Entry Navigation

トルコ人がトルコ料理を作ってくれた


流しびしゃびしゃ

「メシ食ったか。まだ?今から帰って作る。」突然の電話から30分後にスーパーの袋をぶら下げて帰ってきたラマザン、料理をはじめた。「なんで最近メネメン作ってくれんのん。」と、ぐちぐち言う料理しない妻のためにメネメンを作ってくれている模様。ちなみに、トルコに来て4年も経つのについ最近までメレメンだと思ってた。まあどっちでもいいけど。


たまご5個!贅沢~ぅ

たまご5個のメネメン、これだけでも3日分ぐらいの食費かかってそうなのに、仔羊肉も炒めはじめた。盆と正月がいっぺんに来た。


絶妙な火の通し具合

トルコに来てしばらくの間、毎日料理してくれていたラマザンの料理でわしの舌は慣らされた。料理の仕方も教わった。やっぱりこれこれこの味、と思ってしまうのは仕方ない。しかし以前のような刺激的なメネメンとは違い、柔らかくまろやかなやさしい味。


ヨーグルトと仔羊って合うね

ビールも買ってきてくれていた。飲まないと失礼にあたるので仕方なく開けよう。仔羊のカブルマ(炒め物)も、とてもおいしいけれどやっぱりやさしい味。ラマザンに何が起こったのか。

しかし、食後に掃除をしていて謎が解けた。どうやったらこんなに?と思うぐらいコンロとキッチンカウンターに塩がばらまかれていた。誰かさんのマネして上~のほうから塩ふりかけてフライパンに入らなかっただけっぽい。



スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理

ネパール人直伝のカレーをトルコの食材で作ってみた


まだまだ極めたいネパールカレー

夏にわざわざ汗かきながらカラいもの食べる人の感覚疑うわー、と言っていた昔の自分をしれっと忘れたフリしてせっせとカラいカレーを作る日々。
その昔アメリカで教わったネパールカレー(チキン)、基本はにんにくしょうが鷹の爪をたっぷり、そこへスパイスを入れてしっかり炒める。今回は細かく砕いたカシューナッツ、ざくろエキス、そして干しブドウを投入。フレッシュのとうがらしも入れまくって出来上がり。アレンジし過ぎてもうネパールカレーじゃなくなったけれど、おいしけりゃそれでよし。しかし味見してびっくり。この干しブドウ、タネが、じゃりじゃり。


まだこんなに残ってる・・・

トルコでは詰め物ピラフにもよく使われるこれ、袋をよく見ると、CURRANTと書いてあった。カラントとはフランス語でいうところのカシス、違う辞書で調べると、“1 ⇒酸塊 (すぐり) 2 干しブドウの一種で、小形の種なしのもの。”と書いてあった。一体何が正しいのかわからないけれど、この残ったじゃりじゃりの使い道がどうやっても見つからないことだけは確か。



category
アヤコのなんちゃって料理

もうこれで終わりそうな2017年夏


次の日タハの足の裏を見ると切り傷すげかったー

早朝に起こされ、「ビーチ行こう。10分で用意できる?」もう慣れたけど、これ、自分を試されているとは思わないことにした。それでも20分で準備をして出発、1年ぶりのパセリでシーフード。泳ぎたいタハと、コーラのラマザンは食べてすぐにビーチ。ラクを飲み終えてビーチへ行くと、トップレスのかわい子ちゃんと一生懸命遊んでいた。タハはボトムもレス。


頭が下がる思いです。

パヤマ・レストランにプールを買った。パヤマ肺活量コンテスト一位と二位の2人にがんばってもらう。


水代かかってしょうがないから7センチほどでぱちゃぱちゃ

ご満悦。
温泉宿に泊まったおっさんのように、到着後にまず浸かり、おやつを食べ昼寝、そして夕方起きてからまたひとっぷろ、というコースを4日間続け、先週末40度の熱が出た。



category
パヤマ・レストラン