ぺんしょん改装(ほぼ)終了


ぬるぬるとぬるぬると改装し続けたぬるぺんしょんですが、

なんとなく営業できる状態になりました。

まずは外壁の修復とペンキ塗り替え。

終了間近に撮影し、


お恥ずかしい写真ですがせっかくなんで公開

ビフォーアフターを1枚に収めることに成功。こうして見るとかなりひどかったようです。テヘペロ。

全室内の修復とペンキ塗り替え、一階の憩の間作成、全椅子ペンキ塗り替えと革張替、キッチンの水道修理(なぜかいきなり壊れた)、看板犬たちのシャンプー、もろもろの備品購入・・・・・。

永遠に終わらないかと心配でしたが、なんとかなりました。

そして、枯れてしまったブーゲンビリヤの代わりに、エントランスは、


我が家とリンクしているんです実は

なぜか瓦のゲート。わしが来日している間にラマザンが作ってしまっていました。

白とブルーの外壁にマッチしてねー!と訴えると、「キャップだけだから。」

玄関は、顔なんですね。なるほどー。(キャップという言葉にウケてもうどうでもよくなった。)

それにしても、夜ぼんやりと光る赤い電球ランプが伏魔殿のようになってしまったぬるぺんしょん。

全体をそういう路線で行くのはわし的にはアリなんだけど。(ホーンテッドぺんしょん)



あ、屋上ですが、

ちょっとバーぬるぬるは来年に持ち越しです。

(時間切れ&お金切れ)




スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/275-a3dbd1a2