ぬるぺんしょん改装の歴史


セルチュクの冬はオフシーズン。

夏に比べるとめっきりお客様が減りますが、

それゆえにオンシーズンに向けてやらなければならないことが山ほどあります。



去年の6月、我々がぬるぺんしょんをはじめたとき、


よくこれで営業してたな・・・

ぺんしょんはぼろぼろでした。

壁のペンキは剥がれ、

看板は壊れたまま、

信じられない位置にストーブの煙突をつけたおかげでススだらけになったバルコニー、

見るも無残な状態でした。

少しずつ改修をすすめ、そして10日後、


ipad2013july 088

ぬるぺんしょんの外装が生まれ変わりました。

そして、その次に取り掛かったのは、


イズミルからやって来たベッドたち

ぺんしょん内の全てのベッドを高品質(害虫が潜伏できない素材)で新品のものに入れ替える、ということ。

ラマザンと何日も悩みに悩んだ末の決断です。

この数年間で見ても、全てのベッドを新品にしたのはセルチュクでぬるぺんしょんだけ。

快適におやすみいただけます!と自信を持って言えることを優先しました。

安価なものにするとへたれも早いので、

痛い出費でしたが、長い目で見るならば正しい決断だったと確信しています。


おじさん腕だるだるになっただろうな~

部屋という部屋のペンキを塗り替え、

キモチワルイソファーは全部捨て、


夏に向けてお庭もがんばるそうです

ぬるぺんしょんの一番の顔であるお庭もきれいにし、


次回は是非夏に来てね!Kご夫妻

まったり座っていただける奥のスペースもええがに仕上がり、

こうして、2013年6月、我らぬるぺんしょんがオープンしたのです。




しかし、

おととい、


あ~あ・・・・・・・。

奥のスペース全部ぶっ壊してる!!!

ラマザン「この下の木は全部古い。虫がおるかもしれん。全部やりかえるぞ。」




たいへんなことになってきました・・・。


つづく。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/102-2e6086c0