トルコ人あるある~あなたのご家族どうですか?


姉に「部屋が男子中学生」と言われたことがあります。
しかしそんなわしですら、「きれい好き」で有名なトルコ人の衛生観念にやや疑問を感じる今日このごろ。
トルコではこれが普通なのか、はたまたわしとはまるで正反対にほこり一つも許さない手厳しい母の几帳面さがここに来て顔を出し始めたのかは定かではありませんが、トルコ人のやり方がいちいち気になることが多いのは事実。そして自分なりに出た結論は、


『トルコ人はきれい好きというわけではない』


トルコ人をご家族にお持ちのみなさん、いかがでしょうか。




「チャマスル・スユ命」

チャマスル・スユとは、日本で言うところのハイター、いわゆる漂白剤です。トルコ人、とにかくこのチャマスル・スユが大好き。食器洗いのスポンジ、台拭き、洗濯物、とにかく何にでもぶっかけるのでこのチャマスル・スユの減りが早い早い。しかも、使い方を把握していない人が多いのか、しっかり水で洗い流さない。ここに長期滞在したゆみちゃんの服と手が、何度うっかり漂白されたことか。しかしわし的には一番チャマスル・スユを使って欲しい”まな板”には使っているの見たことないという謎。木のまな板の側面にトマトの種がくっついたまま洗えていないのを見ると、チャマスル・スユに頼るより先にこのトマトの種らをきれいにせいや、と。


「水は乾く」

食器棚に洗った食器をそのまま収める人が多いんですけど、これって日本でも普通なんですか?棚がびしょびしょになって、逆さにしたコップがずっと濡れたままって不衛生だと思うんですが、私が考え過ぎなんですか?だって水って乾くもんね。そう思ったほうが楽だよね。ね。


「タオルも乾く」

半乾きのタオルやシーツをそのまま収める人が多いんですけど、これって日本でも普通なんですか?タオルの内側がずーっと濡れたままって、そこからカビ生えるとかにおうとか考えないんでしょうか?私が考えs・・・・・・。(以下省略)


「灰皿はお皿」

お皿なので、お皿といっしょのスポンジで洗うんです。それが普通ですとも。


「ツバは汚いものではない」

ある日、何かのバイラムでラマザンババ&アンネ宅に家族親戚が集まりました。みんなでご飯を頂いたのですが、ペンションが忙しかったラマザンが一足遅れて登場。もうご飯を食べ終わっていたみんなの残り物(トルコ人結構残します)を一つのお皿に集めていたアンネ。どうするんだろう、と思っていたのですが、後からやって来たラマザンにその残飯の山を出しました。
日本だってお鍋みんなでつつくじゃん、と言われたらそれまでなのですが、なんかちょっと違う気がするのです。ツバついたらどうの、ということよりも、食べ物を粗末に扱っているような気がしてしまうのです。
そもそも、自分が食べきれる量をよそう、という感覚がない。残ったら鍋に戻す、あるいは捨てる。ちなみに、ヨーグルトやサルチャなんかも、ツバついたスプーンで平気でひとくち食べる。そして早々にカビ生やして捨てる。会食の時も、私は必ずサーバーをつけるのですが、だれも使ってくれません。今日の朝はラマザンのおねえさん家族とサンデーブランチをうちでしたのですが、ジャムにそのままチーズのついた自分のフォークを突っ込んでひとくちだけ食べたおねえさんの息子15才。スプーンをジャムにつけていたのになぜそれを使わないのか?ラマザンはそれらの用途を理解してくれていてよく客人に「サーバーで取り分けろ」と言ってくれるのですが、これはもうどうしようもない問題かな、と。だって、両親も同じことやってるんですから。それが普通、で育っただけなんです。
まあ、そもそもツバがどうのゆう国民じゃったらそんなにちゅっこらちゅっこらできんわな。


「掃除がしたい」

トルコ人はきれい好きと言われています。だって、掃除が大好きだから。でもそれは違うということに気が付きました。汚すことに無頓着な人をきれい好きとは言いません。でもみんな汚したいんです、なぜなら、掃除したいから。なぜなら、他にすることないから。




足をつまみにチャミスル一杯



※これはわしの周りのトルコ人たちの観察結果であって、「家族にそんなトルコ人いない!」と言われてもごもっともです。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ある、ある、ある、ありま~す。
全て、うんうんと頷いてしまいました。
特にタオルは乾くとか…。
ホテルの、枕カバーとかはアイロンをかけるのでまだ目を瞑ってますが、お客様のランドリーが半乾きな事が多々。
さすがに、それは許されないので私がまた干してますが…。
大きな漂白剤も、週に1本はなくなります。笑

しかし、こちらの方々、有難うって言えない人が多いのにもビックリします。
それも子連れのママ、パパが…。
そら、子供達も挨拶出来ないわな。
  • 2014⁄08⁄25(月)
  • 06:41

