ボドゥルム一泊旅行 後半


おなかいっぱいでボドゥルムの街をうろうろします。


LMFAOが大好きなラマザン

サングラス屋さんを冷やかしたり、


甘いものが大好きなんだお

さっきまでおなか苦しいって言ってたくせに立ち食いケーキ屋さんに入ったりしていたら、


似顔絵描いてもらったことある?

似顔絵コーナーに遭遇。

どうしてもやりたがるラマザン。

普通の似顔絵なら丁重にお断りしていたのですが、これはカリカチュア。いっちょ試してみることに。


みんなに笑われています

道行く観光客に笑われながら座り続けること30分。

さて、出来上がったあとお会計。

表記どおり70リラを払ったら「一人70リラだよ」と。

なぬーーー!?

勘違いしていたのはわしらの方。しかし、紳士なアーティスト「70リラでいいよ」と。

チョクテシェキュレデリーム!(=どうもありがとう!)


お久しぶりですスタバ

明けて翌日。

コーヒー中毒のわし、どうしてもちゃんとしたコーヒーが飲みたかったのでペンションの朝食はお断りしてスタバに行きました。


チャイもいいけどやっぱコーヒーだーね

セルチュクにはこういった外資系カフェはないのでここぞとばかりにヴェンティ(グランデ)をオーダー。

ラマザンはカフェラテ(トール)。これは、わしがコーヒー豆を一袋買ったらただでもらえました。

ティラミスとブラウニーもおいしい。

しかしお会計〆て40リラ(約2000円)!贅沢はテキだー。




楽しかったボドゥルム一泊旅行、あっという間でした。

「家出してこんな楽しいとこに来ていたのか。」と言われましたが、楽しかったのならいいではないか。

そしてわしらの似顔絵。

我らぬるぬるぺんしょんの入口にどかーんと飾っております。


どう描かれてもなんだか腹が立たないカリカチュア






なんかわしミスターレディーみたいじゃね?


スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/21-65c0d716