グッドルッキングガイ、床屋へゆく。


昨日チェックインされたオーストラリア人の男性が、「ワオ!グッドルッキング!!」

そう言われたのは、ラマザンでもなく、ラマザンの甥っ子たちでもなく、


いつの間にか子供になっちゃった

もうすぐ8カ月になるタハ君です。

グッドルッキングという言葉は叶姉妹しか使わないのかと思っていたので目からうろこでした。

そのあと、「ちょっと出かけてくる。」とタハ君を連れてどこかへ行ったラマザン。

30分後、帰ってきたタハ君、


ラマザンこのタハの服見て、

床屋さんデビューしたそうです。


『お、今日はパンダか!』

甥っ子メルト「イェンゲ、タハの頭に山がある!」

髪に隠れていたタハ山、あらわる。


パンダとクマの区別もつかない人

思った以上に大きかったタハ山です。


髪の先端を眺め、そこが生命のはじまりだと思うとなんとなく切るに切れなかったのですが、伸びてからみ始めていたのでこれでよかったのでしょう。

ちなみに、気になる床屋さんのお値段は、5リラ(約250円)。かわいい値段。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

オーマイブッダ!
マルコメ?
仏門たたく?
  • 2015⁄06⁄16(火)
  • 18:27

どっかの息子と同じアタマになりましたね~。
リンス要らず、ドライヤー要らず、とってもエコで最先端のスタイルに乾杯!
  • 2015⁄06⁄17(水)
  • 07:03

マルコーーーメ、み、そ!

>ユミコさん
タハ君イスラム教徒なので仏門は残念ながら叩きませんわ~。
あかんぼうに戻ったでしょ?
  • 2015⁄06⁄17(水)
  • 17:02

すっきりしました

>おねえたまさん
たしかに、シャワーがとっても楽になりました。あせもができやすい季節なのでスキンヘッドが一番ですね。
  • 2015⁄06⁄17(水)
  • 17:04

そこまで的外れではないのです。

タハ君国際派グッドルッキングガイですね。Gap Babyにでもデルモとして活躍してみてはいかがでしょうか?丸ぼーず水色マン的には嬉しいです。容姿にとらわれない人格が出るスタイルをさらっとこなしているではないですか。

前々から気になっていたラマザンさんの動物学、ちょっと調べてみたらスコーピオンとロブスター、思ったより近い親戚のようです。だからクマをパンダ呼ばわりするのも、WWFも許してくれるでしょう。多分パンダは許してくれないと思います。四川のパンダサンクチュアリーにメールしといたのでそのうち怒ったパンダがぬるぺんしょんに現れる事でしょう。
  • 2015⁄06⁄18(木)
  • 00:51

セルチュクのボブマーリー

>水色マンさん
男は長髪でなんぼ。もうタハ君散髪禁止です。
トルコ人あんまりドレッドいないから、タハ君には将来ドレッドヘアーを推奨しようと思っています。

スコーピオンとロブスター、親戚だったのか。タラバガニもたしかヤドカリの仲間だったはず、そう考えたら、あの辺って殻があるっちゅうだけで大差ないんかも。しかし、クマは怒らんでもパンダは怒るね、いっしょにされたら。あと中国人も。あれ待てよ、今気付いたけど、中国語でパンダって、熊猫だ!

  • 2015⁄06⁄19(金)
  • 01:35

みんな兄弟あるよ

昆虫ではない殻のある奴らという大元では繋がってますねー、ヤドカリ君もスコーピオンも。

タハ君、ロン毛にした所想像してみました。
最近美少年に目のない水色マンにとっては命取りになりそうです。






  • 2015⁄06⁄19(金)
  • 04:35

人類みな兄弟

>水色マンさん
ということは、ヤドカリも食べ方によってはイケるかも?(身、少なそー。)

美少年という言葉、久々に聞きました。美少年というよりは美しい山に育ってもらうため最近横向きに寝かせています。もっと上へ伸びて烏帽子が必要になるかもしれません。
  • 2015⁄06⁄19(金)
  • 19:01

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/302-b3360c7c