Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あなたが煮込みたいのは誰ですか


贅沢な下敷き

くるみを買った。半キロで5リラ(約160円)。レストランの裏に山ほどある、おそらく日本で買ったらどえらい値段であろう大理石を下敷きに、贅沢に殻を割る。壊れた金槌で。


右脳と左脳

こんな風にきれいに取り出せたのは、半キロのうち3つだけ。二分割する前は脳のようだけれど、割ると肺のようにも見える。小さい頃、ドライブインで買ってもらったナイロンのネットに入ったくるみ。メタルのヘラで割ってみてもほとんどが虫食いだった。


この容器はトルコ語でカヴァノスと言います

3年半前、ラマザンと結婚することが決まって家を探していた。セルチュク郊外の、一日中、外を眺めても野良猫しか見ないような山の中のおんぼろ中のおんぼろの一軒家。家の10倍ほどの広さの庭があり、鬱蒼と茂った手入れされていない庭に、大きな大きなくるみの木があった。こんなところに住みたいね、と言いながら、落ちたくるみを二人で拾って、かじかむ手で割り夢中で食べた。

くるみ。


だいぶ水分減りました

を使ったひつじ飼いさんのレシピをほぼ完璧に再現してみました。ほぼ、というのは、憎いくらい激辛にしたかったので唐辛子を多めに投入したという違いくらい。しかし煮込み続けると弱まるのか、期待したほど憎くはなかった。


おなかいっぱいのカヴァノスたち

これだけの量ができました。お酢が入っているのでさっぱりおいしい。お肉にのっけて食べたい味です。感謝感激、ひつじ飼いさんありがとうございました。

しかし思ったこと。みじん切り下手って、時間かかってしょうがないし手が痛うとやれん。途中ラマザンが手伝ってくれたけどそれでも野菜切るだけに1時間以上もかかった。不器用に加え老眼なんて、あぶないからもう当分料理しない。


こりゃ10年は使うね

今回、というか最近料理をするときに大活躍のこれ。わしのおねいちゃんおすすめのシリコンゴムベラ。理想的なしなりでちっこい野菜の破片もお鍋からくまなくキャッチ、繋ぎ目がなくて衛生的なのが何より素晴らしい。日本で購入、確か1200円だった。今のトルコリラに換算すると40リラもするけれど、きっと10年は重宝すると思う。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。