セルチュクの最高物件をご案内します


新婚さんらしく、新築マンションを見に行ってみました。

セルチュクのような田舎にも実は潜んでいる隠れセレブによりほとんどが売約済でしたが、一件だけ売れ残っていました。


明日は選挙

写真中央の階段(わしのバイクが停まってるとこ)が入口。拝見させていただくのは、選挙の垂れ幕がかかっている最上階のお部屋です。


おじゃまします

共同エントランス。重厚感のあるドアがいい感じです。


玄関

エレベーターはありません。ゼーゼー言いながら4階まで上がり、玄関を開けると、陽がぱぁ~っと差し込み、Knockin' on heaven's door が頭の中をぐるぐる回ります。


かわゆいドア

玄関は狭いですが、ドアがかわゆいです。


廊下

コリドアーの両脇に部屋があります。


小部屋1のバスルーム

小部屋1

一つ目の部屋はバスルーム付。ゲストルームによさそうです。


小部屋2

その隣に二つ目の部屋。


独立したバスルーム

その正面に独立したバスルーム。写真では狭そうに見えますが実際はかなり広いです。


小部屋3

一番奥には3つ目の部屋。


LDK

そして最後がリビングダイニング。


キッチン

冷蔵庫の収納場所がちゃんと作られています。


バルコニー

窓からの眺め。


窓

バルコニーも、食事が出来る余裕の広さ。


屋根裏1

屋根裏2

屋根裏も見に行ってみました。各家庭の収納庫になるそうです。




日当たり良好の3LDK、列車の駅まで徒歩一分、セントラルヒーティング完備の新築アパート。

気になるお値段ですが、

200,000トルコリラ、

日本円で約900万円です。

ラマザンの言うことが本当であれば、この国には固定資産税というものがないらしいので、

維持費は年間のごみ回収費数千円を払うだけ。

早いもの勝ち!持ってけドロボー!!!




え?わたくしたち?

アパートはBBQできないので却下です。(大家さん冷やかしすみません)

まだ売れていないあのおんぼろ屋敷が値下げされるのをじっと待つ日々。






スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

おっはようございますぅ。
なーんだ、残念。
とかなんとか、実はで、
1か月後の記事に買っちゃいましたって
書いてたりして?

トルコにも固定資産税なるものは
あるはずです。毎年請求来ますもん。

そうそう、ドーナツを食べた犯人が
気になるところ。
ジューンちゃんじゃないよね?
  • 2014⁄03⁄30(日)
  • 09:54
  • [edit]

そんなお金ありません~

>ラム子さ~ん
おはようございます。日本はどうですか?お花見されました?
新居購入はやぶさかではないのですが、このアパートにはわたくし全く興味がございません。トルコの1000万円アパートがどんなもんか見たかっただけでして。ラマザンは古い庭付きのおうちがいいといいつつも、こういう物件を見てしまうとどうしても夢が広がってしまうようで、「ここは壁をぶち抜いて一部屋にして~・・・」なんて、夢のまた夢のような寝言をつぶやいてましたが。

> トルコにも固定資産税なるものは
> あるはずです。毎年請求来ますもん。

ですよね!絶対そうですよね!私も何度も聞いたのですが、「そんなもんはない」の一点張り。知らんくせにえらそうに言うな、と今日説教してやろうと思います。

ドーナツを食べた犯人、それは、甥っ子兄弟の長男ムスタファ君。ちょうどその日、お隣に住むパティシエのムスタファおじさん(ムスタファだらけ)がお菓子を持ってきてみんなでここで食べていたらしいのですが、そのうちのひとつだと思ったみたいです。なんとなく事情はわかりますが、腹の虫はおさまらなかったというわけ。クシャダスのケーキ、洋酒がきいてておいしかったです。

  • 2014⁄03⁄30(日)
  • 18:14

マイホーム思考

庭付き一軒家っちゅうのは男の夢なのでしょうか?
でもなんとなくアヤコさんとラマザンそしてジューン子ちゃん達にはあの前に見に行ったお家の方が似合ってる気がします。
おまけにあのアパート線路目の前。うるさいじょー。よる夜中嫌がらせみたくポッポーって汽笛が鳴ってもいいに行くところありません。
北極で滞在したところ、消防局の目の前でした。火事があっても安心、ってアマちゃんな考えはダメです。サイレンが耳に残ってドップラー効果か幻聴なのか考えてしまいました。ありゃ幻聴超えて難聴になってしまうでしょう。
  • 2014⁄03⁄31(月)
  • 09:44

自分のお城が欲しいのは武士だけではないってことです

>水色マンさん
のような、鎌倉の高級割烹かー思うような庭付き大豪邸をお持ちの方には笑っちゃうほどちんけなお庭ですが、わしらもあのおんぼろ屋敷のほうが自分たちにしっくりくるような気がしています。
たしかにあのアパートじゃ犬飼えないですし。
セルチュクはド田舎なので、列車の本数限られていますし、そのわりには列車が広島のグリーンムーバー並みに静かなので全然うるさくありません。
消防局の目の前というのはなんだか考えただけで耳がドップラこになりますね。そういう物件というのはおそらくNoise Polution feeが家賃に加味されて、お得な価格なのでは?それくらいのメリットがないと難聴にはなりたくないな~。


  • 2014⁄03⁄31(月)
  • 16:40

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/149-52622f2e