Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

誕生日に学んだこと


プレゼント買ってきたら許さん、といつも言っているのですが、ラマザン「誕生日じゃないか、ケーキだけでも。」と。ケーキもいらんと言うと、「そんな草みたいな人生でいいのか!」て言われた。草で結構。トルコじゃ雑草だって立派な商品じゃんか、パザルで。


パンとビール、腹膨らむコンビ

物は要らないけどサンドイッチを買ってビーチへ行くことにしました。「ビールは買ってもいい?」と聞いてきたけど、いつも言ってるではないか、お酒はプレゼントに含まれません、と。

途中、車をとめるラマザン「アヤコ、アイワ一個盗んで来て。」言いだしっぺが首謀者、ゆえにわしに罪は(ほぼ)ない。まわりに誰もいないのを確認して畑に入り、良さそうなアイワを吟味していたら「アヤコ、盗みはスピーディーにが基本だ、とろとろするな!」と言われた。わし、44歳の誕生日に泥棒の極意を教わるとは思わなんだ。


めちゃ寒なのに泳いでいる人がいた


飛んでいっちゃいそうなタハ

さっむいのに腰まで海に入って遊んだ二人のどろどろの服を家で洗っていたら、ぺんしょんからラマザンが帰ってきた。「熱いお湯は出るか?バスルームでちょっとチェックしてくれ!」ぺんしょんでシャワーしたって言ってたのに?と思いながらも蛇口をひねりチェック。「フツーに出るけど。」と、キッチンに行ってみると、


タハもでっかくなるんだろうな

トルコ人たちが笑顔で立ってた。


モチーフは、時計?

左から二人目のオウズ氏は今パヤマレストランでシェフとして働いてくれているのですが、パティシエだったらしく(はじめて知った)、手作りのケーキを持ってきてくれました。


指でつつきなさんな!

サプライズ成功~、とうれしそうなみんな。ようこっそり入って来たね~、と笑いながら、何もいらないって言ったけど、大の男たちがコーラ飲みながらケーキ食べるという時間はやっぱり、おもしろく楽しくありがたい。


ルッコラに巻いて

誕生日の夜は、岡山から銀座経由でトルコまでやって来たとっておきのどぶろくを開けようと企んでいたのだけれど、やっぱりなんかもったいなくて開けられない。1リットル13リラ(約400円弱)の赤ワインと共に、おつまみはちょっと贅沢に、一味唐辛子キューピーマヨネーズと焼肉のたれで肉を食う。


もう寝ようかと思っていた頃にまたラマザンが迎えに来た。深夜のパヤマレストランへ行き、また飲み、遊び、泊まる。翌朝、きらきらと朝日がまぶしい中、シェフが用意してくれた朝食をみんなで食べ帰宅すると、停電していた。夕方の6時まで続いた。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。