恋人ができた


そろそろ一才を迎えようとしている我が家のデストロイヤー・ジューン子ちゃん。

相変わらずの破壊王っぷりですが、

人間で言うならハタチ前、もう立派なレディーです。

本人(本犬?)も、カラダの変化に気づいているようでなんだかそわそわ。

ついでにラマザンとわしもなんだかそわそわ。

年頃の娘を持つ心境です。

そんなジューン子ちゃんに、ほの字になっちゃったわんこがいるんです。それが、


礼儀正しいカラバシュ

彼。

ラム子さんのとこのエフェス君と同じトルコ原産のカンガル犬です。

1週間ほど前にどこからかぶらりとやって来て、いきなりジューンに惚れこんだらしく、まるで門番のように24時間ぬるぺんしょん前から動かない。そして他の犬が近づこうもんならものすごい勢いで吠えかかり、こないだなんか他の大型犬とケンカして耳が真っぷたつに裂けて大流血。

そんな腕っぷしの強い無骨な風来坊、と言ったカンジの彼ですが、飼い主だとわかっているのかラマザンとわしにはものすごーーーく腰が低い。教えてもいないのにぺんしょんには絶対に入って来ない礼儀正しさも好印象。ラマザンがカラバシュと名付け(kara=black、bas=head、「顔が黒いから」と言っていたのですが、今調べてみたらkarabashというのはカンガル犬の正式な愛称だそうですね)ジューン子ちゃんとの行く末をあたたかく見守ることにしました。

ある日の朝の光景。


ジューンに会えて恥ずかしそうなカラバシュ

ジューン「あ、あんた。また来たの。」

カラバシュ「待ってたっす。」


それに引き替え結構どうでもよさそうなジューン

ジューン「ねえねえ、この人また来てるー。」

・・・遊んであげたら?


カラバシュそっちのけで遊ぶジューン

最初のうちはそっけない素振りで、時には怒って噛みつきかかったりしていたジューン子ですが、カラバシュの押しがきいたか、最終的にはらぶらぶモードに入っていました。

それを見たラマザン、

「ジューン、カラバシュよりそっちの後ろにいるゴールデンにしとけ!子供が高く売れる!」




・・・・・・・・。





スポンサーサイト
category
今日のジューン
genre
ペット
theme
異国でわんこ

Comment

ウケました

最後の一文、いいですねー!

やはり、犬種によって値段が違うのでしょうから、どうせ子犬が産まれるなら・・・なんて思ったのでしょうね。

でも、不思議ですよね。教えてもいないのに、犬の方が自ら察することってありますよね。実家で飼っていた犬は外犬として飼育していたのですが、家の中に入ったとしても、台所の中には絶対に入りませんでした。台所スレスレのところで座って、実家の母をじーっと見ていました。
  • 2014⁄03⁄29(土)
  • 20:53

そうなんです

>I love 海さん
まさしく「どうせ子犬が産まれるなら・・・」という感じで。犬は一度に複数生まれることが多くもちろん全犬育てるわけにはいかないので、引き取ってもらうことを考えるとそういう発想になるんですよね、どうしても。

犬って、こちらが丁寧に見てあげていると、そのアンテナに沿って気配りやこちらを理解しようとする感覚が強い子になるような気がします。ご実家のわんちゃんも、大事に育てられていたのではないでしょうか。
  • 2014⁄03⁄30(日)
  • 03:51

エフェス君と同じなら巨大化するんですね!
やっぱり犬は頭がいいんですね!なんか癒されましたw
しかし年頃のジューン子ちゃんに 靴を舐めるので、勝手にベロベロジューンと名付けた事 破壊王ジューンちゃんにお詫びしますw
  • 2014⁄03⁄31(月)
  • 01:24
  • [edit]

カラバシュより大きくなったらどうしよう・・・馬?

>トモヒロさん
エフェス君と同じく巨大化するんです。
ジューン子が。
夫婦は似るって言いますもんね。

犬は頭いいですね。頭もいいですが、とても感受性が豊か。トルコの犬は特にそう感じるのですが、気のせいかな~。日本の犬のようにストレスがないからでしょうね。

> しかし年頃のジューン子ちゃんに 靴を舐めるので、勝手にベロベロジューンと名付けた事 破壊王ジューンちゃんにお詫びしますw

お詫びは不要です。
今度いらっしゃった時は「ベロベロ!こっち来い!ベロベロ!!」って呼んであげてください。靴フェチのうちのベロベロに。
  • 2014⁄03⁄31(月)
  • 16:23

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/148-a625397c