家族が増えました


2014年の年の瀬に、2回目の出産で6匹の元気な赤ちゃんを産んだジューン。

1匹、また1匹ともらわれていき、

いよいよ最後の2匹になりました。


まだまだミルクが恋しい

ジューンのおかあさんっぷりはそれは立派で、

我が子が次々とドナドナされるとき、「振り返ったらあかん!」とでも言いたそうな、肝っ玉かあさん風に堂々としていました。

まあ、知らんぷりともいいますが。


セルチュク一の問題児ギュリュシュ~

2匹残ったうちの1匹は、姪っ子ギュリュシュにもらわれていきました。

そして最後の1匹、

どんな子でも構わないから最後に残った子をもらう、とわしは言っていたのですが、

ラマザン「この子は特別。この子は誰にもあげたくなかった。」

最初から決めていたようです。


我らの貴公子ぱむっく

名前は、ぱむっく。

ラマザンが考えました。ぱむっくはトルコ語で綿。綿の城という意味のあのパムッカレと同じです。

くるくるふわふわの毛と、とても美しい青い目の男の子。

今日から5人家族になりました。




スポンサーサイト
category
今日のぱむっく
genre
ペット
theme
異国でわんこ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/252-12f64b2a