連れ込み宿ではありません!


朝起きたらまず一番にすることは、

ジューンに「おはよー。」




あれ?

なんかジューン、


あんただれ?

日に焼けた?




って、えーーーー!!なんだこの犬ーーー!!!???

びっくりしてみんなで、どっから忍び込んできた??と、聞き込み調査。

結果、長期で滞在されているトルコ人のお客さんが夜中に近所から連れて来ちゃったみたいです。

勝手なことすんなー、トルコ人。




ホンモノのジューン子ちゃんはこちら、


大きくなったね~ジューン

そうそう、これくらい足が長くないとジューンではありません。





スポンサーサイト
category
今日のジューン
genre
ペット
theme
異国でわんこ

Comment

一緒に、飼ってあげて~

はじめまして。
先日このブログに行き着いて一気読みしました、もう一度トルコに旅行に行きたいと願ってやまない四十路の女でございます。
ジューンちゃんと色違いみたいでかわいいですね。我が家では柴犬の赤と黒を一歳違いでオスメスで飼っておりました。この色違いというのはどうも他人様の目を引くようで、その後ご近所では色違いの多頭飼いが増えました(笑)
二匹とも死んでしまって、今は野良上がりの猫4匹と生活しております。
トルコはペットの飼い方が寛容というか雑というか・・。羨ましくもあり、心配でもあります。猫に対するトルコ人の対応は本当に素敵の一言ですね。日本人も見習えばいいのに・・。
それにしても、ヨーロッパ大陸の野良犬はデカくて怖い。さすがに手はだせません~。
  • 2014⁄02⁄12(水)
  • 13:56

このわんこ、翌朝あっという間にどっか行っちゃいました。

>こむぎこさま
はじめまして。
まず、なんてかわいらしいHNなのでしょう。
聖子ちゃんの、”小麦色のマーメイド”が今アタマの中をぐるぐるしています。

> 先日このブログに行き着いて一気読みしました、もう一度トルコに旅行に行きたいと願ってやまない四十路の女でございます。

一気読み!うれしいです!読んだ瞬間、一気飲みかと勘違いしてしまいました・・、が。
いらっしゃったのですねトルコ、いつぐらいでしょうか。歴史だけでなく、いろいろと楽しいことがいっぱいの国ですよね。
同じ四十路組です。よろしくお願いします~。

いや~、色違いの柴犬を色違いで。
これはものすっごいうらやましいです。わし、世界一かわゆい犬はやっぱり柴犬だと思っています。(ごめん!ごめんねージューン!!!ジューンが一番かわゆいから!!!)

猫ちゃんは、大事にしてあげないと思う反面、ペンション内にいたずらされまくっているので(ここはトイレではない!!とか・・・。)難しいところです。
ラマザンは、食べ残しを「猫にあげよう」と、外にポイするのですが、ぺんしょん内で猫を発見するとものすごい勢いで撃退にかかります。
どうしたもんだか、と思うのですが、共存という意味ではなかなか難しいですね。

> それにしても、ヨーロッパ大陸の野良犬はデカくて怖い。さすがに手はだせません~。

こっちのわんちゃんたち、ちょっとした仔牛くらいの大きさです。たしかに怖い!

  • 2014⁄02⁄13(木)
  • 02:57

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/112-fde03bc9