Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

お年寄りと言われた日


パザル(青空マーケット)でよく見かける冬の野菜、Sevketi-Bostan(シェヴケティボスタン)。ロカンタで何度か食べたことがありいつか自分で作りたいと思っていたのだけれど、ぼちぼち出回るのも終わりかけの先週のパザルで見つけたので、何の野菜かよくわからないまま買ってみた。


ウドってこんなんだったよね?
(画像はどこからか拝借しました)
ウドの一種かと思っていたけれど調べてみるとこれはアザミで、主にエーゲ海と地中海方面で食べられるそう。そこらへんに生えている雑草のような草類もパザルで堂々と売られているトルコ。食に対する柔軟さと貪欲さが、世界三大料理と言われる所以かもしれない。


黒胡椒が味の決め手

仔羊肉のこま切れと煮込むのが一般的な食べ方。というかそれしか知らないのでそれで。にんにくと黒胡椒を利かせると本当においしい。意味はよくわからないけれど、滋味深いと言いたくなる味。
仕事中のラマザンに出前したら、居合わせたラマザン姉夫婦に「トルコでも年寄りしかこんなにおいしく作れない料理。」と言われ、残りも全て持ち帰られた。

ほめられたはずなのに、なんだろうこの微妙な気持ち。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。