お誕生日おめでとう


ラマダン(イスラム教の断食月)に生まれたラマザン。

ラマダンはやりませんが、

お誕生日は無事やって来ました。

というわけで、

トルコ人長期滞在者の方々、お兄さんや甥っ子たち、ゆみちゃんに囲まれバースデーケーキでささやかな誕生日パーティーを開きました。


太い花火が怖い

豪快な花火もつけてもらってご満悦、みんなでおいしくいただきました。


今年はウエハース盗まれませんでした

ちなみにこんなケーキ。

去年と同じケーキ屋さんで、前日に頼んでおきました。

10人がちゃんと一切れずつ食べれる大きさのこのケーキ、

気になるお値段は、20トルコリラ(約1000円弱)。

スポンジふわふわでクリームもちゃんとおいしいケーキがこの値段、

お誕生日でなくてもちょくちょく買ってもいいよね。ね?




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

あのチョコレートの状態は

花火で溶けてああいった滴りモードなのでしょうか?それともパティシエの独創観あふるるセンスでしょうか?

だいたい、世の中ケーキ高すぎ。
材料費の1000倍じゃないですか。そちらのパティシエくらい良心的な価格、世界レベルで見直すべきです。(特にウェディングケーキ)
定番のイチゴショートケーキならぬ、あれ、なに?アプリコット?チェリートマト?
水色マンの地元の中東系のベーカリーも美味いと評判です。お国柄でしょうか?

ラマザンさん、一つ年をとったとはいえ、若いですね。
  • 2014⁄07⁄07(月)
  • 09:15

あのチョコレートの状態は

>水色マンさん
買ったときからああいう風にとけてました。モチーフはおそらくダリの時計だと思われます。(うそ。トルコ人アート無関心。)

> だいたい、世の中ケーキ高すぎ。
> 材料費の1000倍じゃないですか。そちらのパティシエくらい良心的な価格、世界レベルで見直すべきです。(特にウェディングケーキ)

1000倍は言いすぎでしょう。ほんならこのケーキ、原価1円じゃないですか。せめて200倍ぐらいにしといてください。
ケーキって技術代&手間賃なんですよね。床屋さんといっしょ。

> 定番のイチゴショートケーキならぬ、あれ、なに?アプリコット?チェリートマト?
> 水色マンの地元の中東系のベーカリーも美味いと評判です。お国柄でしょうか?

丸いやつですか?チェリートマトが乗っかっていたら斬新ですが、いくらトルコ人がトマト好きだからってケーキには乗せません。生クリームにカラメルソースがとろけています。中東系のベーカリーはもちろんおいしいはずです。小麦粉がおいしいトルコ、粉もんはなんでも感動するほどおいしいです。

> ラマザンさん、一つ年をとったとはいえ、若いですね。

禁煙してからというものおなかがやばいですけどね。ていうか半日禁煙ていう中途半端なもんでおなかが出るものどうかと思いますが。
  • 2014⁄07⁄07(月)
  • 15:05

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/177-971fcde8