ちょいとイスタンブールまで~アジア料理食い倒れの旅3


「もう8時半よー。起きないのー?」
ミステリアスで酒好きなのに体育会系というSさんに起こされコーヒーをごちそうになったのですが、居心地の良いお宅ゆえぐだぐだしてしまい、バザールでショッピングというわしの野望は時間に打ち砕かれました。
さて、日本料理、韓国料理、と堪能してきた最後の会食、中国料理です。飲茶です。しかも食べ放題です。


もちろん全部生花です

ホテルシャングリ・ラへ到着。ロビーでミカさんと落ち合います。


こういうシャンデリア昔広島そごうにあったな

さすが五つ星ホテルだけあってラグジュアリー。


ラマザン連れてきたら絶対この手拭きパチる

便所もラグジュアリー。


素晴らしいリアクションのウノさん

「ウノさんに挨拶して行きましょうよ。」という叶姉妹に着いて行き、よくわからないままウノ氏にご対面。Sさんに呼ばれ小走りでやって来たウノさんいきなり滑ってこけた瞬間。さすが五つ星ホテル、フロアーよく磨いてあります。


次回は是非このカウンターで日本酒をいただきたい

貫禄があるのに柔和な笑顔、まるで外国映画に出て来そうな日本人シェフ・ウノ氏、シャングリ・ラの有名看板シェフらしいです。ウノさんのお寿司をつまみながらぽん酒やりたい素敵なカウンターですが、今日の目的は飲茶、また今度、とウノさんにお別れを告げエレベーターで地下へ。


シャンパレスさん外観

開店の12時と同時に入店、本日の会場、香宮(シャン・パレス)さんです。


銀座のクラブってこんな感じなんだろうな

ここは銀座のクラブですか?


海老餃子とか

さて、どんどんいきます。オーダーはもちろんミカさんが担当。オーダーバイキングなので、


小龍包とか

もちろんどれも出来立てほかほか。しかし何より素晴らしいのはサービス。


春巻きとか

食事の前に「アレルギーはありますか?」て聞かれたの、トルコはおろかよその国でも数回しか経験ないかも。


一級お茶功夫師チャン

しゃべって笑って食い散らかしていると、何やら隣のテーブルでお茶の注文が入ったようです。ちっこい茶碗一杯17リラという驚愕のお値段ですが、Mr.チャンのロング急須高速回転パフォーマンス込み。値段におののき注文しませんでしたが間近で見ることが出来てラッキーでした。ちなみに隣にいた日本人グループのおばちゃんから「・・・なにやってんの?」という声が背中越しに聞こえ、これのためにはるばる中国からトルコにやって来たMr.チャンの人生が儚く感じられたのでした。


これから長旅に出る芋ようかん

もにょもにょとした餡にデーツのペーストが巻かれたお菓子がやってきました。おいしいのですが、この時点で2人ともおなかいっぱい、ミステリアスSさんは甘いもの食べない。どうしようか、そう思っていた瞬間ミカさんおもむろにサービス担当のお兄さんを呼びつけた。「秘密のお願いがあるのだけど。」イスタンブールを下着同然で歩くやまとなでしこの秘密のお願いを聞けないトルコ人男性など存在しません。
というわけで、テイクアウト用の紙ナプキンを無事ゲット。「アヤコさん包んで。セルチュクまで持って帰るよね?」これは、何かの罰ゲームでしょうか。こんなにもにょもにょのお菓子をカバン入れて電車乗り換えて飛行機乗せて列車乗ってセルチュクまで持って帰れと?

はい、セルチュクまで飛んで帰ってきたこのもにょもにょお菓子、翌朝コーヒーのお供においしくいただきました。ぺったんこにつぶれてましたけど。


全メニュー制覇しました

楽しい思い出ありがとう。

大きなおなかを抱えていたら帰りの電車で席を譲られたのもいい思い出です。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/201-69b4e246