出会ったこーろはー、こーんなー日がー


ムスタファババのホルモン写真が、

家族親戚一同、さらにはラマザンの友人たちにも広がりうわさのタネに。

「アヤコがラマザンのババにあんなポーズをさせたらしい。」

なんだかうれしいのですが、わしの実力はまだまだこんなもんじゃありません。(?)





ぬるはばー。

今日、いきなり熱が出て今ベッドの上です。

ラマザンと親友のイボがはちみつレモンミントドリンクを二人がかりでこさえてくれました。

座っててもなにかと出してもらえるのがここの生活のいいところなのですが、

今日は、いままでラマザンが作ってくれた朝食をちょっと考察してみようと思います。


売ったら15リラは取れるな

出会って2週間後。

愛が溢れているのが見てわかりますね。

トマトの皮で作ったバラの花が泣かせます。


コンセプトはいったい?

出会って10か月後。

ベッドまで運んでくれるというサービスは涙が出るほどうれしいのですが、パン一枚というのが違う意味で泣かせます。

しかしこれはいったい何だったんだろう?顔・・・?それ以上にオリーブの置き方が不思議でたまらないのですが。


なんでコーヒーをワイングラスに???

さて、こちらが本日。

もうパンすらもありません。

演出はうれしいのですが、足が長いグラスに熱い飲み物を入れるのは危険なのでよい子のみんなはマネしないこと!



スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/19-74cf2ac0