ちょいとイスタンブールまで~アジア料理食い倒れの旅2


エントリーナンバー36番のあのお二人とのイスタンブールサミット兼会食の場は、


ガヤさん外観

韓国料理ガヤさん。すきやばし次郎イスタンブールにないもんね。ていうか韓国料理が食べたくて仕方なかったんです。「豚キムチ」という言葉で頭がいっぱいだったこの数カ月間。うずうずしながら入店。


チヂミと前菜たち

とにかく何でもばっちこーいだったので、この辺りは下着同然で歩けるほど庭であるミカさんにオーダーを任せます。まずは、ぱりぱりもちもち具だくさんイカ入りチヂミ、前菜の小皿たち(キムチ、ニラ、ズッキーニ、ごまの葉)もどれもパンチが効いてます。


サムギョプサルと韓国焼酎

イスラム国で禁断の豚肉サムギョプサルを、でもそんなのカンケーねー!てやりながらほおばります。しかしここで浴衣姿で韓国焼酎を飲みまくるミステリアスSさんが「でもここで焼きたかった。」とテーブル内臓のグリルを見ながらちょっぴりさみしそうにひと言。浴衣に油散るとか気にしないとこがフリーダム。


よそいき風豚キムチお豆腐添え

ちゃんと豚肉入ってますよね?て確認してから頼んだ豚キムチお豆腐添え。


伸びてて噛み切りやすいビビン麺

「麺はシメ」という東アジアの文化を押さえてくれているのか、オーダー通ってる?て確認するまで余裕で出て来なかったビビン麺。カラアマでおいしかったけど、49リラもするくせにゆで卵半個はないじゃろ。


ご相伴にあずかりました

あずき入りかき氷があったので注文しようかどうしようか迷っていたミカさん。なぜかというと29リラ(約1500円)もするから。やめときやめとき、8割水じゃけー、と言う小市民(わし)の助言を聞き入れてくれてあわやデザートなしかと思われたのですが、後ろのテーブルのご家族に誕生日の方がいらっしゃって、ケーキのおすそわけをいただきました。白いクリームにピンクや緑のドレンチェリーが乗っかったそれを見たミカさん、「わ~!宝石箱みたい。」・・・ミカさん、年がばれるから。

ちなみにサムギョプサルについてきた白菜が生だったんですけど、コチュジャンや塩&ごま油つけて食べたらほんのり甘い白菜と相まってとてもおいしゅうございました。白菜サンチュもイケますね。

気になるお値段ですが、お酒代も含めて一人約5000円。「日本に比べたらすごく安いよねッ!?」というわしに「最近日本のレストランどこも安いよ~。」と笑うお二人。もう浦島太郎になっているのだろうか。
しかし、どれもこれもとてもおいしかったので本当に満足です。


まるでブティックホテル

そしてこの日は、ミステリアスSさんのご邸宅にお世話になることに。こーんな素敵なお部屋に泊まらせてもらいました。

さて翌日、イスタンブール最後の会食はあのレストランへ!




スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

生唾ごっくん

ちょっとー、食べ過ぎですよ!!

ご指名を受けたので、
クイズに挑戦します。

今回のは、超簡単ですねー。
答えは、もちろん、

イのエフェス遺跡からこっそりでしょ?(^^)
さーてと、セルチュクにはいつ行こうかな。

五味のタクシム支店、私も行きたい!
レベントじゃ、領事館に用事がないと
行かないもの。


  • 2014⁄08⁄31(日)
  • 15:54
  • [edit]

えへへー。

>ラム子さん
> ちょっとー、食べ過ぎですよ!!

えへへー。まだまだこんなもんじゃ食べたうちに入らないですよ~、私の胃袋は。イスタンブールの2日間は本当におなかがはちきれそうになるくらい食べました。旅の食事は楽しいですね!


> 答えは、もちろん、
> イのエフェス遺跡からこっそりでしょ?(^^)
> さーてと、セルチュクにはいつ行こうかな。

さすがラム子さん、わかってらっしゃる。夜な夜な遺跡を掘りかえしているのはわたしです、額に懐中電灯で。
セルチュクにいらっしゃる予定がありますか?またお会いできたらうれしいです。ケンちゃんとご主人にも。エフェス君は・・・、難しいかな?今度はランチでもご一緒しましょう!


> 五味のタクシム支店、私も行きたい!
> レベントじゃ、領事館に用事がないと
> 行かないもの。

たしかにあの辺りは領事館に用事がないとなかなかですよね。堀さんのお寿司、おいしかったです。久しぶりのガリが胃袋に沁みました~。

  • 2014⁄09⁄03(水)
  • 18:16

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/200-813fe63e