Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

シリンジェ村で朝食を


朝7時半、帰宅したラマザン「朝飯食いに行こう。何分で準備できる?」寝ぼけまなこで「10分後」と答えたわしの準備中、シャワーして身支度した後、タハ起こして上着着せて靴はかせていた。何もかもテキトーだと思う気持ちは変わらないけれど、この手際の良さは悔しいけれど見習いたい。


ギリシャ人の方々のかつての学び舎です

シリンジェ村のアルテミス・レストラン。かつてギリシア人学校だった建物を改装したレストランです(某ガイドブックによりますと)。


朝日がさんさんおはようさん

2年前に両親と来たときは建物の中で食事しましたが、朝日が気持ちいいのでテラスに着席。


わしの甥っ子たち曰く「デザイナーに見えるジャケット」

他にお客様はいらっしゃいませんでした。


もくもく村

世界中からの観光客をトリコにするシリンジェ村のナイスビューですが、朝もやとソバ(薪ストーブ)の煙でよく見えません。


食洗機ないと大変だなこりゃ

セルプメ・カフヴァルトゥ(serpme kahvalti)とは、テーブルいっぱいに広げられた朝食です。ほかほかパンは3種類、焼き立てクレープも。


目玉焼きに半熟にする以外のコツって・・・

揚げパンや卵料理などのあたたかいものは時間差でやって来ます。


お会計は〆て53リラ。追加でタハに搾りたてオレンジジュースを頼んだのでおそらくそれが3リラ(だとしたら安いけど)。一人分25リラとしたら一人約820円。トルコの朝食はおもてなしの象徴。食べきれないほど出されるのが普通なことを考えたら妥当な値段だけれど、もったいない精神の国からやって来たわしは延々と食べ続けた。後半やって来た卵料理全然食べなかったラマザンに、食べないの?と聞くと、「もういい。オレの目玉焼きはこんなもんじゃねーぞ。」生卵の殻フォークで切って飲む人なので、火が通り過ぎってことか。




スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで

世界遺産の町で小銭を稼ぐ方法


この写真を撮るわしを写真に撮られた。なぜ?

エフェス遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、小さな我が町セルチュクも日々変わりつつあります。

着々と進むセルチュク駅および路線の工事。出来上がり想定図、素敵なプラットフォームに終着駅が表示される電光掲示板なんか本当に出来るのだろうか。Ihale Bedeli(入札価格)は738万トルコリラ。世界遺産の町の駅が3億円ぽっちで出来ると思うとちょっと切ない。


ぽつん

世界遺産の町らしく、いつの間にかこんなものが設置されていました。観光地と言えばの顔出しパネル。


貴方もアルテミス像になれる!

紀元前から残る水道橋が町中にしれっとあるのがセルチュクのすごいところ。ここで写真を撮る観光客の方々もよく見かけるので、場所としては間違っていないと思うのですが、


ジャンプすればなんとか

わし162センチ、でも顔たわんかった。

明日から踏み台持って行って一日待機。お一人様50クルシュくらいでいい?(10人来たらビール一本買える)




category
セルチュクいいとこ一度はおいで

昨日今日明日


モーゼの十戒状態になっていたセルチュク駅前も、


きれいなミナーレ

踏切り前から見るとなんとなく落ち着いたようです。


セルチュクにイズバンがやってくる!

工期日程を見ると、2016年10月26日までとなっています。ここトルコ、その日にきっちり終わったら奇跡です。

昨日久しぶりにオトガル(バス停)前を通ったら、なにやら見たことのない塔が立ったりしていて、

変化し続けるセルチュクですが、


アフリカ大陸から今年も帰ってきました

水道橋に営巣するコウノトリは、変わらずセルチュクにあって欲しい光景です。

春にアフリカから戻ってきて家がなかったらどびっくりでしょうから。







category
セルチュクいいとこ一度はおいで

どこまでもゆこう


朝、我が家のバルコニーから遠く向こうに何やら見慣れない青いものが。


どんどん

???


ズームしてみると、


ふくらんでます

バルーン!!!

ゆっくりゆっくり膨らんでいったのですが、

結局このあとタイミングを逃してしまい気づいたときにはどこにもおらず、飛んだか飛ばなかったかがわかりませんでした。

でも飛んでたら、当分空中にいるはず。

試しに膨らましてみただけだろうか。

カッパドキアのように、気球の町になろうとしているのか、セルチュク。

(上空からの見どころって?)



category
セルチュクいいとこ一度はおいで

橋が消えた!


セルチュク、特にぬるぺんしょんにお越しいただいたことのある方にとっては衝撃の光景です。


すんごい、

セルチュクとぬるぺんしょんを繋いでいた歩道橋がなくなりました。(青いパネルの上らへんにあった)

というのも、以前は国鉄(TCDD)だけだったのですが、イズミル公営鉄道との共同運営鉄道(IZBAN)がやって来るとのことで、大堀り返し。


掘ったね。

駅前も、がっぽり掘り返して大変なことになっています。



日々変わりゆくセルチュク。路線も増え、将来的にはいろんな町と繋がっていくと思われます。

便利になるのはうれしいのですが、なんとなくさみしいような気もする今日このごろ。




※線路は一本残してあり、今までどおりイズミル市内(バスマネ)・空港方面からセルチュクへ、セルチュクからアイドゥンやデニズリ行きの電車は稼働しております。


category
セルチュクいいとこ一度はおいで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。