じんべいさんが来た


ラマダン(絶食月)がはじまり、本格的な暑さがやって来ました。

タハ君からみなさんへ、夏の元気なごあいさつ。


もう5才くらいに見えるタハ君

ラララライ。

おねいちゃんありがとう。ヤンキー柄じんべいさん、ラマザンの甥っ子たちが「オレもこんなん着たい!」てゆうてました。和柄甚平ショップでも開くか。

それはそうと、おねいちゃん、これ無事届いてうれしいけど、送料が品物代の2.5倍ってどうかと思う。



前回帰国したときに実家に忘れてきたと思われるものが同梱されていました。それは、残り2センチほどの使いかけのまゆげ用ペンシルでした。

「折れてなかった!?」

遠く離れた国から、わしのまゆげの心配をしてくれる家族、ありがとう。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ヌルボーイズの好みがよ~くわかりました。
今度セルチュクを訪れる際は、
我が地元大阪(のピンポイント)で長~く愛され続ける、虎さんや龍さんがぎょ~さんプリントされたシャツを持参します!
奥さまにはこれまた定番の全体にひょう柄、そして真ん中にひょうの顔のチュニックをお持ちいたしましょう!
  • 2015⁄06⁄22(月)
  • 10:05

もしやと思ったのですが

タハ君、ジューン似?足の長さが全く幼児のものではありません。

おねいちゃんさんのお優しい心遣いにくいですね。水色マンの実家なんて帰るごとに水色マンがなくなっています。マザーに聞くと「え?いるんじゃったん、捨てたよ」

ヌルボーイズ、柄がきにいったのか、甚平スタイルがいいのか?
実はこの横に座っているクマもかの昔甚平だの龍柄のサテンのガウンだの好んでおりましたので。一言やめてくれ、と言っておきました。
  • 2015⁄06⁄22(月)
  • 15:07

セルチュクをそういう町にしようの会

>ユミコさん
「忍者」だの「サムライ」だの言われるタハ君。しかしわしのことを「くのいちイェンゲ」と呼ぶ人はいないので、そこは外国の田舎ならでは、まだまだ日本のイメージが乏しいようです。(「日本にオリーブの木はあるの?」はまだ許せるけど、「日本にトマトはあるの?」と聞かれたときはさすがにのけぞりました。もちろん「ないよ!」と答えておきました。)
みんなで着れば怖くない。ラマザン含む我らぬるぬるボーイズがこぞって龍や虎の柄の甚平を着ていたら流行ると思うんだけどな~。特にメルト君が似合いそう。
くのいちイェンゲとしては、チュニックよりあっぱっぱーみたいなズドンとした浪花のおばちゃんのパジャマ的な楽ちんなやつが欲しいです。(そして日本人観光客に笑われる、と。)
  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 00:06

御名答

>水色マンさん
足が長くて頭がでかい。これはもしや・・・、宇宙人体型?
宇宙人か、そう考えたら納得がいくことがひとつ。タハ君の足の裏、なぜかいつも濡れているんです。地球外生命体(心霊含む)は浸透圧が人間とは異なるので。どこからやって来たんだろう、しっとり君。

帰るたびに自分のものがなくなっているというのは、ある意味いいことです。新しいものを買うって楽しいもん。(「捨てて新しいの買え!」は、これまたおねいちゃんの名言。)わしのバスタオル(サッポロポテト柄)は、もう生地が薄くなって柄も薄うなってウエス行きのしろものですが、帰るたびに「わしのサッポロポテトは~?」と聞くと「あそこの棚の上に入っとるよ~。」と言ってくれる家族のやさしさ、涙が出そうになる瞬間です。(でもそろそろふかふかのタオルが使いたい)
柄も甚平スタイルも、両方がツボったみたいです。水色マンさんとこのクマさん、龍柄甚平さんすんごい似合いそう。甚平ルックでそちらの国のお寿司屋さん行ったらサレオツ!

  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 00:27

では10月31日に

甚平ペアルックで寿司食べに行くのでアヤコさんとラマザンさんもスルタンとクィーンの格好でアダナケバブを食べに行って下さいね。その日でないときっと寿司シェフに”どうしたんですか?”って怪しまれますから。

紅白頑張ってください。

  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 08:05

ユー、甚平持ってんの?

>水色マンさん
仮装ではなく、普段使いでないとなかなか流行らないような気がするのだけれど、どうでしょうか。

紅白で歌う歌はもう決まっています。ダンディニダンディニダスタナーー!ダスタナー!ダスタナー!タハーゲルミシボスタナー!ボスタナー!ボスタナー!です。さっちゃんに負けない衣装でがんばります。

  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 14:23

じいさんが来た、かと思った。

タハくん、甚平さんが似合うと言うかなんちゅうか、
たしか一歳児サイズを買うたはずじゃのに、
すでにきつそう・・・?

トルコ人男性に甚平さん、似合う似合う!
日本の昭和時代のような、
ちょいとヤサグレた感じの風貌のかたが多い(と思う)けえかな?
和柄甚平さんショップ、やっちまいなよ~。
輸入元はユミコ商事でさ、おもろそう~。

送料ね、たしかに高いけどさ、
わしが自ら甚平さんを届けたら2.5倍どころか100倍ですから。
そう考えたら安い安い!タダみたいなもんじゃわ!

  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 14:56
  • [edit]

気になるのは

それ何回リピートするんですか?2回やって8小節しかないじゃないですか。
アレグロ(♪=132)以上ですると15秒以内で終わってしまうのでバラード調から始めて加速、をお勧めします。それでも紅白史上最短のパフォーマンスでしょうね。
  • 2015⁄06⁄23(火)
  • 15:30

じいさんはもうここにいます

>おねいちゃん
ルチ将軍のじいさんが。
胴体は余裕があったのですが太ももがきついです。この夏が最後になりそうなのでヘビロテ決定。

送るのと持って来るのを比較するなんて、豪快おねいちゃん!考え方が猪木並みです。
  • 2015⁄06⁄24(水)
  • 03:30

大事なのは滑走感

>水色マンさん
リピートはしません。これで終わりです。
急いで終わらせて、最後の野鳥の会のカウントを待たずNHKホールを後にして、近くの居酒屋で打ち上げするんです。「よいお年を~。」って言いながら、いも焼酎のお湯割りとほっけをつつきながら居酒屋で年越し。今となっては夢のような光景です。

  • 2015⁄06⁄24(水)
  • 03:36

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/305-039a3505