ぬるぬるというかねばねばというか


食に対してたいそう保守的なトルコ人。食べたことないものは食べたくない、外国の食べ物は食べたくない、という人がとても多いのですが、そういう意味ではラマザンはトルコ人ぽくないトルコ人と言えると思います。

前回いっしょに日本に帰国したとき。

深夜のコンビニエンスストアで「これが食べたい。」とラマザンがカゴに入れたものは、外国人にとっては、見た目だけでなくおそらく食べても何がなんやらわからないもの。

しかし、コーラといっしょにほおばりながら「うまいうまい。」

それがこれでした。↓


ねばうま

そりゃうまいけど、日本酒か焼酎といっしょじゃないとやだ。





スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015⁄06⁄08(月)
  • 21:04

はじめまして

〉鍵コメさま
コメントありがとうございます。旅は準備段階からすでに始まっていると思います。たっぷり楽しんできてくださいね。
もうすぐですね、ラマダン。今年もうちの旦那は名前だけのはったりとなることと思います。言葉わからなくてもプロブレムヨーク!(問題なし)です。騙されそうになったら、「ヤラン・ショイレメ!」(ウソ言うな!)これでオッケイです。
旅から戻られたらまたぬるぬる日記過去記事さかのぼり閲覧お楽しみいただけたら光栄です。
  • 2015⁄06⁄09(火)
  • 23:01

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/295-2fc87f9a