エントリーナンバー45番


よかったねこの花買って

Hファミリーが到着した日の夜、「着いたよーっ!!」という号令とともにタクシーを降りてきたのは、24年来の友、アスカ。はるばる日本から、というよりも彼女、人生の半分ほどもうアメリカにいるので、はるばるアメリカからようこそ。


あしじゃきしん激撮

今回のトルコ行きに2週間以上もの休暇を予定してくれていた彼女。最近、抱っこしてくれないとぐずぐず泣いちゃう、抱いて欲しいオトコナンバーワンならぬ、抱いてもらいたいオトコナンバーワンともたくさん遊んでくれました。


トルコの牛テールまじうまい

彼女からの手土産は、北カリフォルニアからの貴重な赤ワインたちと高級テキーラ。「こういう”ちゃんとしたお酒”に飢えてると思ってさ。」長年の友はやはりわかってらっしゃる。というわけで、おいしいジンファンデルにあいそうなディナーをこしらえました。圧力鍋でほろほろにした牛テールと豆の煮込み、アダナケバブ、ルッコラはにんにくを利かせたサルチャ添え。ちゃんとしたお酒にはちゃんとしたグラスで。このグラス、買って以来はじめて日の目を見た。

彼女がセルチュクを発つ前夜は、久しぶりにちゃんとしたかちわり氷を使ったカクテルなんぞ作ってみたりして、いっしょに飲み明かしたのでした。


これでも大きくなったんです

ラマザンにお花を買ってきてくれたアスカ。

ありがとう。次に来てくれるときまで枯らさないようにがんばります。(いまんとこ元気)



スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

その節はお世話になりました。

トルコでは朝のお祈りが目覚ましというのが通例かも知れんけど、毎朝ジューンとぱむっくの遠吠えから始まり、ラマザンのタハくん音頭がこのぬるぬるペンションの目覚ましじゃった。
きみだけでなく、ラマザンやそのご家族からもほんとおんぶに抱っこ、フルサービスでアスカもう毎日楽しかったよ。ペンションはユミコ曰くハリウッド並みのイケメン揃いじゃし、メルトのバイク見て感動したり、コウノトリ見て感動したり、夜別のお客さんが間違ってわしの部屋に入って来たり、レムズィを赤面させて笑うたり、ヴィクトリアとYouTube見てトルコ人ダンサーすげーってきゃーきゃー言ったり、マジックにかかって食器買ったり、盛り沢山じゃった。ありがとね。
また行くわ。
PSあのワインえらいレヴュー受けてました、最近。
  • 2015⁄05⁄20(水)
  • 13:24

こちらこそ

>アスカさん
遠いトルコの田舎までようきんさった。やかましい犬たちとやかましいタハ君音頭で朝からすみませんでした。中国飯店並みの大騒ぎ、とまではいかんかったかもしれんけど、本当に楽しかったよ。ありがとう。あのワインのおかげで舌が活性化して当分トルコのワインは飲みたくありません。(と言いつつほとぼりが冷めたらまた飲むと思うけど)次はカッパドキア行かにゃーね。来年お待ちしてます。
  • 2015⁄05⁄21(木)
  • 14:47

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/287-77c8a9bd