Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

馬主になった少年


ラマザンが以前働いていたホテルのオーナーの弟は、8年ほど前に病気で亡くなった。
当時、彼には生まれたばかりの息子がおり、父を知らない赤んぼ(仮名:のぶお)は、それでもこの国特有の、家族親戚ご近所さん、その他いろんな人にやさしく見守られて育てられるという環境に育ち、ようやく今年3年生になった。
明るく朗らか、そして、なんと説明していいか適切な言葉が見つからないけれど、例えて言うならえべっさんのような、そんな笑顔で「ラマダンあーびー、なすーすん~?(ラマザンにいちゃん元気?)」と、誰かにもらったであろうかぼちゃを抱え通り過ぎてゆく。ポケットの中の小銭を彼に託すラマザン。「てしぇっきゅれ~。(ありがと~)」と大きく手を振る彼。

のぶお君の家族は、週に200円ほどの野菜で生活をしている。

しかし、のぶお君は今、競走馬の馬主である。


3年ほど前、ボドルムに住むある初老のご夫婦がセルチュクを旅行で訪れた。町中で偶然のぶお君を見かけ、会話をし、のぶお君の父が亡くなったことを知る。「ボドルムへ遊びにおいで。今からいっしょに行こう。」と言うと「おかあさんに聞いてからでないとね~ぇ。」と家に帰る。のぶお君の母は「行きたいなら行っといで。」という反応。ご夫婦はのぶお君と一緒にボドルムへと出発した。

夫婦は、車内でいろんな話をしながら、のぶお君にひとつ質問をする。「のぶお君の夢は、何?なんでもいい、ひとつ教えて。」のぶお君はこう答えた。「馬が欲しいんだよね~ぇ。でも、普通の馬じゃなくって、競争する馬。おっきくって、走るの早くって、かっこいい馬。」すると夫婦は車を違う方向へ走らせ、ムーラという町の、とある馬場へ行き、一頭の真っ黒い競走馬を買う。馬をのせたトラックと共にセルチュクへ戻り、のぶお君に別れを告げ、そしてボドルムへと帰っていった。

ここトルコでも、いい競走馬一頭は、いい車を新車で買うような値段。ラマザンは「あの馬は、アッラーからのぶお君へのギフト。」と、いつもうれしそうな顔でこの話をしてくれる。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々

クシャダスでイカタコエビいわし


クシャダスでよく行くシーフードレストランは「アリババ」。海にせり出した解放感バツグンの店内でおいしい料理を楽しめるお店なのですが、冬はどうも品数少なく、しかもちょっと素材自体がなんだかな~、という感じ。というわけで、最近のお気に入りはゆみちゃんとも行ったKazim Usta Restaurant。ラマザンと行った時も「ここはいい店だ。老舗だよ。」と、前から知っていた様子。というわけで、友人とランチしにまた行ってきました。二人ともジャージで行こう、何のスポーツしているか聞かれたら「水泳です。」と言おう(サッカーとかだったら”やってみて!”とボール持って来そうだから)と、打ち合わせして行ったのに、誰にも何も聞かれずなぜかスルーされたジャージ女二人組が食べたのは、


生にんにくがたまりませんよね!(杉本彩風に)

前菜、ブロッコリーかカリフラワーかが伸びたようなよくわからない野菜。にんにくたっぷり、酸っぱおいしい!ちなみにここのサラダ、今回は頼みませんでしたが、根菜がほどよく取り入れられていて大好き。


おいしい扇たち

今回のお目当て、扇のようないわし。これが大当たり。外はカリッと、中はふわっとしてサイコー!


