Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

トルコの結婚式~これが本番だった~


ものすごい席数です

姪っ子セリンちゃんの結婚パーティー3回目。いよいよ最後の本番は、クシャダス市外にある海辺のホテルです。


トルコで野菜スティックなんか初めて見たヨ

テーブルごとのつまみや野菜スティックに加え、一人ずつお料理も出ます。そしてなんとびっくり、お酒も出た!イスラム教の国とは思えないほどじゃんじゃんお酒が運ばれていきます。


みんな大きくなったな~

新郎新婦の登場まで写真撮影大会。2週間前に無事アーミーから戻ってきたムスタファを含め、かわいい甥っ子たちもみんなパリッとキメてきました。ラマザンはクイズ番組の司会者風。


お化粧にマニキュアまで!

まるでお姫様の姪っ子トゥアナはアスカが大好き。くっついてチューしてらぶらぶ。


茶目っ気たっぷりのアンネ

アンネがお化粧してきたのにもびっくりだったけれど、なんとカラコンまで入れていた(おそらく娘たちのしわざ)。しかし途中でギブアップしたらしく片方だけってのがウケる。


厳しくてやさしいババ

体調を崩してだいぶ痩せてしまったババ。この日もゆっくりゆっくり歩いていました。


お姫様に戻ったセリンちゃん

いよいよ新郎新婦の登場、もちろんダンスでスタート。


大役を仰せつかったチャラ男

数曲踊ったあとは、調印式。サインなどをする証人の一人に選ばれていたのでクイズ番組の司会者も檀上へ。


おでこってのがいーね

おでこにチューして拍手で終了。


なんも見えねー!

ダンス再開に伴い、花火スパーク!火花がすごくて二人が見えねーー!あぶねーー!!!


セルチュクでカラオケ屋したら儲かるかも

その後、踊りながら歌うセリンちゃん。もうなんでもあり。




この後も宴はまだまだ続くのですが、サンダルが壊れたのと、あまりの寒さに帰宅。屋外でしかもビーチ沿いって、なんで前もって言ってくんないの?



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ

トルコの結婚式~クナゲジェシ編~


先週の金曜日と日曜日、姪っ子セリンちゃんの結婚式へ行ってきました。しかし去年の秋にやったあれは何だったんだろう。おそらく婚約パーティーだったんだと思うけれど、だとしたら婚約でもうご祝儀集めちゃうんだ。ちゃっかりしとんな、トルコ人。


セルチュクにも実は存在する星付きホテル

会場は前回と同じく、四つ星ヒッタイトホテル。この日はクナゲジェシと言って前夜祭のようなもの。従来は女子のみが集まってヘナ(手に施すペイント)をする集まりなのですが、最近では男性も参加して祝うパーティーのようです。


タハ君口のまわり真っ青になりました

テーブルには新郎新婦のイニシャルクッキー。


結婚式では新婦の父が主役

まずは新婦と新婦の父がスローナンバーで踊ります。セリンちゃん大泣き。


コーヒー屋のおねえさんのボリュームが素晴らしい

ぼちぼち参加者も加わり踊り始めます。


中東女性は美しい

前回の婚約パーティーのときはかわいらしいお姫様のようなセリンちゃんでしたが、今回はアラブの大富豪の奥様といった雰囲気。ゴールドがよく似合う!


鳥の求愛のようなダンス

そして新郎が登場し、二人の舞。
ダンス命のトルコ人、宴は深夜過ぎまで続くのですが、あまりの音楽の大きさに(打ち込みプラス生バンド)長居できず、1時間半ほどでギブアップ。


次回は本番の結婚式の様子をお届けします。




category
ぬるぬるな日々

春はひきこもりの季節


晴天だと思っていたらあれよあれよという間に悪天候に一転、という春のセルチュク。
おかげでひきこもりが数日続いていたのだけれど、今日は土曜日。マーケット行って、ひさーしぶりの日本人のお客様の予約があるぺんしょんをのぞいて、レストランに行って、と張りきって出かける準備をしていたら、急に雨が降り出した。しかも強風。がんばって車で出かけるかとも思ったけれど、雨の中ベビーカー押して青空マーケットを歩く根性がわしにあるか、と自問していたらタハ君そんなわしを援護するかのようにお昼寝を始めてしまった。そしてダメ押しで出前が届く。出かける気は一気に失せた。


プラカップは洗って再利用

今日の出前。
チョプシシ(羊のこま切れ串)とキョフテ(トルコハンバーグ:パンの下)と、ヤプラックサルマス(ぶどうの葉のごはん詰め)とカバックドルマス(ズッキーニのごはん詰め)。トマトのふたがかわゆい。そしてパン一本。このラインナップを見て、ヨーグルトを切らしていてすごく悲しくなったわしは、もう完璧なトルコ舌になっていると思われる。


日本だと2000円くらいするかな?

デザートは、昨日ご近所さんからいただいた桃。タハ君とがんばって食べているけれど、一向に減らない。

出かけなくても生活できることのありがたさ。





category
ぬるぬるな日々

大好きなCM


Folkartというイズミルにある、ショッピングセンターや学校、スポーツジムなどを備える巨大な集合住宅施設。そのCMが、大好きなんです。




もうこの人、トルコのジェームズ・ボンドって言っていい。

これでもかーゆうぐらい忙しい、慌ただしい、水のボトルに突っ込んでぼかーんっっ!!ほんでケータイに来たメッセージは「Yemek hazir...Nerede kaldin?=ごはん出来てるよ。どこにいるの?」嫁よ、それどころじゃない。

馴染のあるイズミルの景色も見ていて楽しいです。




category
ぬるぬるな日々

旬を食す


野菜や果物が安くておいしいトルコ。この時期は新玉ねぎにハマる。


シリンジェブレッドもうまい

レンジでチンした新玉ねぎをバターでさらに炒め塩こしょう、それをベルガマチーズといっしょに卵でとじ、パンにのせて。甘み強烈。フォークは待ちきれないタハ君のしわざ。


なんとなくお尻っぽい気がします

そんな甘くておいしい新玉ねぎをダイレクトに味わうため丸ごと煮てみました。ブイヨン、ちょこっとお醤油、ローリエ、黒胡椒。切らないから旨み凝縮。アルザスで食べた玉ねぎタルト、今度作ってみよう。



元々はアンネのお花でしたこれ

「母の日おめでとう。」レストランで忙しくしているラマザン、お花を抱えて帰ってきて、急いでまたレストランへ行ってしまった。

この花、ぺんしょんにあったような。




category
アヤコのなんちゃって料理

ツール・ド・ターキーがやって来た


先月4月24日にイスタンブールでスタートし、本日5月1日の第8ステージで幕を閉じた、第52回、Cumhurbaskanligi Bisiklet Turu(=Presidential Cycling Tour of Turkey)。要は、国を挙げての自転車レース。地中海沿岸のマルマリスから最終地点の我らがセルチュクまで約200キロもの道のりを、外国人の方を含めたくさんの方が自転車で来られたのですが、我らパヤマ・レストランの前がルートになっており、今日はたくさんの参加者が通り過ぎていきました。


健康的な人たちと不健康的な4人組

沿道でカメラを向けて手を振ると、こんなに清々しい手放し運転でポーズをとってくれました。


自転車を止めて、いちご狩りを楽しんでくれた方々もいらっしゃいました。

どんなレース???




category
パヤマ・レストラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。