毎日こんな朝ごはん食べてます


寝坊すると、これで目を覚ませと言わんばかりに朝食を作ってベッドまで持って来てくれるラマザン。

過去の朝食と比べると、アイデアは尽きたように見えますが気持ちばかり洗練されてきたような気がするので、ご紹介したいと思います。

朝から飲みたくなる一皿

ウスパナックボレキ(ほうれん草の惣菜パン)とつまみたち。

トルコの朝食は、ワインにぴったりのまるで晩酌セット。朝から一杯ひっかけたくなります。


トルコ人にとってトマトときゅうりは命です

ポアチャ(ぱりぱりパイ生地の揚げパン)のはちみつがけ、他。

ラマザン、(そんなこと言った覚えもないのに)なぜかわしがものすごいはちみつ好きだと思っているらしく、よくはちみつを買ってくる。こないだなんてちっこい瓶一つ21リラ(!)のはちみつを買ってきて、無駄遣い禁止令を出されたばかり(わしから)。とはいえ、ポアチャ&はちみつはとても良い組み合わせだと思いましたので、是非お試しください。ノーシュガーの紅茶あるいは牛乳とどうぞ。


いちじくはドクトルからのおすそわけ

そしてこれが今朝の朝食、フルーツサラダ(もちろんはちみつがけ)。

いろいろ考えて作ってくれているようですが、ラップトップの上に置いていくのはやめてほしい。

ねとねとが!




スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/196-b99ba1c8