ジューンのこと


昨夜、ジューンが激しく吠えていたのでゲートまで行ってみると、ぺんしょんに(おそらくぱむっくを見に)来た近所の中学生がジューンに威嚇されていたそうです。

知っている子で悪い子でもないし、問いただすとちょっと入ってみただけ、とのことだったので厳しく叱ってその子の家に連れ帰ったそうです。

「それよりジューンはすごい。昔っからお客さんとそうでない人が分かる。」

小さかった頃はおてんばなだけの女の子だと思っていましたが、もうすぐ2才になるジューン。今では我々の言うことやいろんなことを、とてもよくわかっているような気がします。


初代ジューン

2013年6月、

我々がぬるぺんしょんをオープンしてすぐもらってきたジューン。

どうしても犬が飼いたいと、毎日のように言っていたわしをラマザンが知り合いのブリーダーのところへ連れて行ってくれました。6匹ほどいた仔犬の中から「健康でいい犬」と勧められてもらってきた男の子。

いっしょに遊んでいっしょに寝て、いつもいっしょに過ごしていましたが、

2週間後、道路で倒れ、突然死してしまいました。

ラマザンはわしに無理やりサンダルを履かせ、ビーチに連れて行き、またぺんしょんに戻り、一人でどこかへ出かけていきました。

戻ってきたラマザンの手には、仔犬の入った段ボールが。

ジューンが死んだその日に別の犬を連れてくるなんてどうかしてる!

わしが激しく怒りをまき散らすと、ラマザンは言いました。

「この子はアヤコが最初に気に入っていた子。女の子という理由であきらめたけど最初からこの子がうちの子になるはずだったのかもしれない。それにこの子はジューンの妹、ジューンと同じ血が流れてる。ジューンのぶんもかわいがろう。」


足が大好きジューン

出来るだけ早く立ち直るようにとのラマザンの強引なやさしさと、どこまでもまとわりついてくる新しいジューンに、助けられました。




子供は関節やおいね

まだジューンが1才になるかならないかの頃、ラマザンのお義兄さんがぺんしょんに遊びに来ました。

もうすでにどこやらで引っかけてきたらしいお義兄さんですが、ぺんしょんでさらに飲み、帰るころにはかなり出来上がっていました。

さてそろそろ帰るか、と背が高く体格のいい彼が席を立ち、じゃあアヤコまたね、とわしの肩にぽんっと手を置いたその瞬間、

そばにいたジューンがものすごい勢いで彼に飛びかかり吠えたのです。

ラマザンには申し訳ないのですが、トルコに来て一番うれしかった出来事です。


おなかの中にはぱむっくがいるのか~

年末にゆみちゃんとセルチュクの町をぶらぶらお買いものに出かけたとき。

「ここで座って待ってて。」

そういうと、お店の外でじーっと待っててくれるジューン。

いつのまにか、こんなに聞き分けのいい良い子に育っていました。



去年の夏は、ごはんを食べているときに近寄ってきたあかんぼには腹の底からうなっていたのに、

今では、ぱむっくが先にごはんを食べるのを待ってから自分が食べています。


芝生大好き

2回もおかあさんになって聞き分けのいい子になったとはいえ、基本はとびきりおてんばなジューン。

今年の夏もビーチでくさいもの練ってきてくれることでしょう。




スポンサーサイト
category
今日のジューン
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ジューン子ちゃん、えらい!

我が家の先代犬のポチは
うちに入った泥棒に吠えず、
現場検証に訪れた警察に吠えまくっていました。

エフェスもケントも
みんなにヘラヘラし、ジャンダルマの車を
威嚇する始末(><)
絶対に番犬になりません。

ジューンちゃんの前にワンコがいたとは!!
ジューンちゃん、これからも元気で
ペンションのアイドルでいてね!
  • 2015⁄02⁄28(土)
  • 00:34
  • [edit]

うちんがたの犬のこと。

飼い主のわしらに牙をむいて威嚇しまくり、
公園の象とかカバの椅子?に吠えまくり、乳母車に怯え、
己のうんちに吠え、排水溝に向かって吠え、
病院の診察台の上でおしっこだけでなくうんちまで漏らし、
トラックの轟音にびっくりして志村けんのように尻もちをつき、
比治山のネコたんにシャーシャー言われながらネコパンチを食らってシッポを巻き、
冬の猿猴川に二回もザブンと落ち、
黄門様から糸くずでぶらさがったうんちにパニックを起こし、
もうすぐ一歳になるのにビビリションウレション出し放題、
そしてなぜか女やくざのYさんに激吠え。
(わしらが留守しとったときになんかしたのでは?と睨んでおる。)

ジュー子ちゃんと比べるとアホすぎる我が家の犬ですが、
それでもかわいいかわいい家族です。
そして、犬を飼う決心がついたのはちみのおかげです。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

しかしあれだね、
ぱむっくって風貌が貴公子じゃね。お上品で麗しい。
うちの犬はちゃぶ台の似合う昭和のヤンキーです。
あー、また子犬が欲しくなってきたー。

  • 2015⁄02⁄28(土)
  • 17:14
  • [edit]

飼い主(ラマザンではない)に似て

>ラム子さん
いつのまにか賢い子になりました。おほほ。

> 我が家の先代犬のポチは
> うちに入った泥棒に吠えず、
> 現場検証に訪れた警察に吠えまくっていました。

警察を敵対視するとはなかなかデキたわんこなのではないでしょうか!

> エフェスもケントも
> みんなにヘラヘラし、ジャンダルマの車を
> 威嚇する始末(><)
> 絶対に番犬になりません。

見た感じはケンちゃんとエフェス君のほうが番犬風ですけれど、やっぱり犬にも性格がありますよね。


日本でも原因不明の病気で3年経たずして亡くなった犬がいたんです。待望の初代ジューンが亡くなったときはたいそうショックでした。今のジューンが来て当分は、なかなか抱っこしてあげる気持ちになれなかったんですが、今は彼女しか考えられないという感じです。
こちらの人は、悪く言えば悲しみを引きずらない(忘れっぽい?)、良く言えばポジティブに悲しみを打開しようとする人が多いような気がします。くよくよするよりも、たくましく生きることの大事さを教えられました。無神経なのとは違うので変な風に染まらないようにしたいところです。

  • 2015⁄02⁄28(土)
  • 20:02

なかなかの個性の持ち主とみました

>おねいちゃん
珍味ぐらいがちょうどいいんです。
人といっしょじゃつまらない、と、目があわびの人も言ってました。

> ジュー子ちゃんと比べるとアホすぎる我が家の犬ですが、
> それでもかわいいかわいい家族です。
> そして、犬を飼う決心がついたのはちみのおかげです。
> ありがとう。ありがとう。ありがとう。

3度も言ってもらえて恐縮です。一瞬はちみつに見えました。

> ぱむっくって風貌が貴公子じゃね。お上品で麗しい。

目の色がすごいんよ。そこだけ見るとシベリアンハスキー。ジュー子ちゃんも母としてまんざらでもない様子です。

> うちの犬はちゃぶ台の似合う昭和のヤンキーです。
> あー、また子犬が欲しくなってきたー。

昭和のヤンキー2匹目、どう?
  • 2015⁄02⁄28(土)
  • 20:16

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/253-f8249cd1