トルコのビール


わたしの記憶が確かならば、

最初に旅でトルコを訪れた2012年夏の時点で、500MLのビールは3リラ50クルシュでした。

1リラ45円だったので、一本約157.5円です。

それがこの2年半の間にあれよあれよという間に値上がりし、

昨日スーパーに行って値段を見てびっくり。

同じビールが5リラ25クルシュになっていました。

今、1トルコリラは約50円弱をうろうろしているので、日本円で約262.5円。

日本と変わらないどころか、

発泡酒や第三のビールその他多くの選択肢がある日本よりも、

実はたくさん潜んでいるのんべえたちにとって、トルコはやさしくない国になってきたようです。


一日一本

トルコと言えば水色のラベルのエフェスビール、と同じくらい幅を利かせているのがなぜかデンマークのトゥボルグ。

トルコにいるんだから、という理由でいつもエフェスビールを飲んでいましたが、味はトゥボルグの方が実は好みなので最近はもっぱらトゥボルグです。

冷たさに頼らないのがおいしいビールの定義だと思いますが(そういう意味ではキリンビールは素晴らしい)、定番エフェスビールは後味に変な甘味が残るのが気になるのです。いや、普通においしいんですけどね。

しかしエフェスのダークはおいしい。苦味と甘味のバランスが絶妙です。



トルコで80%以上のシェアを誇るエフェスビール社、

定番のピルスナー以外にもドラフト、スタウト、高アルコールタイプ、レモンビールなど、いろいろな種類があります。

トルコにお越しの際は是非、いろんな種類を試してみてください。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/250-f33a7d1c