人前でやったら恥ずかしいこと


ヨーロッパなのか、アジアなのか、中東なのか、

こんな微妙な位置づけの国って他にはないのではないでしょうか。

トルコに来て、ずっと気になっていたことがあるんです。それは、「トルコ人は鼻をかまない」ということ。

噛む、ではなく、ちーん!とやる、アレ。

家族親戚夫の友人町ゆく人々、鼻をかんでいるところを見た事がないんです。

そんなによく遭遇する光景か?と聞かれたら、

欧米諸国では「イエス」、

アジアでは「ノー」、

中東では「ソウソウ」。

昨日、そんな素朴な質問をラマザンにぶつけてみました。

わし「トルコ人、なんで鼻かまない?」

ラマザン「恥ずかしいからに決まってるだろう、周りで何か食べている人がいるかもしれないし。しかしヨーロッパ人はどこでもやるよね。」

確かに、ぺんしょんの朝食時、欧米人率が高いと鼻ちーん!率も高く、お皿の上に重たそうなティッシュが乗っていることが多いのです。

トルコ人のこの感覚はアジア人、というか日本人にとても近いと思うのですがどうでしょう。

しかし、

あんまりお風呂に入らないトルコ人、それでなくても羊やヤギばっか食べてて体臭キツイのに、あのわきのにおいは鼻ちーんよりも周囲への配慮は必要ないのだろうか。

まあ、個人的には好きですけどね、あのにおい。

まだ靴を履いたことのないタハ君の足も、すでにすっぱいにおいがして将来有望です。

毎日一生懸命自転車こいでいるからでしょうか。






スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/257-c20d125f