Entry Navigation

エントリーナンバー62番


栄えある、2018年ぬるぬるぺんしょん日本人お客様第一号は、


ナイスキャラカミヤさん

着物男子!!


地球の歩き方を見て予約なしでお越しいただいた愛知県のカミヤさんは、インターネット機器は持たず旅をされているというツワモノ。「着物のせいかな~、変な目で見られるんですよぉ。」と、はにかんだ笑顔でおっしゃっていましたが、着物のせいかどうかは置いといて、着たい服を着て何が悪い。素敵です!ロン毛も。
セルチュクに2泊された後は、パムッカレ、カッパドキアと続き、イスタンブールからエジプトへ飛ばれるそう。

着物男子は日本の誉れ。カミヤさんを見かけたら、好物らしいエルマチャユ(トルコのリンゴ紅茶)おごってあげてください。(ビンボー旅だそうなんで)



スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~

ザギンの風みたび


ザギンのペコちゃん

2017年12月31日、去年最後の遠路はるばる日本からのお客様は、まるで銀座から一輪車で来るようなフットワークの軽さでまたまたお越しくださいました、笑顔が素敵なタカコさん。我らぬるぺんしょんに、1年で3回お越しいただくという新記録樹立。もうお客様ではありません、ファミリーです。というわけで、チェックイン早々またもや我が家まで拉致、ビールで乾杯した後わし作の大みそかトルコディナーは、


腹引き裂くって意味です

カルヌヤルク。


3泊されたのですが、最終日にはクシャダスに誘っていただき、前回と同じくKazim usta restaurantでシーフード。どれもこれもやっぱり安定のおいしさでしたが、この日一番のヒットは、


久しぶりの生魚

前菜でいただいた鯖。ディルの入ったオリーブオイルに漬けてあるんですが、これ、生でした。しっとりしていて美味しかった!右手のはそら豆のペースト。


今でも飽きずに遊んでいます

行きしなタハへのおやつを買っていただき、クシャダスへのわしのバス代も払われ、レストランでのお支払も全くさせてもらえず、タハにクリスマスプレゼントまで買っていただくという、またもやもうどっちがお客様かわからない状態。


全部おいしかったです!

それに加えて日本からのお土産もこんなにたくさん。久しぶりに食べたカステラのおいしさ、丁寧な日本の技術にあらためて感動。タオル好きなわしに今治タオルまで。


今回もたくさんの名言を残して帰られたタカコさん、いろんなお言葉が心に沁みました。楽しい時間をありがとうございました。
次回は是非、ザギンか広島で!




category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~

エントリーナンバー61番


ひざの曲げ方が完璧です

第一回ぬるぬる杯ドジョウすくい大会のためはるばるお越しいただいたのは、イスタンブールのジャングルからSさん、そして腰まであるロングヘアーが素敵なアキコさん。安来節の代わりにサッカー観戦のトルコのおっさんたち(お客様ですが)の声援をBGMに見事な踊りを披露してくださいました。


イカは常備しとかなイカんな(なんつて)

ぬるぺんしょんにチェックイン頂いたのですが、我が家に拉致、そして我が家で睡眠なさるという夜のシメに作ったイカのチヂミが人生最高の出来。


またまた重いものばかり恐縮です

お土産もたくさんいただく。これ以外にも素敵な折り畳みバッグやタハに江ノ電サブレまで。


うちんちで寝てもろうたのにぺんしょんにご宿泊代をいただき、パヤマレストランで食事して、お買いものまでしていただいた上に、お土産までずうずうしくいただく。悪徳商会パヤマ・ツーリズムの実態を、みなさまも是非体験しにいらしてください。





category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~

ザギンの風ふたたび


変な位置にあるオレンジカウンターですが役に立ちました

あれから3ヶ月。
今ごろ、東京砂漠のど真ん中で、キラキラ働いてらっしゃるんだろうな~ぁ、あのお二人、と思っていたところ、”12日に伺います。”という突然のメッセージ。まるで、銀座から自転車で来るようなフットワークの軽さでまたまたお越しくださいました。笑顔が”キュートっ!”な、タカコさんとケイさん。寄り添うのは、トルコのよう知らん美容院で鏡の前に座るより、自分で切ったれ!のわし&昆虫ハカセ風ラマザン。


岡山のお酒だったよこれ、ゆみちゃん!

今回もまたこんなにお土産をいただきました。重いものばかりでなんとお礼を申し上げてよいのやら。どぶろくは、毎晩抱いて寝ようと思います(瓶内二次発酵しちゃう)。次の日、「これも忘れてた~。」と、濃厚ウニせんべいや玄米ブランなどまたまたたくさん頂いてしまいました。お土産って2回に分けてもらうと2回うれしいですね。さすが、ザギンの主はやることが違う。

磯江氏に写実して欲しい一枚

チェックイン後は、前回同様パヤマレストランへ早速お越しいただき、マントゥやカルヌヤルクなどのお食事を楽しんでいただきました。翌日はクシャダスへご一緒させてもらい、前回同様kazim usta restaurantでおいしいシーフード、ヒゲまでカラリと上がったお魚に感動。そしてまたまた前回同様ごちそうになってしまいました。いいのか?いや、いいわけない。というわけで、わしんちまで拉致、ワインを飲んでいただきました。


岡惚れからイギー・ポップまで、ここには書けない濃ゆいお話は尽きず、大変大変楽しい時間を過ごさせていただきました。サラエボからクロアチア、どうでしたでしょうか。近いうちにまたお会いできそうな気がなんとなくするので、またその時にでもお話しを聞かせてください。その時までお元気で!



【私信】あのときのケイさんの質問に「タモさん」と答えましたが、タモさんは飲み友達。よくよく考えたら思い出せました。以前はローリー寺西と言っていましたが、今は世界のナベアツです。

ついでに、好きな言葉は、『あちらのお客様からです。』


category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~

エントリーナンバー60番


笑顔が犯罪者とは思えません(違うっつーの)

千葉からお越しのイヅマさん、ご予約なしでいらっしゃいました。ひまなぺんしょんでよかったです。いかにも旅慣れした感じのイヅマさん、一所ごとにのんびり滞在されるという旅をなさっており、我らぬるぺんしょんにも3泊してくださいました。今日、ちびっこのでこがなんかの虫に噛まれまくり赤い斑点でスナメリみたいにに膨れ上がったので、診療所に行った帰りにぺんしょんに寄った際お会いすることができました。スナメリのおかげです。
お持ちのスケッチブックを見せていただくと、いろんなトルコの景色がほんわりときれいな色鉛筆で描かれており、我らぬるぺんしょんの屋上からの景色もこんなに風情ある一枚に描いていただきました。
ちなみにこの写真を撮るとき、「イヅマさん、これをこうやってここに持って~ぇ、そうそう。」というアラーキーわしの注文に、「これって、犯罪者みたいですね~。」と笑顔でかわしてくださったイヅマさん、マグショットにも余裕の対応です。

セルチュクの後は、マルマリスから船でギリシャのロードス島に渡られる予定とのこと。「エーゲ海って、どれくらいのことかと思ってましたが、千葉と変わりませんよ~。」と笑顔でおっしゃったイヅマさん。千葉の方、それって本当ですか。(情報求ム)

イヅマさん、このたびはご宿泊いただきありがとうございました。またお会いできます日を楽しみにしています。




category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~