Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

トルコ人あるある~あなたのご主人どうですか?


ドイツ人の甥っ子たちから言わせると「65%ジェントルマン」らしい微妙な位置づけの我が夫トルコ人。
嫁(=オレ)に言わせると「50%ヤンキー、50%チャラ男」。
ラマザンが典型的なトルコ人かと言われるとどちらかと言うとそうでもないような気がするので、これがいわゆるトルコ人!というのはいまだ分かりかねますが、今まで見てきた中だけでの感想を言わせてもらうと、



『トルコ人は昭和のヤンキー気質である』


トルコ人男性をご主人にお持ちのみなさん、いかがでしょうか。




「車がヤンキー」

フルスモークにシャコタンは当たり前、もう日本では見ることはなかろうバックミラーに吊り下げたふかふかサイコロもここではまだまだ現役です。お金がある人はスポイラーとホイールに命をかけ、お金がない人は切り抜きステッカーで自己主張。思い思いにカスタマイズされた昭和風ヤンキー車は、ここトルコでは永遠のスーパーカーなのです。ちなみに音楽は演歌ばりのトルコミュージックをこれでもか。後部座席に乗ったが最後、スピーカーからの爆音でもろに耳をヤラれてもじっとがまんの子です。ドライバーに「ちょっとボリューム下げてくんない?」と言ったもんが負けという暗黙の了解。


「車の運転もヤンキー」

昔よくいましたよね、車の運転席からなぜか落ちそうなほど窓際に体を乗り出して片手で運転するヤンキー。トルコではいまだによく見かけます。信号待ちでにやして隣の車と競ったり。いったい何がしたいのか。今、急に思ったんですが、このヤンキー車感覚、もしかしてセルチュクだけですか?(トルコの他の地域では見たことないような気がしてきた)


「タバコは吸わなくてはならない」

老いも若きもタバコが大好きトルコ人。好きというよりほとんど病気。”もう~、みんな吸うからオレも吸いたくなるじゃんか”というような、本当に好きで吸っているというよりは、ヤンキーにありがちなカッコつけに常習性が加わっただけに見えるのは気のせいか。人のポッケから盗んででもタバコ、給料前借りしてでもタバコ、禁煙するする言うても1時間後にはタバコ、もう狂ってます。そしてポイ捨ては当たり前。呆れそうになるも、後でちゃんと掃除するのがトルコ人。じゃあ最初から灰皿に捨てればよいではないか。


「服装がヤンキー」

これは日本から遊びに来た姉に指摘されるまで気が付かなかったのですが、冬のトルコ人男性の定番ルック「ジーンズに革ジャン」。そう言われてみるとなるほど、みんなその恰好。たしかに日本では、太陽にほえろあたりでとうに終わっている誰もしない着こなし。ちなみに女性も昔の三原じゅん子を思わせる人、多数。合皮のぴたぴたスパッツにアニマル柄ジャケットがナウいのですが、こっちの顔が濃ゆい女性が着ると妙に似合うんです。日本人女性がマネしたっておっぺけぺーなだけですけど。


「それに加えてテスピがヤンキー」

トルコ人男性がよく手に持ってクルクル回している数珠のようなもの、これはテスピと呼ばれるのですが、モスクにお祈りに行くときなどに欠かせないイスラム教徒にとって重要なアイテム。しかしこれさえも、ジーンズに革ジャンを着た目つきの悪い(ように見える)男性が町中でクルクルやっていたら、ケンカでも始めそうな人が小さ目のチェーンを振り回しているように見えてしょうがない。Beat itの世界ですね。ちなみに、イスタンブールに行ったときにグランバザールでラマザンが目をきらきら輝かせながら「これ、欲しいな~ぁ・・・、でも高いなぁ~。」と、しょんぼりあきらめたのは、ゴールドの喜平のネックレス。ますますチンピラみたいになるからおやめなさい。


