものを買ってきてくれたんです。


わさびがあって本当によかった

活き甘エビ!!
「生きとったし、魚屋のおっちゃんが”食ってみろ。”と生を試食させてくれたけー、生でイケると思う。」という言葉を聞き終わらないうちに殻むいてザギンからやって来たおいしいさしみ醤油にわさびをつけてぺろっと食べてみた。めちゃくちゃうまい。ちなみに生の魚介類を食べたの、今年2回目。1回目は近所のウニ


しあわせな一皿

半キロ(15リラ)買ってきてくれたのですが、あっという間に生で全部たいらげてしまいそうになるところをぐっとこらえて、友人がちゃちゃっとアヒージョをこしらえてくれた。しあわせなおいしさ。そして最後は、海老の旨みたっぷりの油でパスタまで作ってくれました。写真がないのは、焦ってあっという間に食ってしまった証拠。今度手に入ったら生でセビーチェ風にして食べてみよう。殻ごと揚げてビールのつまみとか。

しかしこういうときに、スーパーなんかでちゃんと衛生的でおいしい刺身やお寿司がどこでも手に入る日本は本当にすごい国だなぁと、あらためて感じるのです。



category
ぬるぬるな日々

母の日に思うこと


日本にいる時はシーバスなんて飲まなかったな~

「母の日おめでとう。」仕事を抜けてきたラマザンから、ひざまずいて手にキスをされ、プレゼントを渡された。何もいらないといつも言っているけれど、「気持ちだから。」と言われると拒めない。数か月前に買ってもらいちびちび飲んでいるウィスキー、残り少ないけれど、せっかくなので入れ替えよう。


おいしいけれど油たっぷり

「おかあさんいつもお疲れ様。」親友が、わしのお気に入りのパン屋のクロワッサンを買ってきてくれた。チャイもいれてくれた。


田舎道に突然現れるディーゼルアウトレット

自分が母である自覚なんてない。ちいさな頃から自分の中にある「おかあさん像」は、こんな人間ではまるでなかった。もっと、ちゃんとした大人だった。
自分勝手に母になったのに、おめでとうや労いの言葉をもらうのはなんだか申し訳ないような気がする。


こういうちびっこタレントいたような

事の善し悪しを間違って教えているかもしれない。どういう大人になるか、大人になった後で自分の育て方が悪かったことに気づくのだろう。最低限のやさしさを持つ大人になってくれればそれでいいけれど、そのためにはどうすればいいのかもやはりまだよくわからない。こんな気持ちのまま、いつの間にか息子が成人する日が来るのかもしれない。




category
ぬるぬるな日々

きっと今ごろ鬼嫁って言われてる


患っている持病のため体調が思わしくなく、一日の大半はおうちで寝ているアンネ。
それでもやっぱり外の空気を吸ったほうがいいと、のんびり日向ぼっこがてら我らパヤマ・レストランへ時々遊びに来てもらっています。


そういえば、ババは撮ったのにアンネを撮っていなかったっけ。


わし「アンネ、もうちょっと、そうそう、ひじをもっと上に上げて!」

アンネ「アヤコ、だめだ、これ以上あがらない。これで勘弁しとくれ。」

わし「だめだめ!もっと上げて、もうちょっと!え?痛い?もぉ~、そんじゃもういいよ、はい、じゃあ笑って。」


ここまでが限界でした

だめだ、これじゃギャルピースじゃない。

違うポーズでリベンジ決定。



category
ぬるぬるな日々