安定の味

イカの詰め物と大海老のグリル。味はもちろんのこと、焼き加減も絶妙。


前のを知っていなければこれはこれでよかったかも

そして、待てども待てども来ないから「タコ、来ないの?」と聞いた後やっと出てきた忘れられていたタコ。これだけは正直前回のおいしさが素晴らしかったので微妙な食感。数日経った感じが残念でした。


しかし、タコの残念さを差し引いても十分満足のいく内容だったのでまた行くと思います。食べやすいジャージで。




category
たまにはおでかけ

別れ


3日前までパヤマ・レストランで働いてくれていた、我らのシェフ・オメールウスタが急逝しました。

タハだけではなく、ジューンとぱむっくの面倒もよく見てくれていたウスタ。たった1年弱ですが、たくさんの思い出を残し、旅立っていきました。

人生、いつどこで何が起こるかわからない。頭ではわかっていますが、心で受け入れるのは難しいです。



ニワトリフィールドの完成!


味のチェックは欠かしません


「今年の夏にはおむつなしで遊ばせよう」と言ってくれた


ありがたいこってす




category
パヤマ・レストラン

ちいさなしあわせ


この国に自動販売機があったら、お釣り出るとこに手ー入れて町中歩き回るぐらいピイピイですが、ぺんしょん改装がやっとこさカタチになりつつあり、ほっとして飲んだビールが格別においしかった今日。まだ完成していない部屋もありますが、来週末あたりには全室ご宿泊いただける準備が整います。


日当たり良好!

4号室。こじんまりとした部屋ですが、日当たりの良いバルコニーが付いております。本日より3ヶ月、長期ご宿泊のお客様がいらっしゃるということで、既存のカーテンで急遽仕上げました。


抜群のせまさが居心地良さをお約束します

4号室は、以前はバスルームのないドミトリーでしたが、バスルーム内臓に改築、シングルあるいはダブルとしてのご利用となります。


広々です

壁をぶち抜いて6号室と合体させ広々と生まれ変わった5号室、こちらにも日当たりの良いバルコニーが付いております。ちっこいですが薄型テレビもご用意しました。


うまく撮れにゃい・・・

バスルームも新しく生まれ変わりました。


バスルーム重視の部屋です

7号室はバスルームをおよそ2倍の広さに改装、その分部屋が狭くなりましたが、シングルあるいはダブルとしてのご利用であれば十分の広さです。バスルーム内部は今週中に出来上がる予定。


思い出の8号室

そして8号室。部屋の中にあったバスルームをなくし、廊下にあった共用バスルームの壁をぶち壊して一体化させたので、部屋は広々、


鏡が大きくて身支度らくちん!

両手を広げてシャワーできます

バスルームも広々、大きな鏡も配置しました。


壁という壁をぶち壊したぺんしょんを見ながら一時はどうなることかと思いましたが、どうにかなりました。残るは一階と庭周辺ですが、全体が出来上がるのはおそらく春ごろ。花々が咲き始める良い時期を目指して仕上げていければと思います。




でこぼこ道で尻がいてーのなんの

ぺんしょん改築で出た廃材を、売れないピアニスト風のラマザンの運転で、タハを含めみんなで乗っかってきゃいきゃい言いながら再利用先のパヤマ・レストランへ運ぶ。近所の方が快く貸してくれたトラクター、感謝。

贅沢できるお金はないけれど、田舎の生活には心が満たされるものがたくさんある。



category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ

信頼を得るということ


「こんにちは。私の名前はアレクサンドラ、ポーランド人です。去年の8月5日から夫と二人で2日間ぬるぺんしょんに宿泊しました。チェックアウトの際、あなたたちに一つお願いをしました。運びきれない荷物(ナイフやグラス等)を箱詰めし(1キロ200グラム)、30リラと私たちの住所を渡し、送ってもらうよう頼んだのです。承諾してくれ「我々を信頼してくれてありがとう。」とさえ言ってくれました。そうです、信頼して渡したのですが、荷物がまだ届きません!!!郵便局へ行く時間がなかったのでしょうか、何かトラブルにでも巻き込まれているのでしょうか、それともお金が足りなかったのでしょうか。数か月待っていますがまだ届きません。教えてください、何が起こったのですが?なぜ荷物が届かないのでしょうか?そもそも送ってもらえたのでしょうか?なぜ連絡がないのでしょうか?辛抱強くあなた方からの返事を待っています。返事がなければ、宿泊予約する際に利用したネット予約サイトへ連絡し何らかの処置を取る意向です。しかし、それはしたくありません。お願いです、何が起こったのか、連絡をください。私たちがそちらへお邪魔したとき、あなたの甥が軍隊へ行く日でした。それでは。アレクサンドラより。」


