脳みそサンド


またイズミルに行ってきました。

はい、もちろん車の修理です。

しかし今回は普通の修理ではありません。

オートマをマニュアルに変えるという、ニューハーフもびっくりな大改造。

理由はいろいろあるそうですが、よくわからんので割愛。

今思えば、

ガソリンのシステムを、ガソリンとガス併用に変えたところから我らのBMW改造の歴史は始まっていました。

いっそのこと内臓全部とっかえて、もうこれ別の車じゃん、になってしまえば?

もはや執着心とお財布事情との戦いです。

誰かがぶつけてくれるのを、ラマザンには悪いけれど密かに待っているというのはここだけの話で。

(でもフツーに当て逃げしそうだなー、この国に人たちー。)


お世話になります・・・

というわけで、やってきましたいつもの車修理工場地帯。


いつもいつも

ここの修理屋さんにお世話になっているのですが、おそらく一番の常連さんです、わたしたち。

ちっともうれしくないですが。ちっとも。




あずけて帰った4日後、マニュアルに生まれ変わった我らのBMVを引き取りに行きました。

ちっともうれしくない車の修理ですが、無事終わったということでめでたしめでたしのランチです。

ここに来るたびに、実はひとつお楽しみがあるんです。


ここのウスタ(マスター)がまためっちゃ感じが良い

それは、ソウウシュ(SOGUS)を食べること。

車の修理工場地帯のとある橋の下にソウウシュの屋台連があるのですが、

場所が場所だけに、おそらくガテン系の職人さんたちが好んで食べるものではないかと。(お客さん大体そんな感じ)

ソウウシュの意味を調べてみると、

1.冷やして提供される茹で肉

2.ドレッシング等のかかっていない切っただけ(加熱していない)の野菜

でした。

我々がいつも食べているのは、どうやらこの定義をどちらも合わせたもののようで、

羊の脳みそを含む茹でた頭部を刻んだものと、トマトたまねぎイタリアンパセリ、塩とスパイスの入ったラップです。


見てもよだれが出まーす

これがものすごくおいしい。

車の修理が必要なくなったら、これを食べにイズミルまで来る理由がなくなるので、

車、永遠に直って欲しくないです。(←うそ)




【私信】

うれしさでちょっと固まった笑顔

新しい車を買うまで使いたくない、というから、

「ちみのヤン車にぴったりなんじゃからつけたら?」と。

というわけで、ちょっと小さかったですが、もちろん無理やり装着しました。

「かっこよく撮ってお礼を言って。」とのことです。

おにいさんありがとう。

握り具合もバツグンだそうです。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

少し気になってたのよ

やっぱチョイ小さかったですか。。勉強しますっっ
  • 2014⁄06⁄03(火)
  • 09:59

どんな車のハンドルのサイズでもわかるの?

>シニチさん
「嫌われてたらこんな高価なものくれないよね、おにいさん。」って言ってました。
どうもありがとう!!
  • 2014⁄06⁄04(水)
  • 17:33

仔犬

仔犬たちはどうしているのでしょう。
写真も話題もないけど。
全部換金したのかな?
  • 2014⁄06⁄06(金)
  • 10:24

仔犬たち元気です

>マダムリーさん
目が開いてきたのでそろそろ公開します。かわいすぎて、換金するのがもったいないです。
  • 2014⁄06⁄12(木)
  • 02:59

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/166-97f860cb