Entry Navigation

もう止まらない


「なんで2才過ぎたのに何もしゃべらない!?」
そう不思議そうに聞いてくる遠い親戚や顔見知り程度の人たちに、「タハは3ヶ国語を頭に入れようとしてるんだよ、時間がかかるの当たり前じゃない!」と憤慨してくれるラマザンの家族たち。タハだけではなく、わしのこともあたたかく守られているように感じる。

2才5ヶ月を過ぎたタハ。今月に入って急にいろんな言葉をしゃべり始めた。

AからZまで言う、1から20までを数える、太陽から順番に惑星を8つ言う、四角・三角・楕円などの名前を言う、色は10種類ほど、これらは全て英語。トルコ語はババ(おとうさん)と「タファばーびー(ムスタファアービー=ムスタファおにいちゃん)」くらい。今まで日本語は聞いて理解するだけだったけれど、「おいしー」「でた(大きいほう)」など言うようになった。

朝から晩まで繰り返して言う英語の文章は、「Yes,it's a circle.(はい、それは丸です。)」circle(丸)の部分を違うものに置き換えて言うという応用もきく。「Yes,it's a saturn.(はい、それは土星です。)」など。昨日は「Yes,it's a でた。」と言っていた。


ジューンではないとは思うけど

これを見ると必ず「じゅーん、ぽぽ、うふうふ!(ジューン、ぱむ、わんわん!)」と言う。


「お願いだから黙っといて、っちゅう日が来んねん。心配ないない。」と大阪の友人に言われていた日が、そろそろやって来るのだろう。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々

サイケな煮物


どっか行進していっちゃいそうなみなさん

パザルで見つけた紫にんじん。気になるけれど、なんだか朝鮮人参のような風貌にビビり、売り子のおっちゃんに「これ、カラい?」と聞いたら、「甘い甘い!」と笑われた。半キロ購入、1リラ(約30円)。帰宅して調べて見ると、きれいな色に加え普通のにんじんよりも栄養価に優れているそうで、日本では半キロほどが約600円でインターネットで売られていた。20分の1の値段で買えたと思っただけで、食べる前からもう満足。


野菜はピクルスが一番だね

とは言え食べないと30円がもったいないのでピクルス作成、思ったとおりの色に仕上がった。味は、正直フツーのにんじんと変わらないけれど、きれいな色の物を食べるのはなんだか気持ちよい。
さて、まだ3本ほど残っている。リークがあったので一緒に和風だしで煮込んでみた。


思わずジミヘンを口ずさむ

バスクリンの紫って、こんなんだったよな。




category
アヤコのなんちゃって料理

それでも楽しい節約生活


我らパヤマ・レストラン、閑古鳥ながらものんびり楽しく営業中。しかし無駄な出費は命取り、趣味も兼ねてDIYに励む。


フェルトで男性人形でも作るか

日本から持ってきた油絵具が初めて役に立ったのはトイレのサイン。そこらへんの木を拾って下塗りし、1週間乾くのを待ってからフリーハンドでちょちょいと描いてみた。女性用にはちょうどいい人形があったけれど、男性用にぴったりのものがなかなか見つからず物色中。


看板として第二の鍋生を送る

お役御免となった古いお鍋もトイレ用のサインとして再利用。作成時間3分。


オレのカンバス

レストラン裏で見つけた古い白ペンキを使い、トイレ横の壁も下塗り完了。ここに何を描こうか悩んで、甥っ子ムスタファに「ケルスス図書館を描こうと思うけど、どう思う?」と聞いたら、「それは何?イェンゲ。」と聞き返された。ネットで写真を検索して見せてもなんだかピンとこない顔してた。世界遺産となった地元のエフェス遺跡ですが。




手折られてもなおたくましい野菊

国際女性デーだった3月8日。”いかなる記念日でもプレゼントは何も買うな指令”を出しているわしに、山で野菊を摘んできてくれたラマザン。小さい頃の経験から手折った野花はすぐにしおれると思っていたけれど、4日経った今でもかわいらしく元気に咲いている。




category
パヤマ・レストラン