「とにかくチカラでやる」

これは猛烈にラマザンに当てはまるのですが、何かチカラ仕事をする時、”あえて”道具に頼らない。たとえば、硬いビニール袋を破らなければいけないとき。わしが「はさみはさみ~」と探している間に、「ぬうぅ~お~~~!!!」と手でめいっぱい破ってる。あのー、そこ、別にがんばるとこじゃないんじゃない?と思うのですが、これが出来るかどうかがなんかしらん大事らしいです。あと、軍手。外で作業をするたびに流血して「アヤコ!血が!ほら!ばんそうこうくれ!」てなるのに、絶対軍手をはめようとしない。電気工事のおじさんも、車修理工場のおにいさんたちも、この国ではだ~れも手袋してません。「手袋はめるほど弱っちい男じゃないぜオレは。」というやせ我慢だけでそんなにがんばっているのなら逆にほめてあげたい。


「自分のテリトリーから出たくない」

トルコ人て旅行嫌いで有名なんですが(あれ?あなたのご主人そうでもない?)、なんかこれってヤンキーのなわばり意識に近いような気がするんですけどどうでしょう。そしてアウェイに弱いので、キョドっているところを見られるのが恥ずかしくて仕方ないのでは。まさにヤンキー君と同感覚。いつも近所でうろうろしているのが好きなようです。


「恋愛観がヤンキー」

焼き餅がハンパない国民代表トルコ人がささやく愛。大人になって忘れかけていた、ヤンキー中学生が語る愛にそれは似ています。「あいつが昨日お前に話かけた?あいつぶっ殺す。」「もしお前に何かあったらオレの心臓をやる。」「お前のためなら死ねる。」こんな歯がぷかぷか浮くようなセリフもトルコ人にとっては朝メシ前、もぐら叩きのもぐらのようにぽんぽんっと出てきます。しかしヤンキー中学生と少し違うのは、みんな本気だよ!本気!ってとこですけど。えー、心臓移植?そもそも血液型違うし、とか言うとヤンキー君の愛がちょっぴりへこんでしまうので、そこはスルーしときます。


「国旗が好き」

人は群れをなすと旗を掲げる生き物ですが、それが個人の主張となると、JT○の添乗員さんが「こっちですよー」と言って使っている旗とは全くの別ものになります。トルコ共和国の真っ赤な国旗を、窓辺に飾り、車に飾り、そして何かのイベントでは己の肩にかける。トルコ人にとっては、トルコという国そのものが、大きな暴走族なのです。





そういうジューンもトルコ犬




※これは個人的見解を述べただけのもので、「そりゃ違う」と言われてもごもっともです。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々

結婚式+(ダンス×流血)=おかま

 
地鶏
 Ayako Serbest
 4月12日


友人の結婚式におよばれ! ― アヤコさんは、sunriseayaさんと一緒でした。

おめでとうございます
いいね!コメントするシェア




category
たまにはおでかけ

ビーチでランチ


2014apr02 001

天気もいいのでビーチでランチを食べよう、ということで、近所のエーゲ海パムジャックビーチへ。

写真は、こんな小さな町セルチュクにもありますよ、の空港。と言うより小型機専用の飛行場ですが。夏になると日曜日によくアクロバット飛行をしています。


起きて!ジューン!

パムジャックビーチ到着。

まぶしー。


彼働く人わし食べる人

ランチ準備中。


出来ましたトランクランチ

ジューンと遊んでいる間に出来たようです、まるで朝食のようなトランクランチ。卵焼きは、ガスバーナーでその場で作ったのでアツアツです。潮風に吹かれながらおいしくいただきました。


お鼻に砂がついてるよ

ビーチで遊ぶたびに首にくさいものを練ってくるせいで、今日は鎖で繋がれたままのジューン。

それでも砂掘ったりしてそれなりに楽しそうにしてました。

しかし今朝、

また近所でくさいものを練ってきたジューン。(隣のブロックに馬がいるのでたぶんソレ)

なんでこんなに、くさいもの好きな子になっちゃったんでしょう。

彼女にとってはいい匂いなんだとしたら、

今度日本から納豆を持ってきて、首元に練るかどうか試してみたいと思います。

納豆のにおいなら許せるという理由で。

ラマザンはどっちみち嫌がるだろうけど、そんなの気にしなーい。




category
たまにはおでかけ

カリッと青春


野菜やくだものがめっぽうおいしいトルコですが、

中東でほかにおいしいものと言えば、

ナッツ。

トルコでも、新鮮で香ばしくおいしいナッツが安価で手に入ります。

マーケットには、一年中ピスタチオ・ヘーゼルナッツ・くるみ・松の実などが所狭しと並んでいます。

しかし今の時期のナッツと言えばこれ、


うぶげがかわゆい赤ちゃんアーモンド

生のアーモンド。

ふわふわしたうぶげの生えたサヤごと、そのままかじって食べます。

え?中がどうなっているのかって?

