エントリーナンバー36番


このド田舎に、いよいよやって来られました、


最初は違うとこにアテがってたんです・・・

イスタンブールの叶姉妹が!!!(ボディーガード付きで)

トルコ雑貨ミスタンブールのMさん(左)と、ミステリアスSさん(右)。

イスタンブールでは誰もが知っている有名人のこのお二人(とボディーガードの方)、

我らぬるぬるぺんしょんの前にタクシーを乗りつけられ降りて来られた堂々たるその佇まいの、

そこのけ的な存在感がハンパなくてびっくりしました。

休暇を利用されての旅行ということで、セルチュクでお二泊ほどぬるぬるしていただきました。




二泊目のお昼にラマザンが、

「ジャパニーズレディーたちから差し入れもらった。なんでオレの好きなものわかったんだろう。」と見せてくれたのが、

牛1200頭

これ。

クル・パスタスと呼ばれるトルコクッキー。

しょっぱいものも好きですが甘いものも大好きなあまちゃんラマザン、ものすごい勢いでハムスターみたいにほおばってました。ありがとうございます。




そしてその日の晩。

チョプ・シシディナーのご注文をいただいたのですが、キッチンで準備をしていると、なにやら黒い物体を洗ってらっしゃるミステリアスSさん。

のぞいてみると、なんとお久しぶりです、なウニ!

「パムジャックビーチで獲ってきたのよ~。」

海底の渦の引きが強く、毎年死亡者の出るパムジャックビーチの岩場で素潜りでウニを獲って来られたというSさん。あなた一体何者ですか?


白飯があったら海苔&醤油ぶっけて食べたのにな~

残念ながら、身がつまっていたのは13個のうち1個のみでしたが、3人で箸を回しありがたくいただきました。味が濃くてたいへん美味しゅうございました。日本酒がないので地団駄踏んだほど。



そんなこんなで、あんなことこんなこと、貴重で楽しいお話をさせていただいた楽しい飲み会お2泊はあっという間に過ぎ去り、風と共にイスタンブールへ去っていかれたお二人(とボディーガードの方)。

立つ鳥あとを濁さずと申しますが、しっかりと跡を残して帰られました。


感動の品々

ミステリアスSさんからは、ストリチナヤウォッカのナイトエディション。蓄光ラベルで夜光るという、バー好きにはたまらない一品。

Mさんからは、わさび豆となんと焼きふぐ!わしの世界旅帰国後のあれをご覧いただいてのお土産。

デキる女はお土産のチョイスも一味違います。

Mさん&Sさん(とボディーガードの方)、

いろいろとありがとうございました。

この仕返しは来月させていただきますので。

お会いできるのを今からほくほくと楽しみにしております。

はで、ぎゅりゅしゅりゅーす!




※Mさんの人気ブログ、MiSTANBULのルンルン♪トルコ日記でも、我が町セルチュクとぬるぬるぺんしょんをたっぷりとご紹介いただいております。合わせてお楽しみください。


スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/187-aabc4de4