イスタンブール2泊3日の旅~後半



朝から食べ過ぎ注意

明けて翌日。サクラアパートさんの素敵な朝食で一日が始まります。タハ君親衛隊ナンバーツーであるスタッフのおばちゃんの、仕事そっちのけ濃厚タハ君ラブのおかげでゆっくりといただくことができました。


青い空と青いモスク

初トルコのアスカ、やはりいろいろ観光してくるとのことで別行動することに。のんびりお散歩。タハ君とブルーモスク。


素敵なお店が並んでいます

アラスタバザールをぶらぶら。ここでも大人気のタハ君、ただでお人形もらったり。


そうこうしているうちにあっという間に夕方。ディナーはまたもやイスタンブールの叶恭子にお付き合いいただいて、アスカの「トルコで寿司が食いたい」というリクエストに応えグランドハイアットの「堀」さんへ。


トルコロールたち

日本では見かけないのに世界では「寿司と言えばコレ」な、色とりどりのロールたち。


この高さがうれしい

タルタル。サーモンだったかマグロだったかはもう覚えちゃいません(ワインのせい)。これはガラタ塔を表現しているのだと思う。たぶん。


日本の味!うまい!

牛肉のたたき。限りなく生肉に近いレアでうれしい。

他にも、小海老の唐揚げ、握り寿司、しめ鯖など、おいしい日本料理を白ワインといっしょにたらふく食べて飲んでしあわせな夜でした。

翌日はエジプシャンバザールを冷やかした後、ガラタ橋を渡ったところにある魚市場の奥のオープンレストランで、アスカとの最後の食事。


おいしいナザールボンジュウたち

そこで食べたおいしいおいしいこいわしの酢漬けオリーブ巻きが、トルコのラッキーシンボルナザールボンジュウに見えて、みんなとの楽しかった日々を締めくくるかのようでした。

もう今年終わったようなやり遂げた感満載ですが、オンシーズン始まったばかり。働く日々に戻ります、一番星貯金のために。




スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ここで心に響く唄は

飛んでイスタンブールではなく、寿司食いねぇです。やっぱりと思われるかも知れんけどやっ君が一番好きじゃった。

色んな所を訪れて、沢山の物を食べたトルコ旅行、やはり一番心に残るのは出会った人々。知らない土地でちょっと気を緩めることは容易な事ではないけれどこのガードを降ろしたからこそ思いがけない人とお話し出来たり仲良くなれたり、そんな勇気をくれたのはアヤコさん貴方です。感謝。
だから今度はもちょっとトルコ語話せる様になってGoogleTranslateにお世話にならんように今から頑張る‼︎ あのサクラのオバちゃんと話ししたい。(多分ターちゃんの事ばっかじゃろうけど)

ラマザンはもちろんご家族ご近所さんそして同行して常に安定したnon-updateな昭和ギャグ炸裂突っ込みに長けたHファミリー、おねいちゃん様達本当にありがとう‼︎ 又の集合をほんと楽しみにしてます。ぱむっくとジューンにもよろしく。
  • 2015⁄06⁄02(火)
  • 15:17

たこに中トロこはだアジ!

〉アスカさん
一瞬、やっ君っていう寿司ネタがあるんかー思うた。
微力ながら楽しい旅のお手伝いができて光栄です。トルコ語は、少ししゃべるだけでみんな喜んでくれるのでこの国、確かにちょっぴりでも勉強すると次のトルコ旅行が何倍も楽しくなると思うよ。とりあえず、やわしやわし、と、一番星、は習得できたね!
セルベストファミリー一同、みなさんのまたのお越しを首を長くしてお待ちしてます。ぱむっくは昨日散歩に行って迷子になりました。あいかわらずのおぽんちです。

  • 2015⁄06⁄02(火)
  • 20:43

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/291-741c6c8b