Entry Navigation

うれしい来客


こないだの日曜日、

パムッカレの女将と、クシャダスのマダムが、ぬるぬるぺんしょんへお越し下さいました。

3人でビールラッパして、御令嬢たちにもお会い出来て、御令嬢のお一人こけて青たん作ってもうて、くさい犬っころたちをなでなでしてもらって、最終的には我が家にも来て頂いて。

羊切った直後でしたがとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

3人の中で一番早く生まれた特権として自分だけ目の下あたりをフォトショップして美人妻たちと撮った集合写真を世界に公開しようと思っていたのですが、

楽しい時に流され、撮るのすっかり忘れてました。


オルニチンミー!て意味もなく叫びたくなる

素敵な素敵なお土産までこんなに頂いてしまいました。

とても食べたかったさきいかとかもあって、持つべきものは日本人妻トモだな、と痛感しました。


そして今日、

野暮用でクシャダスまで行ったのですが、偶然エフェシアンホテルご一家に遭遇。

しかしあろうことかまた写真を撮り損ねました。

次回に持ち越しです。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々

ナウでヤングな日本の若者に問う


「イェンゲ、これ見て。チョク・フェナ~。」

少しずつ自分のバイクのカスタマイズを続けている甥っ子メルト。テールランプ(ていうんですか?バイクも)が、3つそろって黒っぽくなっているので、スモーク貼ったのかと思ったら、「触ってみて。」


なぜwhy not?

なんと、ストッキングでコーティングしてありました。

日本の若者よ、これって日本でも流行ってる?(このブログ、日本のヤングボーイは見てないと思うけれど)




ちなみに、チョク(cok)は「とても」、フェナ(fena)は「悪い」と言う意味ですが、物や女の子に対して「スッゲー!」という全く逆の、良い意味になるようです。




category
ぬるぬるな日々

羊買ってきました


気持ちのよいお天気でした。

ある日の午後、ある知り合いの方のお庭へお邪魔しました。自家製のぶどうジュースをごちそうになり、のんびり。

後ろに見えているのが今の我々の車。

この2年で替えも替えたり6台目、最初のうちはトラブルも楽しんでいましたが、もういいかげん落ち着きたいということで、


頼もしいババ

羊さんに犠牲になってもらうことにしました。

ババのお祈りのあと、首を切り、脳の近くの血をラマザンとわしの眉間にアンネが塗ってくれました。


結構縮むね、お肉って。

我らの血となり肉となり、車も守ってくれますように。




category
ぬるぬるな日々

鉄分補給


茎の部分がぱりっとしてます

ずっと作ってみたかったのですが、砂のシゴウがめんどうであきらめていたispanak yemegi(ウスパナック・イエメーイ=ほうれん草の煮込み)。今週のマーケットでも豊作のようだったので、はりきって作ってみることにしました。

あらかじめしっかり水に浸けておくというのはやはり大事な手順だということがわかりました。今までよりも格段に水の消費量は減ったと思います。

みじん切りにした玉ねぎをオリーブオイルで炒め、サルチャ(トマトペースト)を投入しさらに炒め、2センチメートルほどに切ったほうれん草と洗ったお米少しとほぼ同量のお水を加えぐつぐつ。

こないだの日曜日、羊を一頭切ったのでそのお肉も少々加え、


とてもおいしくなさそうです

にんにく入りのヨーグルトをかければ出来上がり。

大好きなトルコ料理のひとつになりました。

しっかりアク取りしましたが、食べた後当分歯がキシキシ。

まあ、アクのないほうれん草なんて、

苦味のないサザエのとぐろみたいなもんでしょう。

たくさん作って食べきれなかったのですが、翌日あたためなおすとお米がしっかりふやけてほうれん草のリゾット状態になっており、またおいしくいただきました。



category
アヤコのなんちゃって料理

昨日今日明日


モーゼの十戒状態になっていたセルチュク駅前も、


きれいなミナーレ

踏切り前から見るとなんとなく落ち着いたようです。


セルチュクにイズバンがやってくる!

工期日程を見ると、2016年10月26日までとなっています。ここトルコ、その日にきっちり終わったら奇跡です。

昨日久しぶりにオトガル(バス停)前を通ったら、なにやら見たことのない塔が立ったりしていて、

変化し続けるセルチュクですが、


アフリカ大陸から今年も帰ってきました

水道橋に営巣するコウノトリは、変わらずセルチュクにあって欲しい光景です。

春にアフリカから戻ってきて家がなかったらどびっくりでしょうから。







category
セルチュクいいとこ一度はおいで

続・スポンジ豆腐


あのとき、5つのうちたしか3つ食べたはずなので、あと3つ残っていると思ったわしは、算数できないトルコ人化しているのでしょうか。

しょんぼりと2つの軽石を取り出し、また作ってみることにしました。


どんこってかわゆい名前だよね!

