Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

おめーらセレブか


毛を刈ると似ている親子

伸びに伸びきっていたぱむっくの毛、汚れマックス&ところどころラスタファリドレッド状態になっていたので、ついでにジューンも一緒にカットしてもらってきました。帰ってきたジューンは頭部だけそのままというちょと恥ずかしいデザイン。なぜ。


・2匹分のカット
・2匹分のノミ&ダニ除け首輪
・2匹分の1年間分の虫よけ飲み薬
・ぱむっくのハーネス

以上で、お会計〆て、ろ、ろ、640リラ(約20,200円)。

わし、日本で美容院に行っても8,000円ほどですが。




スポンサーサイト
category
今日のジューン

見守る母ジューン子


ぺんしょん改装に合わせて

「ぱむ、この子でっかいけどあかんぼなんだから、体当たりしちゃだめよ。」


ジューンとぱむっくにも

「こらー、なめすぎー。」


新築のおうちを一つずつ

「落ちる落ちる。あんた、頭重いんだから。」


買ってあげたいけど

「なんでもさわりたい年頃なのね。わかるわ。」


マネーがない

「これでも12児の母だから、わたし。」




category
今日のジューン

地図もないのに~


我が家の玄関前を映すモニターに、見覚えのある顔があってびっくり。

急いで下まで降りてエントランスを開けると、とことこと階段を上がりバルコニーのイスでまったり。


うちのジューン子ちゃん世界一あったまいい!

ぺんしょんからうちまで結構距離あるのに。

ジューン子ちゃん天才!






category
今日のジューン

日本にいる間に~ジューン


1年の間に2回のお産を立派にこなしたジューン。今後のことを考え、避妊手術を受けました。


いつまでもあかんぼのようなジューン子

お疲れ様、ジューンママ。

わしにとってはいつまでもあかんぼだけどね。



ぱむっくのワクチン・ぱむっくの骨折手術・ジューンの避妊手術、全部で500リラに負けてもらった、とラマザン。これでも結構高い気がするけれど、定価はもうちょっとするらしい。

動物病院も値引きに応じてくれる、ビバ・トルコ。




category
今日のジューン

ジューンのこと


昨夜、ジューンが激しく吠えていたのでゲートまで行ってみると、ぺんしょんに(おそらくぱむっくを見に)来た近所の中学生がジューンに威嚇されていたそうです。

知っている子で悪い子でもないし、問いただすとちょっと入ってみただけ、とのことだったので厳しく叱ってその子の家に連れ帰ったそうです。

「それよりジューンはすごい。昔っからお客さんとそうでない人が分かる。」

小さかった頃はおてんばなだけの女の子だと思っていましたが、もうすぐ2才になるジューン。今では我々の言うことやいろんなことを、とてもよくわかっているような気がします。


初代ジューン

2013年6月、

我々がぬるぺんしょんをオープンしてすぐもらってきたジューン。

どうしても犬が飼いたいと、毎日のように言っていたわしをラマザンが知り合いのブリーダーのところへ連れて行ってくれました。6匹ほどいた仔犬の中から「健康でいい犬」と勧められてもらってきた男の子。

いっしょに遊んでいっしょに寝て、いつもいっしょに過ごしていましたが、

2週間後、道路で倒れ、突然死してしまいました。

ラマザンはわしに無理やりサンダルを履かせ、ビーチに連れて行き、またぺんしょんに戻り、一人でどこかへ出かけていきました。

戻ってきたラマザンの手には、仔犬の入った段ボールが。

ジューンが死んだその日に別の犬を連れてくるなんてどうかしてる!

わしが激しく怒りをまき散らすと、ラマザンは言いました。

「この子はアヤコが最初に気に入っていた子。女の子という理由であきらめたけど最初からこの子がうちの子になるはずだったのかもしれない。それにこの子はジューンの妹、ジューンと同じ血が流れてる。ジューンのぶんもかわいがろう。」


足が大好きジューン

出来るだけ早く立ち直るようにとのラマザンの強引なやさしさと、どこまでもまとわりついてくる新しいジューンに、助けられました。




子供は関節やおいね

まだジューンが1才になるかならないかの頃、ラマザンのお義兄さんがぺんしょんに遊びに来ました。

もうすでにどこやらで引っかけてきたらしいお義兄さんですが、ぺんしょんでさらに飲み、帰るころにはかなり出来上がっていました。

さてそろそろ帰るか、と背が高く体格のいい彼が席を立ち、じゃあアヤコまたね、とわしの肩にぽんっと手を置いたその瞬間、

そばにいたジューンがものすごい勢いで彼に飛びかかり吠えたのです。

ラマザンには申し訳ないのですが、トルコに来て一番うれしかった出来事です。


おなかの中にはぱむっくがいるのか~

年末にゆみちゃんとセルチュクの町をぶらぶらお買いものに出かけたとき。

「ここで座って待ってて。」

そういうと、お店の外でじーっと待っててくれるジューン。

いつのまにか、こんなに聞き分けのいい良い子に育っていました。



去年の夏は、ごはんを食べているときに近寄ってきたあかんぼには腹の底からうなっていたのに、

今では、ぱむっくが先にごはんを食べるのを待ってから自分が食べています。


芝生大好き

2回もおかあさんになって聞き分けのいい子になったとはいえ、基本はとびきりおてんばなジューン。

今年の夏もビーチでくさいもの練ってきてくれることでしょう。




category
今日のジューン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。