夫の手料理スペシャル


さて、ご無沙汰でしたこのコーナー。

年末年始ちょっぴりばたばたしていただけで、何も作ってくれていなかったわけではないので、ここで一挙ご紹介。


じゃぶじゃぶです

『ラムチョップとお野菜のオーブン焼き~じゃぶじゃぶトマトソースで~』

新鮮な仔羊のあばらから、筋がとぅるんっ!と剥がれる感じがたまりません。


何この量?パーティー料理?

『採れたてきのこのクザッグマとなんか知らん菜っ葉』

年末年始ドイツから遊びにやって来た甥っ子たちの大好物、KIZARTMA。じゃがいもししとう茄子、これにヨーグルトをたっぷりかけていただくのですが、この日はスペシャルきのこたっぷりでこれがものすごいおいしかった。菜っ葉は、おいしかったのですが、砂が・・・・・。じゃけわしが洗うっつったのに!


外で食べるから余計においしいね

『トルコの粉もん3部作』

奥から時計まわりに、シガラボレイ(葉巻型の春巻き)、チョケレッキボレキ(粉チーズ入り層状クレープ)、ピシ(揚げパン)。

これらは甥っ子ナンバーツーのリクエスト。もちろん、


働け働け~~~~

生地から手作りです。


残像拳

作り立てはふかふかぱりぱりでサイコー!!と、必死で食べている間にこんな写真を撮られていたとは。


この日仕込みに一日かけてた(やり過ぎ)

年末年始に日本からやって来た姉夫婦のため、どっかで調達して来たお魚をお庭でグリルするラマザン。


我が家の食卓にかかせないもの、それは新聞紙!

『なんかのお魚の炭火焼きとイマム・バユルド』

ラマザン「魚、焦げとったらみっともないけーミディアムレアくらいになっとる。もっと焼いて欲しかったら言って、って伝えて。」

食事の見栄えとか、気にする人だったのか。

IMAM BAYILDI、これも有名なトルコ料理の一つで、茄子のおなかを裂いて具を詰めたもの。ベジタリアンである甥っ子ナンバーツーのために、お肉あり・なしバージョン2種類作ってくれていました。


もちろん新聞紙です主役は

『1キロマカロニ~トマトソースとにんにくヨーグルトで~』

食べ盛りのスタッフを抱えるぬるぺんしょん。基本、スパゲティ類は米袋ぐらいの大きさのものを買います。

1キロ茹でても、5人もいればなくなります。

ちなみに、上にぶっかけるヨーグルトが1キロなので、計6キロです。




食べることは大事、不満を抱えていては外国になんぞ住めません。

しかし、毎日おいしく食べさせてもらい感謝の日々です。

しかし昨日の朝。

ラマザン「すっぴんのままはダメ。時間をかけてもいいから、ちゃ~んとお化粧と身なりを整えて部屋から出にゃいけんよ。」

こないだ、ここでの早朝、ノーメイクで母とスカイプしたら、

母「あんた、ラマザンに見られる前にいつもの怖いメイクやっとかにゃ。」

どうやら、わしの素顔は、わしお得意の怖いメイクよりもっと怖いそうです。

しかしラマザンの「そのまま部屋から出るな」指令には、別の意図があったようで。


せっかくなんで寝ながら食べます若草のあの人みたいに

『日曜日のブランチはベッドでどうぞ』

ルームサービスごっこがしたかっただけのようです。





スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

美味しそうなお料理にヨダレがじゅる・じゅるで
思わず初コメント。

お料理ができるダンナ様っていいなぁーー。
胃袋を満たしてくれる人って大切だぁねゃあ。

え、これって男のセリフ?
いやいや女子も同じだよね。

アヤコさんの素顔ね~、私も知ってるよ~!
化粧している時より私は好きだよ。

で、最後のオチに「ご馳走様!」
  • 2014⁄02⁄04(火)
  • 10:40

シルク道路を感じた

「シガラ」やらピロシキに似とるピロやら東西文化が巡り会いそこでグツグツ煮詰まって新たに別物に進化してきたトルコ料理(文化)拍手👏
新鮮な子羊もやはりラミーなんでしょうか?水色マンは心配です。

いそいそ準備しているラマザンさんの甲斐甲斐しい主夫姿を想像するとプライスレスです。
  • 2014⁄02⁄05(水)
  • 09:06

胃袋大事~

>hanaさん
初コメントありがとうございます。
いや~、うれしいです。あの国で空港にhanaさんを迎えにいったときのことを今でも鮮明に覚えています。
そうだ!hanaさんには素顔、見られてました!あの「ばか舌」宣言したとき。ですよね?
化粧しているとき好きって言われるだなんて・・・。うれしすぎて、言葉になりません。
今度hanaさんにお会いするときは、すっぴん決定です。(会ったとき”あんた誰?”て言われませんように。)

> で、最後のオチに「ご馳走様!」

この言葉を待っていたんです。よかった~、言ってもらえて。

今年もよろしくお願いします!


  • 2014⁄02⁄06(木)
  • 22:15

シルク道路・・・滑りやすそうです・・・

>水色マンさん
グツグツ煮詰まりましたよ~、的な食文化、召し上がりにいらしてくださいませ。あ、ピロ、ではなくピシ、ですが。

> 新鮮な子羊もやはりラミーなんでしょうか?水色マンは心配です。

お答えしましょう。
新鮮なのに加え(需要が高いので回転が速い)血抜きの仕方にコツがあるのか、この国の仔羊、水色マンさんにはもの足りないほど、アンラミーです。
しかし心配ご無用。水色マンさんが来られるときには、夏の常温で3日ほど放置して熟成させておきますから。

自称・次期市長のコックさんがごちそうを用意して待ってるそうです。
  • 2014⁄02⁄06(木)
  • 22:23

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/108-1c78471a