チャマスル・スユ・・透明なんだもの。
ゴム手必須。次回持参。
  • 2014⁄08⁄25(月)
  • 18:02

イラチ代がばかになんない

>サンライズアヤさん
おひさしぶりです、お元気ですか~?
ほんと、細かいことを言いはじめたらキリないんで、言うのも面倒だし自分がさっさとやり直してしまったほうが早い、というわけで日々の仕事が増える、と。
こればっかりはしょうがないですね、日本とトルコ(のみならず他の国でも)ではそういう感覚って違いすぎて当たりまえなんだな、と。アヤさんも大変だと思います、日々。

ありがとう、と言えない人たちの話なんですがね。
インドで習ったことなんですが、ありがとう、という言葉を使うシチュエーションというのは、他人に何かを施してもらったときですよね。感謝の意味で私たちは口にするよう教えられますが、インドでは”施しを受けた側”でなく、”何かを施した側”が徳を積むことが出来ると考えられていて、たとえばバクシーシ(金品などのお恵み)を”与える側が”ありがとうと言いながら貧しいものを助けなければいけないのです。
ヒンドゥーとイスラムがどこでどう繋がるかはわかりませんが、そういった背景があるのかもしれない、と思ってみたり。この国も互助精神というものが根底にあるわけで、感謝を口にするという感覚は日本人の私たちからすると希薄に見えるかもしれません。
しかし個人的にはありがとうと言えない大人がワールドスタンダードとは到底思えないので、日本語を近所の子供たちに教えるときにはまず「ありがとう」から教えます。

そうそう、何度か試したんですけど、アヤさんのブログ、コメントできないんですね~・・・。
  • 2014⁄08⁄28(木)
  • 16:17

ゴム手袋は持参しなくてよろしい

>ゆみちゃん
ご迷惑をおかけしました。
せっかくなんで、ところどころ白く漂白されたあのTシャツ、もっかい持って来て。もっと斑点つけて「そういう模様」にしてしまいましょう。
ちなみにゴム手は持って来なくていいよ。こっちで買ったほうが安いから。うそ。洗いものしなくていいから。
  • 2014⁄08⁄28(木)
  • 16:20

あるあるです・・・本当に。

汚すことに無頓着なのに綺麗好きと思ってる。

洗剤使ったら綺麗になったと思ってる。

本当にきれい好きな人もいいるけど、掃除してると言われてもはだしでお歩くのはいやだなと思うお家も多々あります。(ほぼ親戚しか知らないですが)

一人で悶々としていたので、ブログに書いてくださってうれしいです。
  • 2014⁄09⁄06(土)
  • 20:58
  • [edit]

もう靴履いてあがっちゃえばいいと思います

>ダル母さん
> 汚すことに無頓着なのに綺麗好きと思ってる。

全く!

> 洗剤使ったら綺麗になったと思ってる。

そのとおり!

> 本当にきれい好きな人もいいるけど、掃除してると言われてもはだしでお歩くのはいやだなと思うお家も多々あります。(ほぼ親戚しか知らないですが)

たしかに、本当にきれい好きな人もいるのでしょうが、なかなかお会いできません。ぺんしょんでも「あ、そこ朝掃除しました。」という言葉をよく聞かされます。汚れていたら何回でも掃除すればいいじゃない、と思うのですが、朝一回やったらおっけいみたいです、こっちの人。またはその反対で、汚れてなくてもとりあえず水をぶちまける。よくわかりません。

> 一人で悶々としていたので、ブログに書いてくださってうれしいです。

そう言っていただけるとこちらも大変うれしいです。これかも観察していけたらと思っております。


  • 2014⁄09⁄09(火)
  • 22:42

わかる~ほんと!!

お元気そうで何よりです~~~

ほんと、よくわかります。

家事が出来るって聞いてたけど???

料理が出来るって聞いてたけど???

しかし自己主張は凄い!よね。


いつも頼んでおく掃除のオバサン。一回80TL!!ご飯も食べていく。

あれ、、でも全然掃除してない。

頼み忘れ?かと思ってたよ~


さすがに2回目は、頼み忘れではないことが発覚したので、もう一度呼んでやり直しさせたけど、風呂と床はやってない。

見張りがいないと、何にもしない、嘘つくし、

へんちくりんな宗教、もっと厳しく取り締まってくれ~!!と叫ぶ日々ですよ。
  • 2014⁄09⁄11(木)
  • 10:47
  • [edit]

同感いただけて大変うれしいです

>kaori
本当に、あの自己主張の強さと根拠のない自信はどっから???ていうかそうでもないとやってけないんでしょうね、この国では。つっけんどんでなんぼ、みたいなとこありますから。
それにしても、お掃除一回で80リラは高くないですかー!?そんなにもらえるなら私が働きたいくらいです。私ならお風呂と床もちゃんとやりますよ~~~。

仕事がらみでもフツーにウソつきますよね、こっちの人。なんなんでしょうあれ。あほくさいのでもうまともに取り合わないことにしてます。
  • 2014⁄09⁄13(土)
  • 16:14

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/197-accae083