あなたのおふくろの味って何ですか?


羊の股関節がひとかたまり手に入ったので、

ラマザンがオーブンにぶち込んで丸焼きを作ってくれました。

新居のオーブン周辺が脂と油でどろどろになって掃除に2時間かかりましたがおいしかったです。

「余ったお肉でクル・ファスリエを作ってくれ。」という指令が出たので、

甲斐甲斐しい新妻の私は文句も言わず作ってあげました。

買ったばかりのティファールの圧力鍋を試したかっただけですけど。

高くて買うのを迷いましたが、買ってよかったです。

ワザは要りませんが作るのに時間がかかるトルコ料理には絶対必要だと思っていたのですが、

やはり正解でした。



ご飯には胡椒をかけるのがトルコ流

Etli Kuru Fasulye(エトゥリ=肉入り クル=乾燥 ファスリエ=白いんげん豆)

スープで炊いてブラックペッパーをかけたご飯といっしょに頂くトルコのおふくろの味代表のこの料理、日本で言うところの肉じゃがのようです。うちのおふくろの味は納豆汁ですけどね。

「日本人なのになぜこんなに上手に作れる?」と、大げさに褒めてくれたラマザン、

「アヤコがうまいクル・ファスリエ作ったから食べに来い。」とババに電話。

そして本当にやって来たババと3人で囲む食卓。

ただ煮込みゃいいこんな料理のときはこんな反応で、

往生こいたラザニアのときには反応が薄いという、ね。




スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ぬるぬるファンの一人です(^^)以前トルコの住宅展示や住宅環境の記事に衝撃をうけました。新居という事はアヤコさんの納得がいく素敵ハウスがあったのですね☆おめでとうございます!
  • 2014⁄09⁄05(金)
  • 12:28

美味しそ〜!

トルコ人、トルコ料理以外あんまり興味しめさんですもんね。

トルコ料理、鍋にぶっこむだけでいい料理が多いので、楽チン♪

ラザニア同様、手作りコロッケも手間かけたのに反応薄くてガッカリって目に合いましたっ!
  • 2014⁄09⁄05(金)
  • 16:25

笑うしかないです

こんにちは~この反応わかります~

この間、日本のパンはこんなに美味しいんだと持っていった(秘密)のですけど、ペタンコになったチョコデニッシュを何てうまいボレキなんだとお客さんも食べていました。フニャフニャペタンコな、捨てるようなデニッシュをね~その他の美味しいものは見向きもしないの。見た目似てればいいのかも!

例え美味しいと思ったとしても、これはトルコにある!と断言して、ほんじゃどこに?つうと、どっか遠くの街の名前を言うけど、探すとない。

やれやれ~
  • 2014⁄09⁄06(土)
  • 13:48
  • [edit]

コメントありがとうございます

>こなつさん
ぬるぬるファンの方がいらっしゃったなんて感激です。これからも御贔屓に~。

>以前トルコの住宅展示や住宅環境の記事に衝撃をうけました。

どんな記事だったのでしょう。とても気になります。私も旅をしていたときはトルコの古民家をかなり見て歩きました。家は歴史、いろんなことが見えます。木造住宅が多い日本に比べてこちらの家は、煉瓦と石を組み立て木で細かいところを補う感じです。

>新居という事はアヤコさんの納得がいく素敵ハウスがあったのですね☆おめでとうございます!

ありがとうございます。素敵ハウスというより築60年は経っているだろうおんぼろ屋敷にちょいと手を加えて住むことになっただけなんですけどね。改装にいろいろと気をもみましたが、やっと完成したのでそのうちちょっとずつ小出しに公開していきたいと思ってまーす。


  • 2014⁄09⁄06(土)
  • 15:18

こっちってお肉がおいしいから

>えみさん
おつかれですー!
日本で作る煮込み料理よりもおいしく感じるのはやっぱりお肉の新鮮さやおろし方なんでしょうかね。羊肉独特のあの匂いも香ばしい風味に変わってしまうという。(そう感じるの私だけ?)

> トルコ人、トルコ料理以外あんまり興味しめさんですもんね。

はい、まるっきりですよね~。ただ例外もあって、ラマザンの好物は日本の「鍋」ですけど。こないだも友達に日本の鍋のおいしさをとくとくと語ってその友達が「へ~、食ってみたいな~。」と言ったら「いや、鍋は冬の食べ物じゃから。今食ってもおいしくない。」と、まるで日本の鍋奉行おやじみたいに語ってました。
11月くらいには開始したいと思います。ピザ用鍋で。

> ラザニア同様、手作りコロッケも手間かけたのに反応薄くてガッカリって目に合いましたっ!

あぁ、コロッケ!作りましたよ私も!じゃがいも茹でてチーズ入れて。なかなか好感触でした(似た料理ありますもんねトルコ。こっち風に細長く似せて作ったらオッケイだったみたい。子供か!)ただ、こっちのじゃがいもって新鮮だからかものすっごく柔らかくって、成形するのに苦労しました。

そうそう、こないだ1.5リラの洋服屋さんで買った服、そのうち一着が私のも破れてました!私の場合はそのまま着ちゃいますけどねー。
  • 2014⁄09⁄06(土)
  • 16:59

こだわりと保守的なのは違うと思うんですけどね~

>kaoriさん
こんにちは。未知の食べ物に挑戦したい人って少ないですよね。なまこでもたこ焼きでもあん肝でも生ガキでも何でも食べて「おいしい」と言っていたラマザンは、かなり貴重なトルコ人ではないかと。

>見た目似てればいいのかも!

これ、ほんと同感です。トルコでは、味じゃなくて見た目だけでかなりの人を騙せると思います。食わず嫌いの頑固なじじいみたいな味覚の持ち主が多いような気がします。
しかしふにゃふにゃのデニッシュは嫌だな~。油っぽくないぱりっ!ふわっ!としたデニッシュが食べたい。

これはトルコにもある!と断言する気持ち、なんとなくわからないでもないかな。それ日本にもあるけどね~、と思うこと、よくあるので。www

  • 2014⁄09⁄06(土)
  • 17:12

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/203-16f59ee1