パエリヤとらっきょうのマリアージュ


あのときのリベンジをしてやろうじゃないかこのやろう、

と長いこと企んでいたのですが、

やっとこさ実現しました。

やっとこさ実現したのですが、


彩りよく華やかに仕上がりました

なんですかこれ?

具だくさんのちらし寿司か、

チーズまでのっけて焼いてしまったせいでピザのようにも見えますが、

パエリヤですってば。

命のオリーブオイルと白ワインで炒めたガーリックマッシュルームと、

上に乗っかっているチキンの茹で汁(しょうが入り)でご飯を炊きこむというワザを炸裂。

見た目に惑わされず、みなさんに好評でたくさん召し上がっていただけました。

お新香がわりに、ハラペーニョピクルスと我が母作のらっきょうも。

海を越えてはるかトルコの田舎までやってきた母のらっきょうが、

らっきょう大好きになってしまったラモ太郎に食いつくされ残りわずか。

たもうて食べております。





スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

パエリアというよりも

ドリアに近い様子です。
なんだっけ、立町だっけ、ドリアで若者が混むリゾートがあるの。

がんばりましたね、アヤコさん。まずは鳥の下拵え、えらいえらい。
生姜汁フレーバーのパエリア、画期的でバルセロナで展開すれば間違いなく行列の並ぶ店になると思います。ミシュランスターも夢じゃない。

この季節だからでしょうか?夏バテ解消になるようなお料理に感じます(byアサコ・キシ)。ぬるぺんしょんの看板料理になるといいですね。(いやだろ、作んなきゃいけないから笑)。



  • 2014⁄07⁄13(日)
  • 10:26

オニオンスライスがついてくるよねランチに

>水色マンさん
ようく覚えてらっしゃいましたね。立町にありましたありました、そんなお店。
ドリアがいつもぬるかったのを覚えています。
たしかにこの料理、ドリアっぽい。これはドリアだ。
鶏肉臭さを取るために冷蔵庫にころがっていたしょうがをぽいっと入れただけですけどね。
看板料理か、なんか考えよ。生だことか。
それにしても暑さのせいかめずらしく食欲減退モード、すいかきゅうりアイスクリームの繰り返しの毎日です。

  • 2014⁄07⁄13(日)
  • 16:22

帰っていつも思うのですが

炭水化物のお供に炭水化物、ドリアのサイドにオニオンライス?
どこまでのお米の国ですね。それで太らない日本人は素晴らしい。
ラーメンライスの法則、水色マンの近所にあるジャパニーズレストランでもやっていました。ラーメンのサイドがカルロール。

トルコにもこの食い合わせはあるんでしょうか?
  • 2014⁄07⁄14(月)
  • 08:18

中国飯店のチャーハンにもライスがついてきます

>水色マンさん
トルコは、ごはんはおかずです。パンが主食。よって炭水化物のお供に炭水化物の国です、ここも。
ただ、リゾートの場合はオニオンライスではなくオニオンスライスですけどね。水色マンさん、疲れてらっしゃる?
  • 2014⁄07⁄14(月)
  • 17:08

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/181-eac8fe83