おめーらに払う税金はねーー!


トルコでは、外国人配偶者は「滞在許可」なるものを申請・取得しなければいけません。

結婚は認めるけど滞在は別物って?

婚姻届は受理したけれどこの国に滞在するなら「許可」を申請せーよ、っちゅーことなんですね。

あほか。


といっても規則は規則なので、去年の12月、我らがセルチュクの県庁所在地であるイズミルに行ってきました。

3回も。

1回目は、書き込む書類をもらい、必要提出書類が何か聞くために。

何が悲しゅうて高いガソリン代払って(この国リッター250円)イズミルまで行かにゃいけんのか。

「ネットでプリントアウトとか、電話で何が要るか聞くとか、すりゃーいいじゃん。」

と言ったんですが、「電話したけど教えてくれんかった。」と。

けち?

ほんじゃあまあということで、用紙に記入して気を取り直して2回目。

え?必要書類が足りない?

それ最初に答えた職員の落ち度!

というわけで、3度目の正直。

書類に不備があるとかでモメるも、ラマザンのゴリ押しでなんとか受理してもらい(一体何がどうなって受理されたのか謎)、

4回目の役所訪問には至らず、申請から2か月経った先週、無事滞在許可が下りました。

5年有効のものが最長と聞いていたのですが、直前で「2年が最長」と言われ、結局最近変わった法律とかなんとかで、我が家に送られてきたのは、たった1年有効のものでした。


台紙だけご立派

片道1時間かけて3回役所行って、高い申請料払って、やっと手に入れた滞在許可。

以前までの手帳型ではなくなり、なんかいいカンジっぽいカードになってましたが、

写真がないので身分証明書になりません。

どゆこと?




今月、タハ君の出生届を出すために日本領事館の方とやりとりしたのですが、

「ご出産おめでとうございます」と言ってくださったあと、親切に電話で相談にのってくださり、書類を宅急便で即日送付してくださり、下書きした書類をチェックするのでPDFで送ってください、と言ってくださり、そして全て整った書類を受け取った旨をわざわざ我が家に電話してきてくださいました。

ビバ!ニッポン!!!


何まじめな顔して




イズミルの役所で我々の番号が電光掲示板に光ったあとカウンターに行ったら、

「番号の紙をさっさと出しなさい!!!」と鬼のような顔して怒ったおばはん。

あんた一生そこで座って怒ってなさいよ。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ほんとイライラします

滞在許可、おめでとうございます。

なんだかね、滞在許可もらったら、またすぐ翌年の取得に走らないとならないっていう、、ほんとうんざりです。

  • 2015⁄01⁄31(土)
  • 08:46
  • [edit]

デニズリは親切ですよ。
デニズリは必要な書類をメモ書きして
渡してくれるのです。
あ、オヤジが書けって、言ったいたかも。

で、私パスポートの期限が5年を切っていたから、
許可証は3年ねって言われていたのに、
いざ受け取ったら最長の5年だった。

多分、私は滞在許可証保持が長かったからかも。

トルコの役所申請関係はうんざりですね。

たはくん、かわいいー
  • 2015⁄01⁄31(土)
  • 14:32
  • [edit]

ありがとうございます

>kaoriさん
外国に住む上でこういう役所手続きは避けられないことですが、本当にこっちの人ってやることのツメが甘いというか、責任感がないというか、人によって言うことが違ったり結局こっちが無駄足になることをやらされることが多く、ホントとほほです。
今年の末にまた同じことの繰り返しになるかと思うと今から私もうんざりです。せめてそれまでに許可の年数が増えていればいいのですけど~。
  • 2015⁄02⁄01(日)
  • 00:14

どうにかなんないもんですかね~

>ラム子さん
> デニズリは親切ですよ。

うらやましいです。もうね、イズミルの外国人課の人たち揃いも揃ってカンジ悪いったらありゃしない。男性は親切な方もいるのですが、女性陣は全員えっらそうな態度でふんぞり返ってチャイ飲みながら横の職員と世間話しながらトロトロトロトロやってますよ。12時のお昼休憩になったら、処理の途中でもほっぽり投げて「1時に戻ってきて。最初からやるから。」切り捨て方式?四捨五入じゃないんだから。

> デニズリは必要な書類をメモ書きして
> 渡してくれるのです。
> あ、オヤジが書けって、言ったいたかも。

せめてそれぐらいしてくれてもいいと思うんですけどね~。セルチュクの役所の人は(概ね)親切ですけど。

> 多分、私は滞在許可証保持が長かったからかも。

これ、関係あるみたいですね。聞いたことあります。長く滞在していれば有利ということは、これ以上状況が悪くならないということでちょっとだけ安心です・・・。


タハ君、頭が大きくてみなさんに笑ってもらってます。大きくて重くてなかなか首が座らずぶらんぶらんして危なっかしいです。たとえるならば、リンゴあめ!!

  • 2015⁄02⁄01(日)
  • 00:31

本当に!

最後のタハ君の言葉、まさにその通り!
我が家もちょうどいま私のステータス諸々の手続きをしていて、
米移民局と日本総領事館そして広島の区役所などあちこちに問合せや文書の取り寄せをするなか、
日本の対応の新設さ、優しさ、仕事の速さ&確実さ、を実感しました。
私の感覚がuptight過ぎるのかな...と少し考えることもあったけど、
・・・でもやっぱりこの性は、日本人のprivilegeとして自信と誇りをもっていきたいですね。
タハ君の一言、沁みました♪
  • 2015⁄02⁄02(月)
  • 04:35
  • [edit]

ね!

>Rockin' wasabiさん
本当にもうみなさん揃って親切すぎよね。こんな国にチップ制度がないのが不思議なくらい。そう考えるとお金で人は動かせないのか。

> 私の感覚がuptight過ぎるのかな...と少し考えることもあったけど、

それはいいことだと思うよ!

> ・・・でもやっぱりこの性は、日本人のprivilegeとして自信と誇りをもっていきたいですね。

確かに。外国に住むものとしては、その国を代表しているということを常に頭に置いておきたいと思ってます。

余談ですが、ピンクのギターが手に入ったので毎日毎日Wild worldを歌って弾いて聞かせてあげてんだけど、いっしょに歌ってくれるんだよ、タハ君。キャット・スティーブンスじゃなくてミスタービッグ版ね。ていうかいっしょに歌うというよりはあれに近いかも、ほら、犬が救急車とか通ると遠吠えするじゃん?あれあれ。

  • 2015⁄02⁄02(月)
  • 20:58

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/243-3ebceb2a