スポンジ豆腐withどんこ椎茸と人参。

前日から24時間水戻ししたどんこさんのお出汁は、それはそれはすばらしく、ある意味スポンジよりもどんこがメインの逸品になりました。



余談ですが、

おととしの夏、インドからのお客様がユーロで支払したいとおっしゃられ、お釣りをトルコリラでお返しするため電卓で計算していたら、電卓打ち終わる前に小数点以下第二位までさっと答えられそれが正確に合っていてびっくり。「ふふ、ボクはインド人だよ。」
かっこいいー!!!



category
アヤコのなんちゃって料理

お地蔵さん6カ月を迎える


ゆっくりと解けていく氷のように、

手足や口、見えない脳のすみずみまでが器用になり、

日々、少しずつ少しずついろんなことができるようになっています。


うつぶせ苦しいけどがんばって笑ってくれました

おかげさまで6カ月を迎えることができました、タハ君。

毎晩8時間、ときには10時間ほども、ぶっとおしでぐっすり眠ってくれるので助かっています。

手のかからない子は、大人になってゴウイラシになると聞いたことがあるのでいささか不安ですが。




category
ぬるぬるな日々

シリンジェ村へ視察


来月、大事なお客様が来られるということもあり、シリンジェ村へ会食会場の下見へ行ってきました、

という言い訳でおでかけ。


冬も暖炉があたたかく快適なレストラン

知り合いのご夫婦が経営されるGulgun Abla’nin yeri。シリンジェ村の高台にある見晴らしのよいレストランです。天気がいいからビニールカーテンを外そうということになり手伝うラマザン。


国内外からの観光客で溢れかえるシリンジェ

レストランからの眺め。真夏は暑すぎるので今が一番いい季節ではないでしょうか。


ハートのご飯がかわゆい

チョプシシ(羊の串焼き)&キョフテ(トルコ風ハンバーグ)、トマトサラダ、


もちろんこちらの手作りです

ヤプラックサルマス(ブドウの葉のピラフ詰め)。これ、今まで食べた中のヤプラックサルマスの中で一番おいしかった!ピラフの香草がきつすぎたり、オリーブオイルがべたべたしすぎていたり、ご飯が硬すぎたり、今まであまりおいしいものに出会えたことがなかったので、上手に作られたものはこんなにおいしいのか、とちょっと感動しました。


なぜもじもじしている?

食事中ずっとタハ君の面倒を見てくれていたこのお店のオーナーGulgunさん。いつ行ってもまるで家族のようにもてなしてくれる素敵な女性です。


甘いけど全部飲み干しました

甘えついでにタハ君のお守りをお願いして村を散策。道端のベンチでのんびりフルーツワイン試飲。



トルコの超人気歌手タルカンがシリンジェ村に別荘を購入したらしく、小さな村ながらますます知名度が上がると思われます。不思議な魅力のあるシリンジェ村、セルチュクに来られる方は是非訪れてみてください。



category
たまにはおでかけ

ぺんしょん改装(ほぼ)終了


ぬるぬるとぬるぬると改装し続けたぬるぺんしょんですが、

なんとなく営業できる状態になりました。

まずは外壁の修復とペンキ塗り替え。

終了間近に撮影し、


お恥ずかしい写真ですがせっかくなんで公開

ビフォーアフターを1枚に収めることに成功。こうして見るとかなりひどかったようです。テヘペロ。

全室内の修復とペンキ塗り替え、一階の憩の間作成、全椅子ペンキ塗り替えと革張替、キッチンの水道修理(なぜかいきなり壊れた)、看板犬たちのシャンプー、もろもろの備品購入・・・・・。

永遠に終わらないかと心配でしたが、なんとかなりました。

そして、枯れてしまったブーゲンビリヤの代わりに、エントランスは、


我が家とリンクしているんです実は

なぜか瓦のゲート。わしが来日している間にラマザンが作ってしまっていました。

白とブルーの外壁にマッチしてねー!と訴えると、「キャップだけだから。」

玄関は、顔なんですね。なるほどー。(キャップという言葉にウケてもうどうでもよくなった。)

それにしても、夜ぼんやりと光る赤い電球ランプが伏魔殿のようになってしまったぬるぺんしょん。

全体をそういう路線で行くのはわし的にはアリなんだけど。(ホーンテッドぺんしょん)



あ、屋上ですが、

ちょっとバーぬるぬるは来年に持ち越しです。

(時間切れ&お金切れ)




category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ

ぐにーんあぽー


おなじくセルチュク在住のえみさんに編んでいただいた、貴重な帽子。

(今のところ)髪の毛少なすぎるタハ君、ちょっとしたこざむい日に家の中でも重宝しています。


気をつけー!なぜ?

青リンゴ。

えみさんありがとう!!!



category
ぬるぬるな日々