Entry Navigation

温泉・ラムロカ・石灰棚


オレのとらっく

そういやわし、車買い替えたんですがね。
購入時ミュージックシステムが壊れていたのを直してもらったんで、せっかくなんで音楽聴きながらぶいぶいどっか行っちゃおうぜってことで、温泉浸かってラムロカでビール飲んでビビンバ食いに行くことにしました。往復約8時間のドライブを快適に過ごすため3日間かけて作った、わしリミックスUSBをぶっさし、ゆみちゃんとタハとパムッカレへGO!


これ、前からあったっけ?

まずは宿探し。パムッカレから10分ほど走ると現れる温泉町カラハユット。ラム子さんから情報を頂いていたECE OTEL(エジェ・オテル)は、部屋きれい、地下に温泉とプールあり、部屋にもバスタブと温泉が引かれており、朝食付きで1室150リラ(約5000円弱)。まずは部屋でビールで乾杯、そのあと塩素臭たっぷりのプールで3人でがんばって泳ぎ、本番ビールへの準備万端。タクシー(ただの個人の車だった)でラムロカへ。


ケント君、いい子!

ラムロカに着くと、酒飲みのわしらの心をがっちり掴む酒の肴がたんまり出てきた!鳥の唐揚げ、山芋おくら、きゅうり味噌添えなど。食って飲んでしゃべくって、最高に楽しい晩酌。買って行ったアジサイに、おととし持参したわし作のお祝い札を刺してくれたラム子さん。まだ持っていてくださったなんて、恐縮。


職人さん腕だるかっただろうな~

前は気が付かなかったけれど、ラムロカにも石灰棚が。


宿に持ち帰った海苔巻

予定どおりビビンバも食べたけれど、一生懸命飲んでいたので写真はこの肉入り海苔巻のみ。どれもこれもとてもおいしくいただきました。


犬に乗りたい気持ちはわかる

乗っかってすみません。


ソファーに立ってすみません

店内でパラパラ踊ってすみません。


ひっそりとしたパムッカレの夜

遅くまで長居してすみません。そろそろ宿へ戻ります。


雪ではないので寒くはありません

翌日。石灰棚へ歩くゆみちゃんとタハ。白いのは雪ではありません。入場料を払って中へ入ろうかどうしようか真剣に悩みましたが、ちびっこがおとなしく歩けるとは思えなかったので断念。


腹ぱんぱん!

というわけでまたもやラムロカへ。チャーハン、焼きそば、春巻きという完璧な中華ランチ。



おいしいお食事をありがとうございました、ラム子さん。忘れて帰ったタハのおもちゃが、またパムッカレへゆけと言っているような気がします。


スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ

ラマダン中のシリンジェ村


スルメ犬どこ~?

朝8時、ラマダン中(絶食月)のシリンジェ村は、ゆっくりと静かに明けていきます。


スルメ犬~、この先かな?

いつもは観光客で溢れかえるこの村の、本当の顔が見える時。


生まれ変わってもこの花にはなりたくないなぁ

このお花、どんな香りでしょうか。


なぜか床がびしゃびしゃでした

ふらりと入ったロカンタで朝食。


ちいさなことは気にしないのがトルコ流

ゆうべ雨が降ったと、お店の人が言ってました。


揚げパンがうまい!(カロリーって、なに?)

ピシ(揚げパン)にジャムを塗ると最高においしい。ちなみに昨日パムッカレで朝食食べたんですが、ジャムが一つもない代わりに干しブドウと干しいちぢくが出ました。ドライフルーツってどうやってパンに塗るの?


砂糖水たっぷりバクラヴァがうまい!(ダイエットって、なに?)

出来立てバクラヴァ。少し購入。


葉っぱの飾りがキュート

そこらへんの木からどんどん落ちてくる桑の実も、丁寧に拾ってカップに入れれば立派な商品。


後ろ髪が長くてあせもができる子

ラマダン中でいつもよりもっとゆったりとしたシリンジェ村。朝は特におすすめです。




category
たまにはおでかけ

エントリーナンバー59番 ~海女さんふたたび現る~


あれから3年、満を持してイスタンブールのジャングルからふたたびお越しくださいました、


上から撮るといいそうですプロのカメラマンによると

レオパードSさん。せっかくなんで、チェックイン直後にウェルカムドリンクしにゆみちゃんと3人でクシャダスへ向かい、いつものKazim Usta レストランへ。途中で寝てしまったタハは、


おっちゃんナイス!

チャイルドシートごと店内へ移動。「床でいいです。」と言ったのだけれど、いやいやー!!と、テーブルの上へ設置してくれた。まわりに他のお客様がいらっしゃらなかったとはいえ、これがトルコのすごいところ。舟こぐ銅像タハを見ながら食事。ここはシーフードがおいしいけれどメゼ類も絶品。今回のヒットは、


ガーリックももちろん完食

ちび玉ねぎのグリル、ガーリックザクロソース。ガーリックだけになったお皿をさげられそうになったときのSさんの「まだ食べる。」と言ったときの目が怖くて今夜も眠れません。


ハラキリ痕に海水がしみる

食事の後はSさんのご希望でエーゲ海、クシャダスのレディースビーチへ。だらりとビールを飲むわしとゆみちゃんと、


獲ったどー

小魚をゲットするSさん。


鳩の島

水の冷たさに生まれたての小鹿なみにガッタガタ震えはじめた小魚。もう帰ろう。セルチュクへの帰り道に現れる美しいギュウエルジン島に見とれていると、Sさん「車止めて。」


レオパード、ウニを獲る。

エーゲ海で、Sさん素手でウニを獲る。こんなおセクシーな海女さん、なかなかお目にかかれない。


にーうー

前回に引き続き今回もおいしいウニをいただきました。身は少ないけれど味はバツグン。しかし、バキバキ解体中とげとげが詰まった我が家の立水栓、いまだに水が流れません。


火がうそくさいですがホンモノです

翌日は、我らパヤマ・レストランでBBQ。雨上がりのすっきりした夕刻、Sさんからの差し入れロゼワインがうまい。


グルメなソーセージ

そらまめをさやごと焼いたり、ひらたけ的なやつをカリッと焼いたり。このあとメインはセルチュク名物チョプシシと鶏手羽。おなかいっぱいになった後もすんなりお開きになるはずもなく、我が家で朝まで飲み続ける。

富士山の天然水っておいしいの?

感謝感激、たくさんお土産もいただきました。うち、湯船ないけどバブうれしかったです。

イスタンブールのジャングルへ、近々遊びに行かせていただきます。やーくんだ、ぎゅりゅしゅりゅーす!




category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~