はい、荷物はぬるぺんしょんの備品として大切に使わせていただいています。預かった30リラはみんなで山分けしました。ありがとうございました。


と返信しようと思ったけれど、エイプリルフールにはまだ早いので正直に事実を説明するEメールと写真を今日送った。


「親愛なるアレクサンドラ。連絡ありがとうございます。荷物は去年の8月、あなた方がチェックアウトされた後にすぐポーランドへ郵送しました。しかし2か月前、受取人不明でまたここまで戻って来たのです。申し訳ないのですが箱を開けさせてもらい、中に入れたあなたが書いてくれた住所のメモを確認しましたが、電話番号が書いておらず、インターネットの予約サイトでは過去のお客様のEメールアドレスへ連絡を取ることはセキュリティ上不可能なので、連絡を取ることができませんでした。荷物はペンションの金庫におさめ、あなたからの連絡を待っていたのです。住所をもう一度教えてください。同じトラブルを防ぐためにも違う住所のほうがよいかと思います。連絡をいただければすぐに送ります。よろしくお願いします。アヤコ&ラマザン」

アレクサンドラからすぐにお礼の言葉と新しい住所、そして「お金を振り込むので口座番号を教えて欲しい。」というメールが来た。
お客様のものはオレのもの、そんなジャイアン的考えは、詐欺師が多いと悪評高いこの国をますます腐らせてしまう。ちいさな約束を守りお客様との信頼関係を築くのは、どのような仕事でも一番大事なことではないかと思う。

ちなみに、「連絡を待とう。」と、戻ってきた荷物をすぐに金庫へ入れたのはラマザンだった。



category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ

カッパドキアからのお客様


今日は曇り空、おてんとさまが出てないとさすがのエーゲ海地方も寒い寒い。

しかしそんなこっちゃ言ってらんないので、レストランでなんやかんやと働いた後みんな(甥っ子&アフメット少年&わし)でサンドイッチを食べ、さーてお次はぺんしょん、と車に乗ると、1台の車が止まった、しかも路上でなくきちんと敷地内へ入庫。甥っ子ムスタファが「イェンゲ、ご家族連れだけど、奥さんたぶん日本人だよ。」と言う。まーたまた、アジア人だからってみんな日本人なわきゃないじゃん、と思ったけれどせっかくなんで接客しようと車から降りた。
すると「あのー、ブログされてますよね?」と、日本語で話しかけられた!ムスタファ、君の勘は合っていたぞ。


こんなド田舎へようこそ

カッパドキアにお住まいのMさん(写真顔出しご了承ありがとうございました。)日本語完璧べっぴんさんのお嬢さんMちゃんに元気いっぱい御子息のD君。とてもやさしそうなご主人は快く写真撮影を引き受けてくださいました。車でのご旅行中寄ってくださったのですが「もっと何にもないところかと思ってました。」とMさん。十分何にもないと思っていたのは気のせいか。
この日は寒くって風強くって、写真のわしの顔ひきつっているけれど(大きく見えるのはそのせいです。)「カッパドキアはマイナス10度とかですよ~。(笑)」と。これくらいの寒さなんてへいちゃらなMさんご一家が輝いてみえました。


わんぱくでもいい、たくましく育つんだよ~!

息子さんのD君、石いっぱい投げてくれて、おばちゃんうれしかったよ!


Mさん、商品ご購入ありがとうございました。またセルチュクか、カッパドキアかでお会いできます日を楽しみにしています。


category
パヤマ・レストラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。