Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

空路のススメ


イスタンブールからエフェス遺跡の我が町セルチュクまでは、深夜バスで一晩の距離です。

しかしあまり知られていないのがトルコ国内線の安さ。

時間に余裕がある旅人のみなさんへも個人的には空の旅をおすすめしています。

イスタンブールアタトゥルク空港からイズミルアドナンメンデレス空港までは約50分、しかも早めに予約すれば深夜バスと変わらないどころか逆に安くフライトチケットを購入することもできるのです。

この2つの空港を結ぶエアラインは、

トルコ航空、ペガサス航空、アトラスジェット、オヌールエアの4つ。

ちなみに今日2014年11月30日に調べた1週間先のペガサス航空のイスタンブール~イズミル片道チケットの値段は39.99リラ、日本円で約2000円です。

60リラ~70リラを支払い一晩バスに揺られて来るか、

40リラで50分の快適な空の旅を楽しむか、

旅のスタイルはそれぞれですが、是非空路もご検討ください。

イズミル空港からは、セルチュクまでの直行列車(約5リラ)もありますのでアクセスも大変便利です。

列車のタイムテーブルはこちら。(最終列車は19:30ですので、それに間に合わなければセルチュクまでタクシーでの移動になりますのでご注意ください。)


セルチュクの風情ある線路風景

のんびりとした遺跡の町セルチュクへ、是非遊びにいらしてください。



スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで

トゥルキエ・ガールズコレクション


朝6時、ご飯の炊けるにおいで目が覚めます。

日本からやってきた父と母、使いたい日用品を買ってきては我々の家をまるで自分たちの家のようにカスタマイズし始めて、少々危機を感じる日々です。

というのは大げさな話ですが、

散歩に行ったり、ぺんしょんでぬるぬるしたり、ロカンタでトルコ料理を満喫したり、と、

のびのびとトルコの田舎を満喫しているようで安心しました。

あかんぼ見たさにこんなど田舎までやって来てくれたので、母のためにちょっとしたサプライズを用意していたのですが、たいそう喜んでくれました。

イスタンブールのMさんの素敵ショップ、トルコ雑貨MiSTANBULさんの、MiSTANBULのルンルン♪トルコ日記にて、母のぬるんぬるんコーデをご紹介いただいたので、よろしければ是非ご覧ください。

ちなみに、ちょうど1カ月を迎えた我が家のたま、


よだれ汚ねー

目指せマイティーソー。





category
ぬるぬるな日々

プレゼント

ここセルチュクの観光業もオフシーズンに入り、ぺんしょんものんびりとした日々が続いております。

まあ、のんびりというか、

閑古鳥とも言いますが。

・・・・・・。





不本意な引きこもりのせいで、ぺんしょんはラマザンに任せていますが、

昨日、なにやら手にして帰宅してきました。

「お客さんにもらった。」

我々あてのお客様からのいただきものはときどきあるのですが、

今回いただいたのはこれ、


これはいったい何の動物なのだろうか

タハ君、産まれて初めてお客様からプレゼントをもらいました。

ラマザンが、韓国人の青年二人にタハの写真を見せたら(どうやらお客様全員に見せている模様・・・)、

チェックアウトのときに渡してくれたそうです。

感謝感激です。

ご帰国まで楽しく安全な旅になりますよう。

カムサハムニダー!




category
ぬるぬるな日々

こんなスイカ見たことありますか?


(今回も全くもってぺんしょんとは関係ない記事ですがあしからず)



お祝いにスペシャルな何かを送りたいけれどいいものが思い浮かばない・・・、

そんなときってないですか?

今日は私の親友でありアーティストである『SanPratou』さんをご紹介したいと思います。

みなさん、カーヴィングってご存知でしょうか。

そう、フルーツや石鹸の彫り物です。

ラマザンと帰国した際ちょっとしたパーティーを開いたのですが、彼女のサプライズ彫り物が会に花を添えてくれました。


見て楽しんだあとは勇気を出して食べてみよう

花ではなくスイカですけど。

花なら枯れますが、スイカなら食べられます。ソープならお風呂でも使えます。

肉食獣のような彼女ですが、繊細な彫り物の腕は天下一品、

本場タイでカーヴィングを学び、今は独立し教室も開いています。

特別な日の贈り物にいかがですか?

ウェブサイトはこちら↓

SunPratou


ぬるぬる日記を見た、と言っていただければ割引もあるとかないとか。(どっちや)

地方発送もオッケイだそうです。

どうぞよろしくお願いします。



category
ぬるぬるな日々

またもや家族が増えそうです


「ジューンもまたおかあさんになると思うよ。」

えっ?なんでわかるの?

そうラマザンに問いただすと、

まあ時期的に想定内と言えば想定内なんですが、

ご近所の犬たちがこぞってジューンを奪い合っているらしく、

その中でも白い毛がくるくるとかわゆい中型犬とジューンを屋上に二人っきりにさせてあげた、と。

「どうせなら売れる子が生まれたほうがいい。」

またお金もらわずにタダであげちゃうくせに~ぃ。

ていうか、うちぺんしょんだから、その犬から屋上利用代もらってください。


カワイ子ちゃんはもててつらいね~気持ちワカルヨ

本当にまたおかあさんになっちゃうのだろうか、うちのジューン子ちゃん。

???

なんだかこの、思いっきり後ろ側に垂れた耳、以前見たことある・・・・・、

あー、あのとき!!




category
今日のジューン

そういえばまたひとつ年をとったのです


去年に引き続き、ありがたいことに今年も届きました、


70円ではるばるようこそ

バースデーカード。

今年唯一のカードは姉からでした。

お祝いのメッセージの最後に「ところで、何才になったん?」と書かれてあり、

あらためて己の年齢に愕然とさせられたので、「知ってるくせに~、この~いけず~。」と、心の中でつぶやいておきました。

今年はこんな誕生日でした。


紫のは想像どおり粘土の味です

ぺんしょんで予約の管理をしていると2階でイボが呼んでいる。行ってみると「この部屋のレイアウト、どう思う?」と。うーん、変えたいけど備品を増やさないとね、なんて話していると今度は下からラマザンが大声で呼んでいる。降りてみると、花火のついたケーキが。連携プレーサプライズ、一応計画練ってくれていたようです。


素朴な家庭料理がおいしいキュチュック・エヴ

そのあとはお気に入りのレストラン『キュチュック・エヴ(=ちっこいおうち)ジミーズレストラン』へ。素朴な家庭料理が安くておいしいロカンタ(食堂)です。わがままが許されるならケーキはこの後がよかった。


何から何まで気の利いた素敵なカフェ

食後のコーヒーは、わしの最近のお気に入りオープンカフェで。セルチュクにしては(お金のかかった)サレオツな店内が素敵なこのカフェ。コーヒーの味は正直ギリギリな感じですが、ケーキもおいしく(外注ですが)、お店の方の感じがいいのでついつい通ってしまいます。考古物博物館入口の正面にあります。


あほみたいに口開けてみたヨ

そしてプレゼントは、トルコと言えばのナザール・ボンジュウ。

え?首のしわで年齢がばれる?

あえてぼかしは入れません。事実を受け入れることが大事。




category
ぬるぬるな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。