エントリーナンバー17番


もうこの佇まいが素晴らしい

インターネットの予約サイトを通してご予約くださった、兵庫県のサトルさん。

ご予約いただいた際にちゃーんとお名前を確認したつもりだったのですが、ご本人を目の前にして、

「えーと、じゃあヒロキさん・・・、」

と、つるっと間違え、

「サトルですけど。」

と、さらっと訂正されるという。

・・・申し訳ありませんでした。

飄々として、落ち着いていて、それでいてひょっこりとユーモアが見え隠れする方で、

なんだかこう、なんと申しましょうか、

非常に興味をそそられてしまう方で、いろいろいろいろ質問攻めにしまいました。




我らぬるぺんしょんの、設定が狂ってプリントアウトできなくなったパソコンの設定を、

直して~、ってお願いし(ずうずうしい)、手を尽くしてくださったにも関わらず直るには至らなかったのですが、

なんと翌日、

他のホテルに泊まっていた、東京大学と一橋大学の大学生さんをぬるぺんしょんまで連れて来ていただき、みなさんで直そうとしてくださいました。

結局直りませんでしたが、そんなこたー関係ありません。

そのお気持ちをいただいただけで十分です。



日本人にはめずらしく、ラクがおくちに合われたらしいサトルさん。

「お酒飲みそうにないですよね。」と、今まで一度も言われたことない言葉をいただき、一瞬本気で喜びそうになってしまったじゃないですか。

次回は是非ラクをごいっしょさせてください。

またお会いできる日を心から楽しみにしています。

ありがとうございました。





スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

先日はありがとうございました

アヤコさん

こんにちは。
先月13日にサトルさんやN君と一緒にお邪魔しました、日本人のAです。
先日はありがとうございました。

16日にトルコを出、1日にイタリアから帰国しました。
今度セルチュクに訪れる際は、是非よろしくお願いします。
  • 2014⁄03⁄04(火)
  • 01:29

こちらこそありがとうございました!

>W.A.さん
その節は、たいへんお世話になりました。ケーブルが見つからないのでプリンターは以前のままですが、まあそのうち。
それよりも、生まれてはじめてお会いしたT大学ご出身の方とのお話が楽しくて。こんなトルコのど田舎まで、まあほんにようきんさったのう~、という感じでとてもうれしかったです。
無事ご帰国されたとのこと、そろそろ時差ボケもとれたころでしょうか。
4月から大きな船でご出発されますね。頭脳明晰のみならず、とても礼儀正しく朗らかなAさんのこと、世界をまたにかけたご活躍をされ大きく羽ばたかれると、私は確信しています。

> 今度セルチュクに訪れる際は、是非よろしくお願いします。

自家用ヘリでのお越し、お待ちしていますよ。

  • 2014⁄03⁄05(水)
  • 16:07

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/116-18aa0e4a