6人のちっこいおっさん~そして旅立ち~


ジューンのあかんぼたちが生まれて、そろそろ一カ月が経とうとしています。

その後の仔犬たちのおかげで、


ときどき踏んづけてしまいそうになります

我らぬるぺんしょんが、ムツゴロウぺんしょんになりました。

元気いっぱいのあかんぼたち、毎日ころころと遊び回っています。


壁は食べ物ではありません

壁に沿ってもそもそしたり、


みんなのお気に入り恐怖人形☆

恐怖人形をかじったり、


バンザイ飲み

ジューンがかわいそうになるくらい、押して引っ張ってぐいぐいお乳を飲んだり。



さて、今日はいよいよ大きくなった仔犬たちをご紹介したいと思います。(助手:ゆみちゃん)


長男

1匹目。

全6匹のうち、黒い子は2匹だったのですが、

この子はそのうちの一匹で、6匹の中で一番最初に生まれてきました。

ひときわ体格も鳴き声も大きい、目立つ存在です。

ジャンボと命名。


長男背面

一番の特徴はしっぽ。この子だけが長いしっぽです。

イグアナのような低体勢からも、戦闘能力の高さが伺えます。


貫禄たっぷり

2匹目。

黒い子2匹目は、ジャンボと比べるとかなりおとなしくどっしりと落ち着いている、

まるでおむすびのようなおっさん。


はにわのようにも見える

こういう頭の兵士、見たことあります。


眠たいのか?

3匹目。

生まれたてのころはアニマル浜口だったこの子、

赤い毛艶がとても美しい仔犬になりました。


眠たかったようです

顔はしわしわですが。


だっふんだぁ~

4匹目。

そうです、私が変なおじさんです。


なんかすんごいでっかく見えるねこの子

5匹目。

柔らかい毛と柔らかい体が、抱っこしていて一番気持ちいい女の子。

6匹の中で、小さい時のジューンに一番似ています。


虫?

そして6匹目。

一番小さくて、他の子よりもなんとなくのろのろとしているこの子、

ぶさいくと命名。


捕えられたおっさん

じっとしている姿もなんだか虫のよう。


おいーっす。

こけ方もなんとなく昭和でおっさんくさいぶさいく。

それでもなぜか、この子が気になり、

もし6匹のうちこの子だけ貰い手がなかったら、

ずーっといっしょにいようねぶさいく、かわいいよぶさいく、と毎日抱っこしてなでなでしていたのですが、


ばいばい、ぶさいく・・・。

一番にもらわれていってしまいました。

親方(トルコ人長期滞在者)ご夫妻が、お嬢さんのお誕生日プレゼントに、とイズミルのご自宅へ連れて帰られました。

それからはとんとん、と。

ジャンボはちびっこギャングの友人に、

アニマル浜口は掃除のおねえさんに、

と、次々ともらわれていき、

あっという間に残り3匹になってしまいました。

だんだんとさみしくなっていくぬるごろう天国で、

ジューンと二人、しんみりしていると、なんだかぽろり。

するとラマザン「やっぱり嫌だって言って全部返してもらおうか?」

ううん、そんなことできない。ただちょっと、目から汗が出ただけだから。

みんな、元気で大きくなるんだよ。


ばいばいこどもたち




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ジューン子ちゃんお母さんになったんですね、お転婆娘幸せそうです。
みんなわんぱくでたくましそうで元気でおおきくなりそうです




宣伝しときました
  • 2014⁄06⁄24(火)
  • 22:34

ちっこいおっさんたち、
エフェスの彼女が産んだパピーに似ている。
そういえば、エフェスの彼女って、
ジューンちゃんに似てるかも。

ちっこいおっさんも、
でっかいおっさんになるわけだから、
ラマザンさんも、早いところ
ケリをつけておいたほうがいいですよ。

パピーだから、貰い手があるんであって、
でっかくなったら、貰い手はつかないですもん。

でっかいおっさんたちがペンションを
ウロウロしていることを想像してくださいと
お伝え願います。

>コメ

はいはい、カルロスが一番無難というか、
日本米に近いですね。
その次にオスマンです。
ヤイラを勧める人がいましたが、
私は今一つでした。

カルロスはアメリカ産なので、
残留農薬が懸念されますが、
黒海付近で生産されるオスマンも
完全には安全でないと聞いたことが
あります。
  • 2014⁄06⁄27(金)
  • 00:27
  • [edit]

お久しぶりです~

>ひろき(さとる)さん
ご無沙汰しております。お元気でらっしゃいますか?
コメントいただきましてありがとうございます。忘れられてなかったと思うとうれしくって今夜は眠れそうにありません。暑くて。(今日はこの夏一番の暑さでした)

> ジューン子ちゃんお母さんになったんですね、お転婆娘幸せそうです。

そうなんです。あのジューン子ちゃんが今や6児の母です。ミルクマシーンと化しているせいか、ごはんをあげたらすごい勢いで食べるんですけど、そのときにあかんぼたちが寄って行ったら、本気で怒るんです、腹から声出して。人間だったらたぶんセッカン母になっていると思います。

