思い出が求める味


ふるさとの味が恋しくなって、

いろいろ思い出して切なくなったので、

作ってみました、


おせちもいいけどカレーもね

アルゴビ(じゃがいもとカリフラワーの炒めカレー)。

えっ?わしのふるさと?

もちろんインドですけど?(心のふるさとー)。

トルコ米ではなくどうしてもバスマティライスで食べたかったので、

ラマザンに「バスマティライスを見つけて買って来い。」と指令を出して丸二日。

見つけたーー!と、買って来てくれたのはいいのですが、

香りのないバスマティライス(そんなんあんのかよ。)を買ってきた。

それしかなかったらしいし、せっかく買ってきてくれたので、今回はこれでインディアンディナー。

きゅうりとヨーグルトでライタもどきも作り、さーて、いただきます。


ディルも散らしてみました

きちんとクミンシードを使ったのでおいしくできました。

香りのないバスマティライスだったけどね!(しつこい)


次は、ジャスミンライス(売ってるスーパーはチェック済み)でタイカレーを作りたいのですが、

パクチー売ってないのが悩みのタネ。

近くの国でタネ買って来るか。





スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
グルメ
theme
作ってみた

Comment

はじめまして

毎日楽しそうですねえ(*^-^*) パクチー、コリアンダーではいかがでしょう。トルコ語だとKişnişかしら。
  • 2014⁄03⁄02(日)
  • 10:55
  • [edit]

はじめまして

>kaoriさん
コメントありがとうございます。
セルチュクは小さな町、食べたい外国食があっても専門のレストランがありません(あるのは韓国料理くらい)。というわけで自分で作る、と。
フレッシュコリアンダー、マーケットに行くたび目を皿のようにして探しているのですが見つからないんです。あ!と思ってもたいてい毎度ノース。旬は春らしいので、もうちょっと待ってみることにします。
毎日楽しいです。というより何かしらドタバタ、リアル新喜劇です。

  • 2014⁄03⁄02(日)
  • 17:56

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/128-723b7561