エントリーナンバー44番


エントリーナンバー44番45番46番は、わしに近しい人たちがこぞって押し寄せてくれました。


この写真来年の年賀状に使って

まずは44番、大阪からお越しのHファミリー。

ユミコ(写真中央)はアメリカにいた時に出会ったので、もうかれこれ20年の親友です。

お菓子やお酒、タハ君にお祝いやお洋服やおやつに離乳食まで、全部出したらスーツケースすっからかんになったんじゃないかと思うほどたくさんの救援物資と共にセルチュクを訪れてくれました。


アイスだからローマ・・安易なネーミングのアイス屋

セルチュクの商店街でアイスクリームを吟味するユミコとひまわりちゃん。
トルコと言えば、のイスタンブールやカッパドキアは行かず、ひたすらセルチュクを拠点としたエーゲ海近辺を楽しまれるという潔さ。

ユミコとご主人もそれはそれはタハ君のめんどうをよく見てくれたのですが特にひまわりちゃん、タハ君をこれでもかというほどかわいがってくれて、日本に帰ったあと、こんなものまで作ってくれました。




左がタハ君だそうです。かおがやばwww


そしてさらに、ゴールデンウィークの宿題である作文のタイトルは、


どっかの出版社、書籍化してください

「タハ君」

ひまわりちゃん曰く、「タハ君は世界遺産」だそうで。トルコの世界遺産がひとつ増えました。



先生、ユミコ、ひまさん、本当にありがとう。

次に来てくれるときにはタハ君、世界遺産級のワリンボになっているかもしれないけれど、またおむつ替えたげてね。



スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ホント色々ありがとう。
食べ物、人、町 すべてが好きになりました。
そして昭和と昭和の女の魅力を再認識させられる旅となりました!

近く世界遺産認定証を送らせていただきます(笑)
  • 2015⁄05⁄22(金)
  • 10:38

こちらこそありがとう!

>ユミコさん
こちらこそ、みんなが集まってくれたなんて今でも夢みたいだよ。楽しい思い出がたくさんできました。♪お~もい~で~がいっぱい~(H2O)、はい、あくまでもアップデートはしません、常に昭和モードで。

> 近く世界遺産認定証を送らせていただきます(笑)

かおがやばい認定証?

ぺんしょんのキッチンの棚に君たちが残していってくれたふりかけが。酒のつまみに手のひらにのっけてなめたりしています。
  • 2015⁄05⁄24(日)
  • 09:23

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/286-6e0a8945