Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

誕生日の週に食べたもの


誕生日から数日経ったある日、親友がクシャダスへ食事に誘ってくれた。もうおめでたい年でもないけれど、ちょっぴりめかしこんでちびっこ抜きで出かけられる機会なんてそうそうない。タハをぺんしょんに置き去り、飲む気まんまんで一体いつぶりかわからないドルムシュ(ミニバス)に乗り込む。おもちゃやお菓子や着替えが入っていないカバンが軽い。気持ちも軽くなる。


日本よりトルコで食べたほうが回数多いなイワシ

いつものKAZIM USTA RESTAURANT。安定した味とサービスの良さ、もう浮気できない。前菜数種とまずは扇イワシ。この日のヒットは、写っていないけれど前菜で頼んだほっぺたがきゅーっとなるスズキのマリネ、絶品。


ふっくらジューシー

外せないイカリング、さくさくふわふわ。


姿勢のいい海老

このレストランの良いところは目新しい食材があるところ。この日は立派な手長海老があり迷わずオーダー。お行儀よく並んだ手長海老、レアにグリルしてあって最高。

誕生日であることを親友がお店の人に伝えてくれたからか、ワインをサービスしてくれた。いい気持ち。もう帰りたくない。ラマザンに「今日はクシャダスに泊まる。」と伝えると、20分後に甥っ子メルトが車で迎えに来た。シンデレラでも12時なのに、ぺんしょんに着くとまだ7時だった。4時間の自由時間は、あっという間に終わった。


なんか急にふっくらしたような気も・・・

わしがいない間、いったいどれくらいチョコレートもらって食べたのだろう。


酒のつまみはちょこっとずつ

ザギンのお二人からいただいたどぶろく、意を決して開けたのは、日本から酒のつまみが届いたから。Sさんからいただいたまぐろ昆布の佃煮も。甘口原酒と書いてあったけれど、どぶろくとしてはかなり辛口。すいすい飲んでしまうのをがまんして残した半分は、


もにょもにょ粘土

翌日牡蠣の醤油煮といっしょに。もにょもにょとした粘土のような加工牡蠣はフレッシュな牡蠣とはまた別物だけれど、珍味は日本酒に合う。なんといっても、ここでこんなものが食べられるのはやっぱりしあわせ。みなさんに感謝。


ネギはそのままかじります

その次の日、朝食を作ってくれたラマザン。朝からラム肉のソテー。おなかが重いとひきこもり。ひきこもってすることと言えば、


味の決め手はザクロエキス

つまみ作り。ジャキジャキとした食感が楽しいプラサ(リーク)のマリネ。

秋は、こうして体重が増える。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。