真夜中の誘惑


長年の不眠症が、

トルコに来て解消されたどころか、

毎日すやすやとお昼寝までする始末です。

そしてそのツケが、

夜にやって来るというわけです。

そんな眠れないときのお楽しみは、


えらいなまめかしく撮れたなこれ

禁断の『寝る前アイス』。

ベイリーズぶっかけて食べようと思っていたのですが、

ラマザン「カラドゥットゥといっしょに食べよう。」

カラドゥットゥとは、Black Mulberry(マルベリー)、日本で言うところの桑の実です。

昼間のマーケットで、1パック5リラ(約240円)でした。



ちなみに、この桑の実、

水べりの土留めとして植えられていたため「どどめ」とも呼ばれているそうで、

あの「どどめ色」というのは、桑の実が熟れたときの黒紫色のことだそうです。

暗い庭で食べる真夜中のどどめアイスは、

昼間食べるよりもずっとおいしかったのですが、

迫り来る罪悪感により、ひとくちだけ残して冷凍庫へ。

ほんの少しだけ、逃れられた気分です。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/183-0335b6df