そう言われると思って、


奇跡のかわゆさ

断面図、ご用意しました。

お味のほうはですねー、

これがまさに「春の味」そのもの。

どこかで食べたことあると思いながら何度も咀嚼していると、味覚の記憶が蘇りました。

子供の頃、山で採って良く食べていた”ぽっこん”(標準語ではイタドリと呼ぶそうですね)、あの味です。

それを乾かしたり煎ったりして、我々が普段食べるようになるあのアーモンドになると思うと、

先人の知恵には本当に頭が下がる思いです。




category
ぬるぬるな日々

幼な妻が食べられちゃう危機


幼な妻が、花を咲かせました。


日本からようこそトルコへ

待ってましたとばかりに、インターネットのお花辞典(←このサイト昔からよく使っているのですが、情報量も多くとっても調べやすくておすすめ)で調べてみました。

この花は、

オオアラセイトウ

という名だそうです。

別名:諸葛菜(ショカツサイ)、紫花菜(ムラサキハナナ)・・・ハナナ?

諸葛孔明が広めたという伝説があるという、何ともスゴイっぽいお花でした。

原産地は中国だそうですが、

”若い葉は食べられるため野菜として栽培され、種子からはアブラナと同様に油を採取することもある。”~ウィキペディアより~

なかなか無駄のないお花でした。

とうぶん、中国人のお客様がいらっしゃらないことを祈ります。




category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ

牛2000頭に匹敵するパン


パン天国トルコ。

三食パンですから、もちろん朝食もパンです。

朝によく食べられる惣菜パンの種類もなかなか豊富なのですが、

その中でも朝食の王様と言えばこの、


紅茶との相性はバツグンですが

ゴマたっぷりのリングパン、シミット。画像どこからかお借りしました。

町中でも列車の中でも、売りに来るのはだいたいこれ。

しかしこれが、あんまり好きじゃないんですねわたし。

焼きたては割とふかふかしているのですが、基本的にぱさぱさしているパンなので朝はのどにつっかえるのです。(トルコ人はそれを激甘紅茶で流し込む、と。)

ラマザンに「シミットあんまり好きじゃない」とやんわりと主張してきた効果が出てきて(さすがにトルコの代表選手パンを”嫌い”というのはかわいそうな気がするので)、最近はシミット以外の惣菜パンを買ってきてくれるようになりました。

今日、いつものように朝イチの営業の帰りにたくさんの惣菜パンを買ってきてくれたのですが、

その中に何やら初めて見るパンがある。

これ何パン?と聞くと、

ラマザン「オリーブパン。」

わしの好物オリーブが中に入っているらしい。

早速食べてみることにしました。


お皿のかわりに

シミットに負けず劣らずたっぷりとごまの衣装をまとったそのパンの中には、オリーブだけでなくトマトソースとたっぷりチーズまで仕込まれていました。

これは紛れもなくピザパンです。ごまピザパンです。

一見学校給食に出てきそうな何気ないパン生地もとてもおいしい。これは久々のヒット。

いやー、それにしても、


本で

ものすごいごまの数です。

だって、


ゴマをキャッチ

裏側までこんなんですから。

お祭りのときの人口を数えるテクニックで、このパン一個に一体ごまが何粒使われているか計算してみました(決してひまだからではありません)。

ざっと2000粒でした。



ちなみに。

ごまと聞いていつも思い出すのが、広島では夜中放送されていたテレビショッピングで売られていたセサミン。ごまの貴重さを「古代エジプトではごま一粒と牛一頭が交換されていた」というようなことをもっともらしく説明していたのを覚えています。

今、わしのおなかの中には牛2000頭がいます。



category
ぬるぬるな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。