シリンジェ村に行ってみませんか?


あかんぼは無料です

ゆみちゃんとタハ君といっしょにシリンジェ村に遊びに行ってきました。

シリンジェ村へは、セルチュクのオトガルからドルムシュ(ミニバス)で約20分、お一人様3リラです。(2014年12月現在)


オンシーズンには観光客でごった返します

シリンジェ村は人口約500人ほどの小さな村ですが、その昔住民交換が行わるまでギリシャ人の居住区であったため、独特の町並みが今も残るかわいらしい村です。2012年マヤ暦の予言で世界終末の日から逃れられると言われた村でもあり、世界中から多くの人が訪れたのも記憶に新しいです。


よく言えば素朴でかわゆいお土産もの

素朴な手作りのお土産もの屋さんが並びますが、


おばあちゃんうそつくな

明らかにファクトリーメイドの刺繍ものを手にして「ハンドメイド、ハンドメイド」と、そこだけ英語でしゃべる商魂たくましいおばあちゃんとの値切り交渉も楽しめます。


こぼさないようにがんばって!

シリンジェ村と言えば甘いフルーツワイン。


ワインいっぱい

ゆっくりとくつろぎながら、


一番飲みたかったアイワだけ無かった・・・

無料で試飲できます。気に入ればお土産にボトルで購入できますが、気にせず退散しても、もちろん構いません。

マリアさまこんにちは

石の坂を上っていくと教会があり、見晴らしのよいテーブルでお茶もできます。


ある夏の晴れた日

ちょっとわかりづらいですが、かわいらしい家々が並びます。この写真の左手からだと情緒ある村の全景がとてもきれいに撮れます。


いろんな色がありました

シリンジェ村にはお土産物屋さんがたくさんあり、村で獲れたオリーブから作られたハンドクリームやソープなどが売られています。トルコ陶器のお店もあり、灰皿を我が家のバルコニー用に購入してみました。二重になっているので灰が飛ばない仕組みです。


人懐っこくてかわいい!

シリンジェのマスコットドッグするめ君に遭遇。口から出ているぴょいっと飛び出た歯がするめを噛んでいるように見えるカワイ子ちゃん。ゆみちゃんのぐわしっで、はいポーズ。


中東はざくろ発祥の地なのです

道路に転がり出しそうなほどのザクロの山。オーダーするとその場でプレスしてジュースにしてくれます。


体の内側からキレイになろう

シリンジェ村の玄関口セルチュクへ、是非一度お越しください。




スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/231-38ac9494