Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

買わなきゃ夢は見られない


日本の唐揚げはおかしの味

びんぼー暇なしだけれど、せめてクリスマスランチでも。「1時半に帰って来い」と言ったら1時25分に帰ってきた。この人のこういうところって全然トルコ人らしくない。ラマザンの好物スパゲティグラタン(お皿に盛りつけてくれたけどあせってテーブルにこぼしまくり)、鳥のクリスピー唐揚げ、ラハナ・ドルマス(トルコ風ロールキャベツ)。食後も仕事で車に乗らなければいけなかったので、しぶしぶソーダ。


見た瞬間「あーーー!」と叫んだ

1カ月前に買っておいたタハへのクリスマスプレゼントは自分で組み立てられる船。そんなことできる頭と器用さなんてない。今日も一生懸命パーツをかじっている。


鼻の頭の脂つけたら当たるって昔言ってなかった?

ラマザンへのプレゼントはタバコ1箱とこれ。そう、トルコにもあるんです、国営年末ジャンボ宝くじ。配当金4分の1チケットで15リラ、2分の1チケットで30リラという高額っぷりですが、当選金額もまさにジャンボ、約20億円です。6枚買ったのだけれど、販売所のおばちゃんが合計をどうやっても計算できず、わしが一枚ずつ手に取って数えてあげたのだけれどやっぱりいまいちしっくりこない顔してた。20億円のチャンスをあのおばちゃんから買ったと思うと、ちょっと心細い。
当たるわけないと思いつつ、当たったらポルシェ!と夢を見させてもらっている。しかし、今まで意識しなかったけれど、宝くじを買うと年末気分が非常に高まることに気が付いた。おせちもお雑煮も初詣もないけれど、宝くじに年の区切りを感じさせてもらった。




スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理

またみつけた


大きなA

「エー。」



category
ぬるぬるな日々

性懲りもなく営業中


フルーツぱ~ら~的なテント色

閑古鳥ですが、おかまいなしにマーケットコーナー増築。


みんながんばれー。(ヒトゴト)

炭火焼きステージは道路から見えるところへ建て直し。


よっ!ひょっとこ!

ひょっとこタハと、邪魔されてもうれしそうな甥っ子ムスタファ。


ここはトルコ、これでいいのだ。

みんなで頑張って書いてくれたっぽい本日のメニュー。文字、ちっちぇーーー。

こういうポスター作りとかデザインは好きな方ですが、あえてやらないことにしています。理由はいくつかありますが、まあ、見てておもしろいので。


大将、星、みっっつっ!!!

先週末はご予約を頂いていたこともあり、手首折れた大将が頑張ってSulu Yemegi(=煮込み料理)の仕込みをしてくれました。
(上段左端より右へ:ムサカ(茄子と挽き肉の煮込み)、煮込みキョフテ(ミートボール)、ヤプラックサルマス(葡萄の葉で巻いたご飯)、ギュベチ(ラム肉煮込み)、ビベルドルマス(ピーマン詰めご飯)、マンタールカシャールペイニーリ(大ヒラタケの煮込みチーズのせ)、ターゼ・ファスリエ(いんげん豆のオリーブオイル煮)、オト(ノブキとディルの炒め煮)、タヴック・チョルバス(鶏肉と細パスタのスープ))

トルコ語で、Sulu(スル)は水分のある、 Yemegi(イエメーイ(キ))は料理、要は煮込み料理、みたいな意味なのですが、今日なんとなくグーグル翻訳してみたら、

ジューシーなお食事

と出た。年の瀬近くに今年一番の笑いをありがとうグーグル。


春まで洗ってもらえない異臭騒ぎ親子

ジューン「閑古鳥なのにあんなに料理仕込んで、どうすんのかしらね。」

ぱむ「ボクにはわかりまてん!(キリッ)」




category
パヤマ・レストラン

洗濯ばさみはA


ますますもう少年のタハ

まだ何も話さないタハですが、アルファベットのAからZまで、数字の1から10までは数えられるようになりました(英語)。


洗濯バサミってかわいい

Aなんだそうです。


category
ぬるぬるな日々

大根は日本の味


大根足ってこういうこと?

こんなトルコのド田舎では日本の食材はほとんど手に入らないけれど、冬のマーケットでは大根が並ぶ。去年まではひょろっとした小さいものしか見かけなかったのに、先週のマーケットで立派なセクシー美脚大根を発見。お値段は2リラ(約70円弱)。日本でも大根ってこれくらい?の値段だったような?気がするので(ここでおねいちゃんの喝が入りそう)、トルコ野菜としてはあまり安いほうではないかもしれない。
でも買った。なぜかと言うと、この寒さでおでんが恋しくなったから。そういやこないだ同じくセルチュク在住の日本人妻えみさんにおでんの素もらったんだった。


昆布巻きがあればうれしかった

どんこ椎茸は24時間水戻し、材料の全てを別々に下ごしらえして、最後に一緒の鍋に入ってもらい、おでんの素プラスちょっと自分流に味つけ、丁寧にアクを取って煮込んだ。練り物が入らないとビジュアルはおでんにならないということに気付いたけれど、練り物なくていいし今回の主役は大根なのでこれでよし。


ラマザンに怒られるたまごの硬さ

ゆず胡椒と一味唐辛子をかけて。トルコの冬の根菜と言えばカブ。いろんな種類があってどれもおいしいけれど、大根はやはり大根。日本で大根を食べて育った我々にとっては「これこれ!」と思う味。熱燗があれば言うことないけれど、ビールがあるだけでしあわせと思うことにする。



category
アヤコのなんちゃって料理

スィミットのポテンシャル


「今から1分後に帰るからすぐに玄関のゲートを開けろ!」バケツひっくり返したような大雨の朝8時、ラマザンからの電話はなぜか鬼気迫っていた。
居間でセキュリティモニターをチェックしつつ、車がとまった瞬間にゲートを開けるボタンを押した!がしかし、こんな時に限って調子悪くなぜかゲートが開かなかったという運悪い人は、ずぶぬれになりながら「早く早く!あったかいうちに食べろ!!」そう言ってお皿でフタをしたお皿を手渡し、雨とともに嵐のように去って行った。


牛1800頭パン

朝食の出前は久しぶり。お皿のフタを開けると、ほかほかスィミット(ゴマたっぷりリングパン)が、ゆるゆる卵とじにされたトルコソーセージとチーズたちをたっぷりサンドし、めちゃめちゃいいにおいを発ち放っていた。正直言って、トルコ人の方々のこのパンに対する愛情があまり理解できないわしなのだけれど、今年一番の朝食と言っていいほど驚きのおいしさだった。
悔しいけれどすぐに電話して、「とてもおいしかった。これのお店出しんさい。他の人じゃ上手に作れんから一人でやりなはれ。1個5リラで1日100個売ったら500リラになる。諸経費差っ引いても儲けある。」と伝えた。



出前、当分来ないような気がする。



category
ラマザンの男の手料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。