> 宣伝しときました

ひろきさん、これの意味が全くもってわからないのですが。よろしければ再度コメントいただければ幸いです。

  • 2014⁄06⁄27(金)
  • 02:20

きみはてんぱってーん♪

ちっさいおっさんたちのどなどなの様子に切なくなって涙がちょちょぎれたあと、
ラム子様のおコメントを読ませていただいて、
うちのでっかいおっさんとともに大きく大きく頷きました。
そう、
子犬はちっさいからこそかわゆくてたまらんで飼いたくなるのです。
いくら、最低でも三ヶ月くらいまでは母犬・きょうだい犬といっしょにおって、
犬社会を覚えてからのニンゲン社会へ、と言われようとも、
犬社会さえも知らずに己の手を噛まれても噛まれても、
ちっちゃいコロコロの子犬時代を甘受できるのならば両手から血を流しながらもかわいがれるのです。

てか親方どうした?
どっかから落ちたんか?くるくるまっふんしてはずした?

宣伝しときました。
  • 2014⁄06⁄27(金)
  • 22:21
  • [edit]

たしかにそのとおり。。。

>ラム子さん
でっかいおっさんたち6匹プラスジューンが、ペンション内をうろうろしているのを想像したら・・・、もうなんか、毎日が大運動会だーー・・・。てか楽しそう。
いやいや、掃除もエサ代も大変なことになるなる。

さすがにでっかいおっさんたちだと貰い手は見つからないですもんね。
諦めるように言っておきます。(自分にも)

お米情報、ありがとうございました。早速買いに行ってきます!

  • 2014⁄06⁄27(金)
  • 22:24

としき米と名付けよう

>おねいちゃん
もうおっきくなったジューン子ちゃんがまだまだあかんぼみたいにかわいいのは、あかんぼの時から飼っているからなのですね。
お手をお大事に。

> てか親方どうした?
> どっかから落ちたんか?くるくるまっふんしてはずした?

仕事中、バルコニーから落ちて両手首骨折という事故に見舞われた親方。呪われたお屋敷、次は誰だ!?

> 宣伝しときました。

この、”宣伝しときました”ループ、やめて!
  • 2014⁄06⁄28(土)
  • 22:15

一泊しただけなのに覚えて頂けたんですね!!
有難うございます(・_・;

今夜は涙で眠れそうにありません
花粉症で

紹介の意味ですが友達夫婦にトルコお勧めしました。もちろんヌルペンションもお勧めしました。奥さんが乗り気になりました。
旦那は乗り気じゃなさげでした。
旦那に悪いことをしちゃったかもしれないです
  • 2014⁄06⁄29(日)
  • 23:48

花粉症おだいじに~

>本当はさとるさん

> 一泊しただけなのに覚えて頂けたんですね!!
> 有難うございます(・_・;

もちろん覚えていますとも。寝癖がついたまま朝食を食べられていたことも、昨日のことのように覚えています。

> 紹介の意味ですが友達夫婦にトルコお勧めしました。もちろんヌルペンションもお勧めしました。奥さんが乗り気になりました。
> 旦那は乗り気じゃなさげでした。
> 旦那に悪いことをしちゃったかもしれないです

そういうことだったんですね。ご紹介くださりありがとうございます。奥さまだけが乗り気になったというだけでも大成功です。お一人様でも大歓迎です、とお伝えください。

  • 2014⁄06⁄30(月)
  • 17:35

最後の写真

ムイボニータです。
アヤコさんの上腕二頭筋は今も見参ですね。あれで楽々6匹のちっこいおっさん達を運んでいたのをそうぞうするとかわゆくてたまりません。

ぶさいくが一番に貰われていったのがなんとなくわかります。だってどっかの英俳優のようないわゆる『気になる顔』なんだもん。転け方もおっ広げで見事なもんです。
(個人的には2号がなんか気になりましたが)。
そうなるとわかっていても別れはさみしいもんです。お家にいる間しっかりしばき上げてやってください。それが花嫁修業になるんです。
  • 2014⁄07⁄01(火)
  • 04:53

花嫁修業って、しばきあげられることだったのか。

>水色マンさん
ありがとうございます。
わたしのチャームポイント上腕二頭筋を褒めていただいてうれしいです。
ちっこいおっさんたちを毎日上げ下げして鍛えていたのですが、みんな去ってしまい、これから何で振袖をこれ以上伸ばさないようにするのか考えなければいけません。

> ぶさいくが一番に貰われていったのがなんとなくわかります。だってどっかの英俳優のようないわゆる『気になる顔』なんだもん。転け方もおっ広げで見事なもんです。
> (個人的には2号がなんか気になりましたが)。

気になる顔、あれ誰でしたっけ?新しいボンド?
2号、おむすび兵士のことでしょうか。とても人懐っこくて、頭はちょっと変なカタチでしたが彼もまたかなりの愛されキャラでした。今ごろ誰の足を噛んでいるのやら。

そうなるとわかっていても別れはさみしいもんですね。
最後の2匹が去ってしまったあとは、たいそう目から汗が出ました。が、ぺんしょん内をきれいに保つのに毎日奔走していたので、解放されてほっとしたというのが本音ですが。

  • 2014⁄07⁄02(水)
  • 14:35

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/174-943d8fea